2017年9月9日土曜日

【2代目】新型N-BOX 試乗インプレッションまとめ【感想評価口コミ】

つい先日、初めてのフルモデルチェンジを行ったのがホンダ新型N-BOX(N-BOX)。2011年に初めて登場したため、つまりNBOXはようやく2代目。このエヌボックスはモデル末期でも新車販売台数でも常に一位を維持し、人気おすすめ軽自動車ランキングでも常に上位に位置するほど人気の軽自動車。

2代目 新型N-BOX 試乗インプレッション評価
そこで今回はホンダ新型N-BOXの試乗インプレッションをまとめてみました。自動車雑誌さんなどの試乗情報を総合的に検証したいと思います。果たして2代目エヌボックスの評判は相変わらず良いのか、逆に悪化してるのか?新型エヌボックスの評価はどうなってるのか?



【スポンサーリンク】




新型N-BOX・N-BOXカスタムの見た目はどう変化?


まずはフルモデルチェンジしたばかりということで、簡単に新型エヌボックスの内外装を確認したいと思います。既に何度もカタログに目を通して知ってる方は下へスクロール推奨。

2代目 新型N-BOX 試乗 見た目の評価・評判
最初はノーマルの新型エヌボックスのエクステリア。先代N-BOXから見た目はどこが変更したのかと言えば、基本的にほとんど変わってません。

ただ具体的に変化した部分を解説しておくと、それがフロントグリルとヘッドライト。前者のフロントグリルは拡大され、ヘッドライトとの一体感が増したデザインに変更。ヘッドライトそのものもLED感が強調されてます。

新型N-BOXのノーマルグレードは良い意味で存在感が抑えられてもいるし、存在感が強調されてもいるようなデザイン。先代エヌボックスのデザインも悪くありませんでしたが、更に万人受けしそうなデザインに進化してる印象。

続いては新型N-BOXカスタムのエクステリア。先代エヌボックスカスタムにもメッキバーが存在しましたが、フルモデルチェンジ後はそこが中心的により強調されたデザインに変更されています。個人的には先代エヌボックスカスタムの方が好きでしたが、新型N-BOXカスタムの方が良い意味でスッキリ感はあるか。

日光を浴びた場合は、新型N-BOXカスタムはこんな雰囲気になります。実車で確認した方が悪くありません。

でも強いて気になる点があるとしたら、アンテナ。後述しますが新型N-BOXはかなり装備が充実させてきてる。ただ、だったら、いい加減シャークフィンアンテナに置き換えてもいいはず。

特に新型N-BOXカスタムですごい装備が、やはりLED。ノーマルN-BOXとは違って、ターンシグナルランプが流れるタイプのものを採用してる。画像だと動かないので分かりづらいですが、内側から外側へ流れるように光る。

最近だとトヨタ新型C-HRが同じようなシーケンシャル方式と呼ばれるLEDを採用してましたが、新型エヌボックスカスタムは軽自動車初とのこと。自分の記憶してる限り、4年5年前に高級車で採用されたのが話題になった気がしますが、ついに軽自動車まで装備する時代へ。

【スポンサーリンク】




ホンダ新型エヌボックスの内装は大胆に変化


続いては内装をチェックしたいと思います。ただ結論から書けば見た目エクステリアとは違って、新型N-BOXの内装は割りと大胆に変更されています。

ホンダ新型N-BOX 試乗 内装インパネの評価・評判
ホンダ新型N-BOXの内装インテリアがコチラ。

先代エヌボックスからの変更点は、例えばメーターパネル。新型N-BOXでは上部にギュッと小さくまとめることで、ハンドル前にアッパーボックスを設けることに成功させてるアイデア力に乾杯。確かにメーター位置にボックス収納を設けるのにわざわざセンターメーターにこだわる必要ってない。まさに目からウロコ。おそらく軽自動車に限らず、今後の主流になりそう。

そして助手席前のデザインも大幅に変更。ナビ画面横に配置されていたエアコンダクトを助手席前にのみドカンと持ってきた。そうすることで先代エヌボックスと比較すると、助手席前のトレイがかなり巨大化してることが伺えます。

強いて言えば、助手席側のドリンクホルダーが無くなったのは残念ですが、そこはユーザー自身で勝手にエアコンの吹き出し口にでも作ってくれということなのでしょう。

ホンダ新型N-BOX 試乗 助手席スーパースライドシート 評価評判
特に新型N-BOXで注目したいのが助手席シート。独立して大幅にスライドさせることが可能なため、画像のように乗り込むことも可能。「スーパースライドシート」というN-BOXのウリ文句も納得。ここまで来るともはや軽自動車…いやクルマとは思えない。

N-BOXはただでさえ室内空間が広かったですが、今回のフルモデルチェンジで新型エヌボは室内長で+60mm、前後席空間距離で+25mmほど更に拡大させてきてる。その効果もあって助手席を最大限後ろにすると、一般的な女性がそのまま足を伸ばすことが可能。詳しくはベストカー10月10日号の試乗記事を参照。話題のオスカーのタレントが試乗されています。きっと武井咲もN-BOXで円満な家庭を築くに違いない。

