スポンサーリンク

2017年3月10日金曜日

【最新情報】トヨタ新型S-FR 開発凍結から一転 再始動した背景とは?【発売日やスペックetcまとめ】

何年も前から自動車雑誌さんではスクープされていたトヨタ・S-FR。このS-FRとは86の下に位置する5ナンバーサイズの、いわゆるライトウェイトスポーツカー。トヨタはスープラ後継車と合わせて3兄妹として売り出す予定だったそう。



ただマツダの4代目ロードスターの完成度の高さを見て、2015年半ば頃に「トヨタはS-FRの開発を凍結した」という情報が自動車雑誌で一斉にスクープされました。その割に昨年2015年10月に開催された東京モーターショーにS-FRが出展されるなど、S-FRを取り巻く状況は消費者側からするとチンプンカンプン。だから今まで自分も記事化することをスルーしてました。

しかしながら2016年3月に来て再びS-FRの開発が始動するという情報が某自動車雑誌でスクープされました。おいおい、S-FRさん!クルマ好きの心をもてあそぶやん!まるで長期休載から連載再開を繰り返す某少年ジャンプの「HUNTER x HUNTER」のようであります。

果たしてS-FRの開発が本当に再始動するんでしょうか?再始動するとしたら、一体どういう経緯があったのでしょうか?簡単に新型S-FRの最新情報をまとめてみました。

ちなみに2016年3月に書いた記事ですが、そこから時間が1年以上経過したので再び2017年3月に追記・再編集した内容になります。

【スポンサーリンク】




ヴィッツのWRC参戦を最優先


何でもマガジンXさんによると、S-FRの開発が凍結した理由には「ヴィッツのWRC参戦」が大きく関係したらしい。

ウィキペディア
WRCとは何かを簡単に説明しておくと、世界ラリー選手権の通称。市販車をベースに改造して行われるレース。画像だとすごいオフロードを走ってますが、一般道路を走行することも多いそう。確かスズキ・スイフトもWRCでは一時期かなり強かったイメージ。

このWRC専用ヴィッツを開発するために、トヨタとしてはマンパワーをそこへ割かざるを得なくなった。だから逆に言うと、このWRC専用マシンの開発に一通り区切りが付けば、改めてS-FRの開発プロジェクトが再開されるらしい。

つまりS-FRは開発凍結されたのではなく、あくまで維持的に延期されただけだった…というオチ。2017年からWRCでは新規定が導入されるらしく、この新規定に合わせた開発がヴィッツ(海外名ヤリス)で行われているそう。とりあえず、そこまではS-FRの開発は何も進みません。

【スポンサーリンク】




S-FRの発売時期は2020年前後か?


ということでご存知の方も多そうですが、WRCでじゃヴィッツが見事に優勝を果たしました。だから結論から書くと、2017年3月時点では既にS-FRの開発が再開してる可能性が非常に高いです。ぱちぱち。

でも気になるのはS-FRの具体的な発売時期。開発の凍結が解除されたからと言って、即座に市販されるわけではありません。

そこで結論から書くと、当初予定されていた市販時期は2018年だったのでおそらくS-FRが発売されるのは「2020年前後」と多くの自動車雑誌さんでは予想されています。色んな情報が流れては消えたS-FRさんですが、おそらく確度が高い情報だと思います。

【スポンサーリンク】




S-FRはまさかの日本専売車だった?


driver4月号
しかもS-FRの驚くべきはまさかの日本限定発売の専用車かも知れないということ。トヨタ・86ですら海外でも発売されてるのに、こういうレアなスポーツカーを日本でしか発売しないとはまさに英断ではないか!?

…と思いきや、内情は少し違う模様。理由は至ってシンプル。何故なら海外のトヨタ社員が難色を示しているかららしい。左ハンドル車も作らなければいけない。ましてやハイブリッド化もされないなど、海外での展開にはハードルも少なくないとか。

そういう声を聞けば下手したら日本国内でも販売されないのではないかと不安になりますが、一応S-FRの開発が進んでる以上はなんとかトヨタも販売にこぎつけるはず(多分)。

【スポンサーリンク】




S-FRの予想スペックと価格帯


最後にトヨタ新型S-FRの予想スペックを簡単にまとめておきます。

まずS-FRの車体サイズは3990×1695×1345mm(全長×全幅×全高)。ホイールベースは2480mm。S-FRのサイズはほぼヴィッツ並。S-FRのトレッドは前1480mm、後1480mm。サスペンション方式は前ストラット式、後ダブルウィッシュボーン式。タイヤは195/50R16。

そしてS-FRに採用するプラットフォームは、まさかの新開発。ただ他のトヨタ車を探しても良くも悪くも共用できそうな車種は少ないため、さすがにTNGA思想に基づく高剛性なプラットフォームとまではいかないか。

またS-FRに搭載するエンジンは1.5L 直4のNAエンジン。最高出力は122PS、最大トルクは145Nm2019年にフルモデルチェンジを予定している次期ヴィッツに開発されてるエンジンを採用。S-FRでは縦置きに搭載するらしい。だからS-FRのエンジンそのものはTNGA仕様らしい。

S-FRの車重は1トンを切って990kgを予定。まさにライトウェイトスポーツ。ただカタログ燃費は15.5km/Lとロードスター未満。S-FRの車体のコンパクト感を考えると少々物足りないカタログ燃費ではあるものの、燃料タンク容量が45Lもあるので実用性ではそこまで問題とはならないでしょう。

S-FRの価格は170万円から。日本専売車である事実や高価なダブルウィッシュボーン式のサスペンションが採用されてることなどを考慮すると、かなり無理してそうな価格帯。やや眉唾情報か。それでもS-FRは少なくとも200万円の価格帯は切ってくるでしょうから、今からホンダ・S660など軽自動車スポーツなども戦々恐々か。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