2014年10月31日金曜日

エヴァとコラボった「痛タク」倒産、安直なオタク乗っかりは危険?

アニメのキャラなどをタクシーの車体にラッピングした「痛タク」で話題になっていた長栄交通(北海道札幌市)が10月30日、札幌地裁より破産開始決定を受けた。東京商工リサーチが伝えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141031-00000035-it_nlab-sci
痛車ならぬ痛タクで話題になった長栄交通というタクシー会社が倒産したらしい。画像を見る限り、ムダにインパクトがスゴい。

オタクは購買力があると思われがちだから、安易にオタク層に媚びちゃう業界や会社は多い。でも、その発想は危険。

2014年10月30日木曜日

高級ミニバン エスクァイア 3つのウリポイント!

トヨタは、新型「エスクァイア」を10月29日に発売した。新型エスクァイアは、広い室内空間を追求した5ナンバークラスミニバンにワンランク上の高級感を付与
http://autoc-one.jp/news/1947560/
少し前から噂されていたトヨタの新型高級ミニバン「エスクァイア」がとうとう発売。ベースはノアとヴォクシーと同じなので、例えばハイブリッドユニットは1.8Lエンジンで、JC08モードでリッター23.8km。

そこでエスクァイアはノアやヴォクシーと何が違ってて、どこがウリなのかまとめた。

自動車保険 切替え 乗り換えるタイミングはここだ!

ダイレクト自動車保険のソニー損保のCMに出演してる瀧本美織が相変わらず可愛らしい。そこで、自動車保険(任意保険)を切り替える・乗り換える時期は、どのタイミングがベストなのかをまとめてみた。

ざっくりその基準を言うと「保険料の割引」。

2014年10月29日水曜日

【トヨタ カムリCM】日本は松田聖子、アメリカではまさかの大物アーティスト?

最近トヨタ・カムリの新CMが始まった。出演してるのが、松田聖子。いろいろ落ち着いた中高年のオジサマ層を狙ってることが伺える。

じゃあアメリカ国内で放送されてるトヨタ・カムリのCMでは、一体誰が出演してるの?これが松田聖子以上の大物アーティストだった。

燃料電池車「ミライ」普及の敵は700万台のハイブリッド車

トヨタ自動車が1992年以来、20年余りの歳月を費やして開発して来たFCV(燃料電池車)をいよいよ12月に発売
http://clicccar.com/2014/10/22/274317/
再来月12月にトヨタから燃料電池車「ミライ」がとうとう発売。既に受注が1000件以上らしい。価格など含めて、個人ではなく自治体といった官公庁などが主な購入先。

愛知県などはFCV(燃料電池車)普及のため自動車税の免除などを打ち出してますが(http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20140722-OYTNT50155.html)、なかなか前途は多難だと思う。

そのFCVミライの普及を妨げるのが、同じトヨタのハイブリッド車。

2014年10月28日火曜日

ホンダF1復活!開発中のエンジン音がイカす!【最新映像】

来年からホンダが2005年以来ぶりにF1に復活。現在開発中のエンジンなどパワーユニットを色んなチームに供給していくらしい。

YouTubeを適当にサーフィンしてたら、たまたまホンダが動画広告を出稿してた。それがまさにその最新パワーユニットの紹介。エンジン音にしびれた。

ホンダ リコール5回目もヴェゼルとフィットの販売が好調すぎるの巻

ホンダは10月23日、コンパクトカー「フィット」と小型SUV「ヴェゼル」のハイブリッド車(HV)、軽自動車「N―WGN(エヌワゴン)」など4車種について、国内で合計約42万台のリコール(回収・無償修理)を発表した。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141025-00051455-toyo-bus_all
つい先日、ホンダのフィットとヴェゼルがリコール。今年でなんと5度目。

前回はハイブリッドの電子制御プログラムがどうたらこうたらでしたが、今回はエンジンを点火するためのコイルなどの不具合。最悪、エンジン停止。ホンダさん、ちょっとエンジン周りに不具合多すぎね?

