2017年9月5日火曜日

【スズキ】新型エスクード 試乗インプレッションまとめ【感想・評価・口コミ】

日本に限らず、ここ近年は世界的にSUVが人気ジャンルとして知られています。既に【評価】国産SUVおすすめランキングまとめも作ったので、あとで良かったらチェックしてみて下さい。こぞって各自動車メーカーが参入してる。

そこで「スズキが誇るSUV車」と聞いて最初に多くの人が思い浮かぶのが、おそらくジムニーでしょう。最近だとコンパクトSUVのイグニスあたりもスズキのSUVとして有名か。ただスズキが何十年も前からひっそりと発売してるSUVがあります。

それが「エスクード(ESCUDO)」。1988年に登場して以来、コンパクトSUVとして地味に支持され続けてきました。2015年にフルモデルチェンジして、現行エスクードは4代目。既にフルモデルチェンジから2年ほど経過しましたが、エスクードは月販数百台ほど売れてるなどスズキとしてはまずまず人気。

そこで更なるテコ入れ策として、新型エスクードは2017年7月26日に「1.4L直4ターボエンジン」が追加され、外観も一新されました。

スズキ新型エスクード 1.4lターボ 試乗感想まとめ
そこで今回は新型エスクードの主に1.4Lターボの走りをメインに試乗インプレッションをまとめたいと思います。新型エスクードの購入に迷っている方は、今回の試乗記事を参考にして下さい。


敬称略ですが悪しからず。

スポンサーリンク




エスクード1.4Lターボの加速感が想像以上に素晴らしい!


まずは新型エスクードに新しく追加された1.4Lターボの評価からまとめたいと思います。

結論から書くと、新型エスクードの1.4Lターボエンジンの加速感は素晴らしいという評価が目立ちます。ベストカーの試乗記事では「ほとんどアクセルを踏まなくても速度が乗っていく感じでなんとも気持ちがいい」という感想が述べられています。

この1.4Lターボのスペックを見ておくと、136PS/21.4kgmと大体2.0LNAエンジン並。2.0L並と聞くとややもすると最近では平凡なスペックかも知れませんが、それでも変速比幅を広げた6速ATと相まって、新型エスクードの吹け上がりは自然で力強い

新型エスクードに搭載されている「パドルシフトも積極的に変速させたい場面で重宝する」と評価するのはマガジンXの試乗記事。それだけ新型エスクードの6速ATの変速速度が速やかで自然であることを証明しているのかも知れない。スズキは徐々にCVTから撤退するのではないかという情報もあるのも頷けます。

新型エスクードの試乗記事そのものは多くはないものの、それでも1.4Lターボエンジンの「トルク感はさすが」と評価するのはカートップの試乗記事。例えば上り坂といった場面では、新型エスクードの分厚いトルク感に魅了されそう。

またダウンサイジングターボにありがちな、高回転域での加速感の伸びの弱さも見られない。ベストカーの試乗記事ではエスクードターボの加速感を「猛然」とまで表現されるなど、車重が1200kg台とSUVの中では比較的軽量なことも貢献。この胸のすく加速感は新型エスクードを購入する時の要素になりそう。

もちろん新型エスクードが高級スポーツカー並の加速感が得られてるとは思えませんが、それでも日本の道路事情を考えると「1.4Lターボ」ぐらいのエンジン性能がベターなのかも知れません。既にトヨタ新型C-HRの試乗感想もレビュー済みですが、一見すると微々たる差ではあるものの1.2Lターボだと力不足感はあるかも知れない。


スポンサーリンク




オールグリップという4WDシステムとの組み合わせが最高


新型エスクードは1.4Lターボも含めて、グレードは全て「4WD」。ただこの4WDが意外と優秀。「オールグリップ」と呼ばれるそれは、本格派のフルタイム4WDシステム。複数のモードに切り替えることも可能なんですが、車両の走行状況を常時制御してくれるスグレモノ。

