2018年1月19日金曜日

新型クロスビーとハスラーのおすすめ比較記事

昨年2017年のスズキはフルモデルチェンジを行うなどテコ入れが多く図られました。また様々な新型車を投入するなど、かなり力が入っていました。その中でも注目すべきスズキの新型車が「クロスビー」

クロスビーはスズキが得意とするAセグメントのコンパクトカーなんですが、完全に見た目がハスラー。だからそろそろフルモデルチェンジを行う予定のジムニーとジムニーシエラみたいな関係性と考えると分かりやすいかも知れません。

ただジムニーと違って、クロスビーとハスラーは車名が別々。そのことで却って消費者からすると分かりづらさみたいなんがあります。当初クロスビーはハスラーワイドという名前で発売される予定だったものの、何故最終的にクロスビーに落ち着いたかは不明。

2018年1月18日木曜日

新型N-BOXのホンダセンシングって実際使えるの?【自動ブレーキ】

昨年2017年に大々的にフルモデルチェンジしたホンダ新型N-BOX。かなり爆発的にヒットしている模様。N-BOXは元々価格が割高のため大幅値引きの効果も大きいと言われていますが、やはり根本的に商品としての魅力が高いからだと思います。既に「ホンダ新型NBOX 試乗評価」もレビュー済み。

中でも新型エヌボックスは軽自動車として初めて「ホンダセンシング」が採用されたことで話題になりました。当初は簡易版ホンダセンシングの搭載も噂されていたこともあって、新型エヌボックスの自動ブレーキは優秀なのか?気になる所。

そこで今回は「新型N-BOXのホンダセンシングは使えるのか?おすすめなのか?」を簡単に考察してみたいと思います。

新型エヌボックスのホンダセンシングはおすすめ


結論から新型エヌボックスのホンダセンシングは優秀。当初の噂とは違って、N-BOXにはしっかり純粋のホンダセンシングが標準装備化。例えば軽自動車であるにも関わらず、ACC(追従クルーズコントロール)といった機能も新型N-BOXにはあります。

自動ブレーキそのものの性能も時速50km/h程度で走行してても、割と余裕を持って停止できます。遠くの障害物まで認識できるミリ波レーダーが奏功か。残念ながらカーテンエアバッグなどは全グレードでは標準装備ではないものの、カスタム系には装着される。

N-BOXは先代の影響もあって、相当車重が重いイメージがあります。ただ新型エヌボックスでスズキ・スペーシアよりちょっと重い程度まで軽量化されてる。このことも良い影響を与えてるんだと思います。

軽自動車の中でもトップクラスに新型N-BOXは安全。ホンダセンシングの性能の高さを見ると、エヌボックス以外のライバル車種も様々なテコ入れを図ってくることは想像に固くありません。

更に気になる方は自動車ブログ・カーギークの「NBOX vs スペーシア 徹底比較まとめ
」や「NBOX vs タント 徹底比較まとめ」も参考にして下さい。ホンダ新型N-BOXと他のライバル車の自動ブレーキはどう違うかなど比べてます。

2018年1月8日月曜日

【最新情報】マツダ新型RX-9がついに発売されるらしい

マツダと言えば、やはりロータリーエンジン。ただスポーツクーペのRX-8を最後に、2012年頃にマツダのロータリーエンジンは姿を消しました。残念ながら私ドルジ露瓶尊は当時自動車ブログを運営してなかったため、RX-8の記事は作れず。

ただ、今現在マツダはその後継車となる「新型RX-9」を開発中らしい。既にRX8をベースとしたRX-9の試作機がドイツのニュルブルクリンクでテスト走行している姿がスクープされております。

ただ次期型RX-9が発売されるだけでは面白くない。似たような車種…とまでは言いませんが、既にマツダからは走りの評判が高いロードスターが再販されております。そこで気になるのは、やはり先代、先々代モデルと同様にロータリーエンジンを搭載して欲しいと考えるのがカーマニアの性であり、本音でありましょう。

2018年1月7日日曜日

【最新情報】トヨタ・プロボックスがいよいよハイブリッド化するらしい【サクシード】

日本では様々な商用車が売れています。街中を走っていると頻繁に見かける人も多いはず。自分が商用車に詳しくないだけかも知れませんが、ただ大抵は軽自動車からトヨタのハイエースなど車種は限られるイメージ。