ただフィットとヴェゼルの販売は至って好調。むしろ絶好調。

2014年10月27日月曜日

そろそろフルモデルorマイナーチェンジする4車種まとめ(2014年10月)

2014年10月後半。今年もあと2ヶ月あまり。

そこで近々、フルモデルチェンジorマイナーチェンジがありそうな車種を4つまとめてみた。

【実車】ダイハツ・デカデカ(仮)が拡大N-BOXにしか見えない件

来月11月にも発売されるダイハツ・デカデカ(仮)が、早くもディーラーさんのところに届いてる模様。

その画像を見ると、ただのホンダ・N-BOXにしか見えなかった。

2014年10月26日日曜日

スバル新型レガシィ 主な変更点をまとめてみた

富士重工業は、スバル「レガシィ アウトバック/B4」をフルモデルチェンジし10月24日より発売を開始した。
http://autoc-one.jp/news/1935182/
スバル新型レガシィがフルモデルチェンジ。今回でレガシィは6代目。アメリカでは新型レガシィは既に6月から発売されていて、バカ売れで長い納車待ちが当たり前らしい。確かに外見もカッコ良くなってる。

そこで新型レガシィはフルモデルチェンジして、どこが具体的に変わったかを軽くまとめてみた。

2014年10月25日土曜日

自動ブレーキ 3分でわかる違い特徴-アイサイトは他と何が違う?

トヨタが2015年から車両改良を機に普及価格帯の「自動ブレーキ」システムを2018年までに順次、小型車を含めた約50車種に展開(STD/OPT)すると発表。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141019-00010001-clicccarz-bus_all
トヨタが来年から自動ブレーキシステムを順次搭載する予定。つい最近も、国交省が初めて自動ブレーキに対する安全評価も行った。

ただ実は一言で「自動ブレーキ」と言っても、色んなタイプと種類が存在する。そこで自動ブレーキシステムのそれぞれの特徴と違いをまとめてみた。お子さんや奥さんといった同乗者の安全を考えると、自動ブレーキの違いを是非知っておきたい。

2014年10月24日金曜日

【自動ブレーキ】国交省 最高格付けはやっぱりあのメーカー?

国土交通省と自動車事故対策機構は23日、衝突被害軽減ブレーキなど自動車の予防安全性能について初めて評価した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141023-00000564-san-bus_all
国土交通省とNASVA(自動車事故対策機構)が初めて予防安全性能を評価。いわゆる衝突被害を軽減させる自動ブレーキ

その安全評価で軒並み点数がトップクラスだったのが、もちろんあのメーカーの自動ブレーキ。

タカタ製エアバッグリコール 沖縄県のホンダ車がヤバそうなワケ

自動車部品大手タカタ(東京)が製造したエアバッグの欠陥が米国で大きな問題になっている。
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10093453740784633536904580231331160886448
自動車部品メーカー・タカタが製造したエアバッグが大規模リコール。10月21日現在、日本国内で224万台、世界で949万台。助手席のエアバッグを作動させる薬剤に欠陥があって、最悪膨らんだ時に破片が飛び散るらしい。ニューヨークの連邦地検も捜査中。

とりわけ注意したいのが、常夏地域の自動車オーナーさん。

2014年10月23日木曜日

新型デミオvsスイフト比較 燃費や値引きなど12項目

マツダ新型デミオが発売されて、約1ヶ月。そして、デミオクリーンディーゼルが今日23日にようやく発売。そして同じく熱い支持を受けてるコンパクトカーと言えば、スズキ・スイフト。

そこで燃費、自動ブレーキの有無、ラゲッジスペースなどなど、色々まとめて新型デミオとスイフトを比較して勝敗を付けてみた。

2014年10月22日水曜日

【兵庫】自転車保険義務化 もし無保険だったら罰則はある?