この4WDシステムが新型エスクードの走りの直進安定性も高めてくれてる。確かに新型エスクードは他車のプラットフォームなどと比較すると剛性感などはどうしても落ちるものの、それでも旋回はスムーズでありワインディングロードなどでの走りは楽しそう。

カートップの試乗記事では「日本車のソレとは一味違う」「コンパクトクラスにしては、大人びた走りの質感を与えてくれる」と新型エスクードの走りを高評価。路面状況が的確につかめるということは、それだけ雪道や濡れた路面状況における走りも安定するということ。

「軽快な操舵性」とSUV特有の「見晴らしの良さ」というまさにイイ所取りで、新型エスクードは安全性にも寄与した楽しい走りを提供してくれそうです。

スポンサーリンク



結局、新型エスクードターボはおすすめ?お買い得?


試乗記事ということで、これまでは新型エスクードの走りを見てきました。ただそもそも新型エスクードは買いなのか?おすすめなのか?

確かに新型エスクード 1.4Lターボの価格が260万円前後と、それなりのお値段をします。およそトヨタ・C-HRの1.2Lターボとほぼ同価格帯。そう考えると新型エスクードの内装の質感はやや平凡さは否めないか。価格帯を考えると、内装以外でもプレスラインの彫込を深くするなど質感を高められそう。

でも結論から書くと、意外と新型エスクードは買いかなーと思います。

エスクード 1.4Lターボ 内装インパネ
新型エスクード 1.4Lターボの内装インパネはこんな感じ。可もなく不可もなく。

ただ1.6L版のエスクードとは違って、シートやメーター周りには赤いガーニッシュが施されています。内装以外にもプロジェクターヘッドライトにも差し色として赤を使ったり、ホイールは逆にブラック塗装されてます。徹底して地味にブラッシュアップされてます。

それでいてエスクード1.6L NAエンジンとはカタログ燃費が大差なく、価格差も30万円前後。1.4Lターボの燃料もレギュラー仕様(スイフトスポーツはハイオク仕様)のため経済性も上々。見た目の違い(フロントグリル等)も含めて、基本的にラインナップは1.4Lターボの新型エスクードだけで十分じゃないかという気すらします。

新型エスクードの室内は他のコンパクトSUVと比べても大きい部類。日常での使い勝手の良さは必要にして十分。ミリ波レーダータイプの自動ブレーキも標準搭載し、ACC(追従クルーズコントロール)も完備。価格はそれなりにしますが、新型エスクードの中身は意外とスキがなく、実は商品力は高い。

ベストカーの試乗記事ではトヨタ・C-HRと比較して「あんがい賢い選択かもと思わされた」と新型エスクードの商品力の高さが評価されているのも頷けます。


スポンサーリンク




スズキ新型エスクードターボ 試乗評価・口コミ評判まとめ


以上、新型エスクードターボの試乗インプレッションまとめでした。一言でエスクードをまとめると意外とおすすめのSUV。

新型エスクードのコンセプトモデル・ヴィターラから個人的に好きでしたが、1.4Lターボの投入でエスクードの本領がようやく発揮されてきたのかなーと思わせる試乗の評判・口コミでした。今後もエスクードは伸びしろを感じさせるので、現状の価格帯を維持しつつ質感をしっかり高めていければもっと売れそうだと思いました。

ちなみに新型エスクードと同じ1.4Lターボを搭載した新型スイフトスポーツの試乗評価もまとめてるので、是非御覧ください。他にもターボSUVといえば、最近発売されたトヨタ・ハリアーターボの試乗評価も良かったら御覧ください。他にもマツダ・CX-5の試乗インプレッションまとめスズキ・イグニスの試乗まとめスイフトハイブリッドの試乗感想などもお暇つぶしにどうぞ。

あとスズキエスクードは来年2018年にマイナーチェンジを早速控えてるらしい。もしエスクードに興味が出た方はチェックしてみて下さい。

【スポンサーリンク】