その中でも地味に売れてるのがトヨタ・プロボックス。

ライトバンでは珍しいステーションワゴンタイプのクルマ。プロボックスの兄弟車にはサクシードもありますが、基本的に同じと思ってくれて構いません。【比較】プロボックスとサクシードの違いまとめといった記事も興味が湧けばいずれ作りたいと思います。

言うまでもなく、商用車はあくまで「車両価格の安さ」が重視されるだけあって、エンジンやシートの座り心地などは二の次。だから商用車の中でハイブリッド化される車種は、現時点では皆無に近いはず。HV化されたらムダに価格が上がるから。

ただ、この度トヨタ・プロボックス(サクシード)がハイブリッド化されるらしい。当然ハイブリッド化に伴って気になるのは価格情報。プロボックスといった商用車は室内空間も重要。果たしてハイブリッド化でプロボックスの室内は狭くならないのか?非常に気になる所。

2018年1月3日水曜日

NBOX vs スペーシア おすすめ比較記事まとめ

2018年を迎えて数日が経ちました。高速道路では今日がUターンラッシュだそう。そろそろ虎視眈々と待ち構えてる仕事に怯えてる人も世の中には多いか。ただ、まだまだ気分的には2017年という人もいるはず。

そこで今回は自動車ブログ「カーギーク」から、2017年に更新したおすすめの自動車比較記事をご紹介したいと思います。2017年は振り返ってみると、人気軽自動車のフルモデルチェンジが多い年だったように思います。

最たる例がホンダ新型N-BOX

当初のフルモデルチェンジ情報では新型N-BOXは微妙と思われていましたが、思いの外、プラットフォームといった根幹部分からテコ入れが行われており「クルマとしての性能」が大幅にアップしました。またN-BOXの弱点とされた車重の重さも相当部分において軽量化されました。

一方、2017年のまさに年末にフルモデルチェンジが行われたのがスズキ新型スペーシア

2018年1月1日月曜日

【2018】スペーシアとタントの比較記事を更新しました

2018年が始まりました。自動車業界、政界では一体どういった波乱が巻き起こるんでしょうか。是非景気が良くなって欲しい所。芸能界だと引き続き不倫してるタレントが話題をかっさらいそうです。

一方、2018年は韓国・平昌オリンピックやロシア・ワールドカップが開催予定。スポーツ界に関しては盛り上がること間違い無し。きっと自動車メーカーもこぞって広告費を投入するに違いない。是非日本チームにはたくさん勝って欲しい所。

ただ当ブログでは2017年に自動車ブログ・カーギークで更新したおすすめ記事をテキトーにしばらく紹介したいと思います。いずれ当ブログで既にアップした自動車記事も2018年中にカーギークに移行できたらいいなと思ってます。

まずは記事タイトルにもあるように、最初におすすめするのはスズキ新型スペーシアとダイハツ・タントの比較記事

2017年12月27日水曜日

シビックとスイフトスポーツの比較記事を書きました

最近めっきり寒くなりましたが、今年2017年も残す所、あとわずか。自分は絶賛風邪気味でして、体調が芳しくないこと旧車の如し。

それはさておき2017年は思い返してみると、ホットな新型車が多く発売されました。既に試乗記事も執筆しましたが、例えばホンダ新型シビックスズキ新型スイフトスポーツ。どっちもちょうど買いたくなる売れてる人気スポーツカー。後者のスイフトスポーツはカーオブザイヤーに選出されるなど、最近のスポーツカーブームの波に乗った感はあります。

そこで今回紹介する自動車記事は【違い】ホンダ シビックとスズキ スイフトスポーツ 徹底比較まとめ(カーギーク)

ただシビックとスイフトスポーツとでは車格が全く違う。価格も最大で80万90万円ほど違う。だから両者を比較対象として相応しいかは疑問が残るところではあるものの、一応シビックもスイスポもエンジンスペック的にはほぼ互角。

だったら、どっちが果たして走りに優れてるのか?加速が速いのか?など使い勝手の良さやコスパの観点からも比較しています。割りと長文記事ではあるためそこそこ読み応えがあるかも。ぜひ読んで下さい。リンクも張って下さい。