井戸敏三・兵庫県知事は20日、自転車の購入者に自転車保険の加入を義務づける条例案を来年2月にも県議会に提案すると表明
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141021-00000012-asahi-soci
兵庫県では来年以降、自転車保険が義務化されるかも知れないらしい。ちなみに「自動車」ではなく、「自転車(チャリンコ)」。ここはクルマのブログですが、自転車は道交法で「軽車両」扱いなので何となく記事化。

来年兵庫県では自転車保険が義務化されると、気になるのは罰則。もし無保険だった場合、自動車保険と同様に罰金刑などはあるのか?

子供が車酔いした時の6つの対処法

旅行や帰省では長時間運転をしてしまうので、お子さんが車酔いしてしまうことが多い。

そこで、子供の車酔いに対処するセオリーを6つぐらいまとめてみた。

新車購入時にするカーコーティングの注意点など

新車購入時にカーコーティングすべきか?これに悩んだオーナーさんも多そう。

そこで「カーコーティングすべき」という観点で、いろいろまとめてみた。

2014年10月20日月曜日

自動車の実燃費が悪くなる8つの原因

ハイブリッド車や軽自動車を筆頭に、燃費がリッター30kmを超える車種も当たり前になってきた時代。ただ実燃費は案外悪かったりして、ガッカリするドライバーさんも多そう。

また最近は円安進行でガソリン価格も上昇中。少しで燃費を良くしたいと考えるのは、全オーナーさんの願いだと思う

そこでクルマの燃費が悪化する要因を8つピックアップしたいと思う。実燃費が伸びない理由は、そこに隠されてる可能性も。

2014年10月19日日曜日

スバルの軽自動車は水平対向エンジンを搭載?

8月の国内生産台数が過去最高だったスバル。このスバルのエンジンと言えば、水平対向エンジン。普通のガソリンエンジンは、ピストンが縦方向に動く。だからどうしても社内には振動が伝わる。ただスバルの水平対向エンジンだと、それがかなり少ない。

じゃあ同じように、スバルの軽自動車も水平対向エンジンなのか?という素朴な疑問を持つ人もいそう。

2014年10月18日土曜日

日産ノートNISMO フィット・ヴェゼルと比較して分かるお買い得度

日産自動車株式会社は、「ノートNISMO」を10月10日より全国一斉に発売すると発表しました。
http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2014/_STORY/141010-02-j.html
日産のNISMOシリーズに「ノート」が登場。価格は195万から。ダイハツの軽自動車オープンカー・コペンの乗り出し価格が「180万円」からだったことを考えるとお手頃。

そこでホンダ・フィットとヴェゼルをエンジンスペックなどで比較してみた。

走行中 タイヤが寿命を迎えた瞬間の動画が地味に怖すぎ

タイヤの寿命は「平均5年前後」と一般的に言われてる。でも乗り方や保管状態次第で更に伸びる、溝が残っててもひび割れがなくても5年で取替えるべきだ、など揉めてる議論をたまに見かける。実際中古タイヤもたくさん売られてる。

ただタイヤに関しては、直接に命にかかわること。少しでも気になったら、5年も待たずに早い段階でタイヤは交換しておくべき。それを実感させてくれる動画を発見。一度観ておいて損はしない。

2014年10月17日金曜日

VWポロとゴルフ 8つの違い 燃費などまるわかり比較

フォルクスワーゲンが絶好調。先月9月の販売台数は、6588台。9月単月では過去最高。この理由は、8月にフルモデルチェンジしたポロが牽引役だとか。

ただフォルクスワーゲンと言えば、ゴルフという車種も有名。昨年の日本カー・オブ・ザ・イヤーでBEST1に選ばれましたが、意外にポロとの違いが分かってない。実際、画像(左ゴルフ右ポロ)を見ても、ほぼ同じにしか思えない。

そこで見た目や燃費など8つのポイントで比較してみた。

2014年10月16日木曜日

痛車ヲタは急げ?日産ジューク一台まるまる無料ゲット?

http://www2.nissan.co.jp/SP/JUKE/JUKEBYYOU/
日産ジュークが奇抜なデザインを募集してるらしい。そこでBEST1に選ばれると、そのデザインのジュークがまるまる一台プレゼントされる企画。大盤振る舞いすぎるぜ!日産!