ホンダ新型N-BOX ベンチシート 助手席スーパースライドシート
(ベストカー10月10日号 講談社 平野学)
ちなみに全てのグレードで選択可能ということではなく、先代エヌボックスと同様にベンチシートタイプのグレードも発売されております。ベンチタイプが好きな方はこれまで通り購入することができます。ご安心を。

ただ新型N-BOXの公式サイトを見てもらうのが一番ですが、この助手席スーパースライドシートが搭載されているのは「G・EX」というグレード。カスタムは+5万円高にとどまっていますが、ノーマルN-BOXの場合は+20万円ほどの割高になるので助手席スーパースライドシートを買う場合は注意したいところ。

もう少し新型N-BOXの内装を確認しておくと、フロントピラーが約27mmほど細くされてるのも地味に良い。ここで3cm視界が開けるのは相当意味合いが大きい。先代エヌボックスの時点で既にフロントの視界は良好でしたが、更にフルモデルチェンジ後は視界性が改善されている様子。

【スポンサーリンク】




新型NBOXの走りはパワフルかつ安定感アップ!


ということで、続いては新型N BOXの走りを評価したいと思います。まさに試乗記事の本題。ホンダ新型NBOXの走りはどう進化したのか。主にベストカーさんの試乗を参考に評価してみたいと思います。

まず新型N-BOXの情報をおさらいしておくと、今回のフルモデルチェンジで80kg前後ほどかなり大胆に減量されてます。カタログ燃費は最大数km/L程度しか向上していないものの、多分ライバルのダイハツ・タントよりも軽量化されてるんではなかろうか。

そして、新型N-BOXのエンジンスペック。NAエンジンだと最高出力が58PS/7300rpm、最大トルクが6.6kgm/4800rpmターボエンジンだと最高出力が64PS/6000rpm、最大トルクが10.6kgm/2600rpm。先代エヌボックスと全く変わらずですが、エンジンそのものもかなり軽量化。

NAエンジンは新たにi-VTECエンジンを採用されたことで、新型N-BOXの走りにも寄与。渡辺陽一郎さんの試乗した感想によると、新型N-BOXのNAエンジンは「従来型ほどの力不足は感じなかった」という評価。

ただ軽量化に伴って乗り心地に悪影響を及ぼすことも往々にして見かけられます。でも新型エヌボックスの乗り心地は、まずまず。渡辺陽一郎さんの試乗では「適度な引き締まり感を伴って不満感はない」と新型NBOXの乗り心地を評価。先代エヌボックスと比べると、凹凸感などの粗さはかえって抑えられてるなど軽量化のデメリットは少なくとも無し。

また新型N-BOXターボの試乗評価も上々。「低回転域からの太いトルクを発揮し、自然吸気の1.0Lエンジンに近い感覚で運転できる」という感想。ターボエンジンは相変わらず実用回転域が低く、今回から新たに電動式ウェイストゲートを採用。更に軽量化に伴って超ハイト系スライドドアの中ではやはり軽快に走れそう。

またフルモデルチェンジ後の新型モデルでは、操縦安定性や直進安定性が大幅に改善されたと評価するのはやはりベストカーさんの試乗。ホンダの「N-WGNに近い感じを受けた」と評価するほど、ホンダ新型NBOXの操舵性はワインディングロードなどの走行条件でも割りと安心して曲がれるようになった。

新型NBOXには新たにホンダセンシングが採用されたため、予防安全性が相乗効果として高まってる点もおすすめ。いくら検知能力が上がっても、クルマとしての基本性能が低ければ事故回避能力が落ちてしまうので意味がない。

【スポンサーリンク】




新型エヌボックスの試乗・評価評判クチコミ・レビューまとめ


以上、ホンダ新型N-BOX(エヌボックス)の試乗インプレッションまとめでした。

新型N-BOXの大きな目玉は「軽量化」と「ホンダセンシング」と、正直さほど多くはありません。それでも全てにおいて基本性能や機能面が結構明白に向上してる。例えばステアリングの形状も楕円形に握りやすく設計されていたり、荷室地上高も75mmほど低く設計してみたり、説明すればキリがないほど新型N-BOXは使い勝手全般にテコ入れされてる。

ベストカーさんの新型エヌボックスの試乗記事では「遮るものは何もない」と一言で感想がまとめられていますが、まさにその通り。先代エヌボックスにあった数少ない欠点が削ぎ落とされ、美点が肉付けされてるといった感じ。

かなりお買い得に買えたモデル末期の先代エヌボックスに駆け込み需要が集まったものの、それでもホンダ新型NBOX(エヌボックス)は今後も安定して売れ続けるんだろうなーと予期させるクオリティ。きっと一度試乗すれば十分買う価値ありと思わせるすごい中身になってるはず。

ちなみにホンダの軽自動車だとS660の試乗記事【評価】なども随分昔にまとめてるので、お暇つぶしに良かったらどうぞ。

【スポンサーリンク】