ちなみにシビックから来年2018年にはハイブリッド車が発売されると言われています。詳しくは「ホンダ新型シビックハイブリッド 最新情報まとめ」を読んで下さい。シビックの試乗記事も執筆しましたが、シビックの走りがハイブリットが搭載されたことでどこまで進化するのかワクテカ状態。

でも気になる情報も多く、もし噂が事実であればシビックハイブリッドにガッカリ感も否めない。そんな中身の新型車情報になります。

2017年12月25日月曜日

【最新情報】スズキ・クロスビーが12月25日に発売へ!【修ちゃんサンタ】

今日は2017年12月25日。世間はいわゆるクリスマス。世の非リア充たちをぼっちで苦しみます。安倍総理の元へは賄賂口利きの忖度ロースがやってきてるに違いない。

…というしょうもない話はさておき、意外と年末にテコ入れ策を講じる自動車メーカーさんは多く、こんな日にもたくさんの新型車が発売されております。

その中でも最も注目すべき新型車が「スズキ新型クロスビー」。

当初クロスビーは当ブログやベストカーなどでは「スズキ・ハスラーワイド」として紹介されていた、ほぼほぼ見た目ハスラー以外の何物でもないやん…という感想しか芽生えない新型SUV。ももいろクローバーZがクロスビーの新車発表にも登場していたらしい。もしかすると修ちゃんサンタも?

正直、クロスビーってハスラーがでっかくなっただけやん?と思いきや、意外と受注が絶好調とのこと。既にスイフトやソリオとクロスビーが肩を並べそうな勢いらしい。そのため個人的に好きなイグニスの二の舞いにはならなさそう。逆に言うと、それだけハスラーのポテンシャルが高かった証拠か。

いずれクロスビーとイグニスの比較記事やクロスビーの試乗記事もまとめたいと思いますが、ちなみに2017年12月25日にはトヨタ新型アルファード・ヴェルファイアも同日にマイナーチェンジされておるので是非チェックしてみて下さい。以上、新型クロスビーの最新情報でした。

2017年12月23日土曜日

新型NBOXとタントの比較記事を書きたいと思います

今年2017年9月頃にホンダ新型N BOXがフルモデルチェンジしました。当初はほとんど代わり映えしないと思われた内容にいささかガッカリ感もありましたが、いざ蓋を開けてみるとN-BOXの新車販売は絶好調。更にブーストがかかってる印象。

このN-BOXのライバルがダイハツ・タント。かつては圧倒的な新車販売を誇りましたが、残念ながらN-BOXに後塵を拝する状況が続きます。5年前10年前に誰がこんな展開を予想したでしょう。このダイハツ・タントもそろそろフルモデルチェンジすると言われていますが、来年2018年とまだまだ先の話。

そこで今回はホンダ新型N-BOXとダイハツ・タントの比較記事(カーギーク)をレビューしたいと思います。ただ、あくまで予定。まだ比較記事は書いていません。敢えて宣言しておくことで自分自身に発破をかけれるはず。既に画像などは用意してあるので、サクッとN-BOXとタントを比べることができたらいいなと思います。

2017年12月22日金曜日

三菱・エクリプスクロスの試乗インプレッション記事を更新しました

割と不祥事を起こしがちな三菱自動車。ただ来年2018年には待望の新型SUVが登場する予定。それが新型エクリプスクロス。

既に当ブログでも「三菱エクリプスクロスとはなんぞや?」という新型車情報も随分前に書いてますが、そろそろ新型エクリプスクロスの発売日が近付いていることもあって、既に試乗している自動車メディアさんも多いらしい。また三菱のディーラーには新型エクリプスクロスの実車が並んでおります。

そこで自分もいち早く「三菱自・新型エクリプスクロスの試乗評価記事」も作ってみました。記事を書いたのは新しい自動車ブログ「カーギーク」。つまりは単なるこすい宣伝(笑)

試乗記事の内容を少しネタバレしておくと、走りの良さについては割と評判が良く、また思った以上に実車で新型エクリプスクロスを確認するとカッコイイです。そこそこライバルSUVの存在を脅かす存在になりそう。

もちろん若干程度はネガな試乗評価はあるものの、当初新型エクリプスクロスに予定されいていたディーゼルターボの見送りも多少は影響してそう。新型エクリプスクロスの価格情報(日本円)は詳しく判明してませんが、お金に余裕があるなら欲しいな…と思ったのが本音。