痛車ヲタにはまさに吉報。普段のデザイン力を活かすだけでいいので、今すぐ急げ!

ホンダカーズ大阪CM 出演女性は元ミスマガジン?

http://hondacars.jp/osaka/
ホンダカーズ大阪のCMに出演してる女の子の名前が、地味に気になってる人も多そう。ちなみに、何故どん兵衛が写ってるかと言うと、近畿地区限定でコラボイベントが開催中だそう。レッツゴー試乗!

そこで調べてみると、名前は秋月三佳(あきづき・みか)という女優・タレントらしい。しかも驚いたのが、年齢と経歴

2014年10月15日水曜日

まさか!? 紗倉まな×世界のトヨタがコラボの衝撃!!

トヨタが運営する自動車好きのためのポータルサイト「GAZOO.com」で、紗倉のコラムが掲載スタート(中略)。隔週金曜日更新の「紗倉まなのクルマと私のイイ関係」とのタイトルで、自身と自動車との関わりについて語っている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00000000-tospoweb-ent
紗倉まなが、トヨタが運営するポータルサイト「GAZOO.com」でコラムを始めてたそう。演歌のさくらまやではなく、言わずと知れた、大人向けビデオの女優さん。

どうしても大人向けビデオの女優さんって、あかひげ薬局みたいな企業に起用されがちなイメージ。CMや広告に採用されたってことではないものの、結構衝撃的。

方向指示器 ウインカー保安基準変更 アウディA8で確認する「連鎖式点灯」

国土交通省は、自動車の前後に設置する方向指示器(ウインカー)に関する基準を改正し、1列に並んだ発光ダイオード(LED)が流れるように光る「連鎖式点灯」を容認した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00000077-jij-pol
国交省がウインカー・方向指示器に関する保安基準を改正したらしい。というより、現状黙認(?)されている「連鎖式点灯」を追認するカタチ。いわゆる外圧?

ただ国内のドライバーにとっても嬉しいこと。そこで「連鎖式点灯」とはどんなもんか、Audi・A8のウインカーを例に見てみたいと思います。

2014年10月14日火曜日

マツダ新型ハイビーム(LEDヘッドライト) 2つのスゴい注目点とは?

マツダは夜間走行におけるドライバーの認知支援を強化する新世代ヘッドランプ“アダプティブ・LED・ヘッドライト”を開発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141007-10211913-carv-bus_all
マツダが今年のシーテックジャパンに出展する「新世代ヘッドランプ」の機能がスゴい。

この注目すべき二点をまとめてみた。

2014年10月13日月曜日

【カー用品】タント専用センタートレイがスマホも置けて便利そう

星光産業という企業が、ダイハツ・タント専用のセンタートレイを新発売したらしい。

ドリンクホルダーもあって、同時にスマホも置けるのでかなり便利そうなカー用品。

日産の軽デイズ 自動ブレーキ(エマージェンシーブレーキ)は付く?

日産の軽自動車は、地味に安定して売れ続けてる。例えば先月9月の新車販売台数も、ダイハツですらやや落とした中、前年同月比で+106%。車種別で見ても、今年上期(4月~9月)の販売台数はタントに続いてデイズが2位。

最近ノートがエマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)を標準搭載しましたが、そこで気になるのが、日産の軽自動車デイズ・デイズルークスにも自動ブレーキが付くのか?ということ。

2014年10月12日日曜日

14-15日本カーオブザイヤー上位10車種決定!勝手に本命予想してみた

何日か前に、2014-2015日本・カー・オブ・ザ・イヤーの上位10車種が発表されたらしい。そこでどの車種がイヤーカーに輝くか、個人的に予想してみる。

まずはラインナップされた10車種をまとめてみた。全部が「妥当」と呼べる車種ばかりだった。今年発売された新車の「層の厚さ」を実感。

2014年10月11日土曜日

新車が売れないと中古車販売も低迷する意外なワケ

2014年度上期(4~9月)の中古車販売台数は、前年同期比6.4%減の173万567台と1978年の統計開始以来、過去最低を記録した。
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20141010-00000045-jijnb_st-nb
4月の消費増税後、新車が売れないと言われて久しい。新車が買われないと、消費者は価格が安い中古車市場に流れると思いがち。

ただ実は、中古車の販売も低迷してる。一見不思議な現象に思われますが、この理由は至ってシンプル。

2014年10月10日金曜日

ホンダ フィット自動ブレーキを標準装備!新型デミオへの対抗?

今回の改良では(中略)シティブレーキアクティブシステム、サイドカーテンエアバッグシステムと前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)をセットにした「あんしんパッケージ」を標準装備した。
http://autoc-one.jp/news/1929122/
今日10月10日から、ホンダ・フィットが自動ブレーキやサイドエアバッグが標準装備される。Nシリーズなど軽自動車でもオプションで用意されてる、いわゆる「あんしんパッケージ」。それ。

既にガソリンモデルが発売された、新型デミオに対する危機感の現れだと思う。

2014年10月9日木曜日

スズキ新型SUVヴィターラ プロモ動画を見ると案外悪くなさそう

現在開催中のパリモーターショーで、スズキ新型SUVヴィターラが出展。そのヴィターラの公式プロモ動画が公開中。

その動いてる映像を観ると、案外ヴィターラもイケるかもと思ってしまった。

2014年10月8日水曜日

ダイハツ ピンク軽トラ・ハイゼットがまさかの爆売れ17000台!

ダイハツ工業は、2014年9月2日に発売した新型「ハイゼット トラック」の累計受注台数を発表した。発売後1ヶ月(10月1日現在)で、月販目標台数の3倍超となる約17,000台。
http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20141007-10211918-carview
先月にフルモデルチェンジしたダイハツの軽トラック・ハイゼットトラックが、早くも受注17,000台だそう。新車がただでさえ売れない現状、しかも軽トラックというカテゴリーを考えると驚異的。

実は軽トラック分野では、ダイハツがスズキを圧倒。

2014年10月7日火曜日

ダイハツ新車販売スズキに6ヶ月連続敗北で 高まる新型ムーヴへの期待

http://www.zenkeijikyo.or.jp/statistics/sokuhou/1409sokuhou4.htm
9月の軽自動車新車販売台数が発表。またしてもダイハツがスズキに敗北。消費税増税の4月以降、6ヶ月連続。やはりハスラー強し。

差にすると、およそ7000台。なかなか溝が埋まらない。現在ダイハツは全車種オプション+5万円の大盤振る舞いをしてますが、前年同月比でも10%近く落としてる。

ただここで期待されるのが、12月にフルモデルチェンジするというウワサの新型ムーヴ。

2014年10月6日月曜日

2シリーズアクティブツアラー BMW初FFモデルの狙い

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、新型「2シリーズ アクティブツアラー」を2014年10月1日より受注開始すると発表した。納車は2014年12月からが予定されている。
http://autoc-one.jp/bmw/launch-1918130/
日本では今年6月ぐらいにお披露目された、BMW「2シリーズアクティブツアラー」がようやく受注開始。納期は今年後半ぐらいだそう。BMWの「偶数シリーズはクーペ」という法則がありますが、この2シリーズアクティブツアラーは5ドアのハッチバックタイプ。やや異端。

そして一番の変化球が、FF(前輪駆動)。なんとBMW史上初。これには一長一短あるんでしょうが、理由はただ一つ。

Wikipediaに載ってる新型デミオがやたらカッコイイ件

今月10月26日に、マツダ・デミオクリーンディーゼルがとうとう発売される。ガソリン車は先月に発売済み。だからもう実車のデミオを見かけたことがある人も多そう。

ネット辞典で有名なWikipediaにも、既に新型デミオの画像がアップされていた。

ただ、そのデミオがめっちゃカッコイイ。構図といい、角度といい、光の反射具合といい、公式サイトに使っていいんじゃねーの?的なレベルだった。

2014年10月5日日曜日

ランボルギーニ初PHEV車が900馬力で化け物すぎる件

イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニは10月1日、フランスで開催したパリモーターショー14のプレビューイベントにおいて、『Asterion LPI 910-4』を初公開した。ランボルギーニ初のプラグインハイブリッド車(PHV)となるコンセプトカー。
http://carview.yahoo.co.jp/news/motorshow/20141002-10211625-carview/
ランボルギーニが現在開催中のパリモーターショーで、自身初のプラグイン・ハイブリッド車を出展したらしい。見た目が近未来すぎてないのも良い感じか。

ただ、中身がとにかく化け物じみてる。

2014年10月4日土曜日

ヤフー知恵袋 高級輸入車好き主婦の質問がスゴい

夫と私は40手前で中学生の娘が1人います。夫はフイットやデミオなとでいいんじゃない?と言っています。1.5でも高速は走れるだろうし大丈夫とのことてす。娘も車には興味ないみたいでなんでもいいとの事です。

夫が頑張ってくれているので家計的にもレクサスやAudi、BMWの上のクラスでも全然大丈夫だと思います。私としては見栄を張りたい気持ちもありますし、やはり乗り心地の問題もあるのでそこそこ高い車を希望してます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11135989951
「夫がコンパクトカーを買うのをやめさせたい」ので、何とか説得する方法がないか?という、ある専業主婦さんが立てた質問。

2014年10月3日金曜日

トヨタ新型コンパクトSUVがジープチェロキーに似すぎ?-パリモーターショー

トヨタ自動車は、10月2日~19日にフランス パリで開催されるパリモーターショーにおいて、コンパクトクロスオーバー「C-HR Concept」を出展する。
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20140922_667963.html
現在フランスでパリモーターショーが開催中。そこでトヨタが新型コンパクトSUV・クロスオーバー「C-HR Concept(仮名)」を出展。

ただ、それがクライスラーのジープ・チェロキーに少し似てる。

2014年10月2日木曜日

ダイハツ タンカス特別仕様車のブルーLEDがカッコイイ!

ダイハツは、2014年上半期(1月~6月)の登録車を含めた新車販売台数で軽乗用車「 タント 」が No.1 になったことを記念して、「タント カスタム」に特別仕様車「トップエディションSA」を設定し、10月1日から発売する。
http://autoc-one.jp/news/1918253/
フルモデルチェンジから1年を前に、ダイハツ・タントカスタムの特別仕様車が発売。さっそくトヨエツと菅野美穂の新CMも流れてる。特別仕様車ってことで、シートの質感が高まったりいろいろお得な装備も追加されてる。

今回はそういう細かい部分は置いといて、何よりフロントグリルのブルーLEDの装飾がカッコイイ!

ベンツ新型Cクラス ステーションワゴン フルモデルチェンジの変更点

メルセデス・ベンツ日本は2014年10月1日、メルセデス・ベンツ 新型 Cクラス のワゴンモデル「Cクラスステーションワゴン」を6年ぶりにフルモデルチェンジ。
http://autoc-one.jp/news/1918502/
メルセデスベンツの新型Cクラスのステーションワゴンタイプがフルモデルチェンジ。

スバル・レヴォーグやフォルクスワーゲンのゴルフヴァリアントが好調。ちょっとしたステーションワゴンの微微ブームが起きてる日本ですから、是非にでも投入!って感じなんでしょうか。