スポンサーリンク

2016年9月14日水曜日

おすすめ国産コンパクトSUVベスト5まとめ!初心者はまずコレを買え!【2017 2018ランキング】

日本でも世界でも流行っているのが「SUV」。SUVはクロスオーバー車やクロスカントリー車と表現されたりもしますが、若者からオジサンまで幅広い世代で人気。

道路環境が発達した現在ではクルマのオフロード性能が重視されることは少なく、街乗り用としてSUVが利用される機会が増えたからかも知れません。だから昔ほどSUVは車体はゴツくなくて、最近は初心者でも購入しやすいコンパクトSUVがデザイン重視で人気らしい。

そこで今回は個人的におすすめしたい「コンパクトSUV」を日本車・国産車の中からランキング化してみた。新社会人や大学生でも比較的購入しやすいであろう300万円以下の価格帯で限定して、初心者向けのおすすめコンパクトSUVのBEST5をまとめてみました。



1位…ホンダ・ヴェゼル

おすすめSUV ヴェゼル
まずはおすすめ第一位のコンパクトSUVは、ホンダ・ヴェゼル。画像にも書かれてますが、「2年連続SUV販売台数1位」と実際に大人気のコンパクトSUV。

まずヴェゼルは見た目がカッコ良い。いかにもなSUVらしさを残しつつ、全体的に無骨さを排した洗練さがあって、これぞ若者受けするデザイン。ヴェゼルはコンパクトSUVと言いつつも、車格はBセグメント。だから車内や室内空間もそれなりに広い。

またヴェゼルの自動ブレーキ「ホンダセンシング」はスバルのEyeSightほどではないものの、それなりに性能が高いので4人家族程度だったらファミリーカーとしても安心して普通に使えるコンパクトSUVと言えるでしょう。

そしてヴェゼルはエンジンラインナップも豊富。ガソリン車は213万円から、ハイブリッド車でも250万円からと価格帯もお手頃。割りと幅広い年齢層も手が出しやすい。だからヴェゼルの欠点を探すのが大変。まさにおすすめ1位に相応しいコンパクトSUVと評価されると思います。


2位…スズキ・イグニス

おすすめSUV イグニス
続いてコンパクトSUVのおすすめ2位は、スズキ・イグニス。今年2016年2月に発売されたばかりの新型SUV。このイグニスのおすすめポイントは、やはり何と言ってもポップな見た目。この記事は国産SUVからランキングを選んでますが、どこか欧州車らしさも感じさせるデザインが良い。

今までありそうで無かったデザインでいて、老若男女に問わずにウケるであろうデザイン性の高さはおすすめせざるを得ない。やはり前述のヴェゼルを含めて、改めて自動車は見た目が大事だなと痛感させられます。

このイグニスは車格はAセグメントに入るので、まさにコンパクトSUVに相応しいと思いますが、どうしても前述のヴェゼルと比較すると車体サイズが目に見えて小さい。ただそれでもトヨタ・アクアといったコンパクトカーの室内と比較しても、イグニスの車内空間は全然広いので実用性は問題なし。

むしろ街乗りで使う分には、他のSUVより初心者や女性でも扱いやすいのがおすすめ。またイグニスは全グレードにマイルドハイブリッド標準搭載されていて、また重量が800kg台とコンパクトSUVの中では極めて軽量な部類に入ります。だからイグニスの走行性能や燃費性能も必要十分でSUVらしさをしっかり体感できるクルマ。

それでいて上級グレードを含めても、イグニスの価格は全グレード100万円台に収まるコスパの高さがおすすめ。イグニスは自動ブレーキもステレオカメラタイプで優秀で、+10万円でサイドカーテンエアバッグもセットで付く。

イグニスはSUVとしてだけではなく、これほどコストパフォーマンスに圧倒的に優れたクルマもないでしょう。まさに初心者や若者向けのための国産のコンパクトSUVと評価できます。だから個人的にはイグニスはおすすめ1位でも良かったんですが、ただ「SUVらしさ」という点ではいささか弱いので僅差で2位に留めてみました。


3位…日産・エクストレイル

おすすめSUV エクストレイル
おすすめコンパクトSUV3位は、日産・エクストレイル。ただヴェゼルより車格が一回り大きいのでコンパクトSUVに入るかはやや微妙ですが、そこは300万円以内に購入できるSUVということでご了承を。

エクストレイルは「SUVらしさ」という点では上位2車種を凌駕します。4WDモデルは自動的に前後駆動力の配分を設定してくれるので、雪道でも安心。ゴリゴリのSUVらしさを残しつつも、しっかり街乗りメインでも溶け込み存在感が発揮するデザインもおすすめ。やはりSUVは「Cセグメント」サイズから?

そして、このエクストレイルは国産SUVに珍しく「7人乗り」のグレードが設定されてる。おすすめ1位のヴェゼルより車格も大きいので、当然車内空間は更に広くファミリーカーとして余裕で代用可能です。

またエクストレイルはエンジンラインナップも豊富で、ガソリン車は223万円、ハイブリッド車は266万円からと価格帯もヴェゼルとあまり変わらないのもメリット大。オンロード仕様のコンパクトSUVでは満足できない方にはエクストレイルはおすすめ。まさにオールラウンダーな王道SUV

だからエクストレイルは実力やポテンシャルを考えるとヴェゼルより売れててもいいSUVだと思うんですが、ヴェゼルより最小回転半径が0.1mほど長いなど、やはり日本国内の市場では初心者が手が出づらいクラスのSUVと言えそう。


4位…スバル・フォレスター

おすすめSUV フォレスター
おすすめ4位のSUVは、スバル・フォレスター。エクストレイルと同じくフォレスターもコンパクトSUVに含めていいか微妙ですが、そこは軽くスルーして下さい。

フォレスターはスバル独特の水平対向4気筒エンジンを搭載して、最高級グレードのターボエンジンは最高出力がなんと280馬力。フォレスターは国産SUV車では最速のSUVと言ってもいいはず。ボディ剛性も新型で大幅に高められ、基本性能が高い。またサスペンションもSUVらしくしなやかで、ステアリングもキレキレ。

またフォレスターは走行性能だけではなくEyeSightに代表される先進安全技術が充実したSUV。昨年のマイナーチェンジではアダプティブヘッドライトを初めて搭載するなど装備面でもピカ一のSUV。まさにフォレスターは「世界のSUBARU」が詰まってるSUVと言えます。

もちろんSUVらしく車格も大きいので、フォレスターはファミリーカーとしても普通に使えます。価格も214万円からお手頃なので、若者や初心者でも頑張れば手に入るSUVのはず。総合力ではナンバーワンのSUVかも知れない。

ただスバルらしくフォレスターは全車4WD(AWD)ということもあって燃費性能は低い。あくまで「初心者向けのコンパクトSUV」という点で評価するとマイナス点なので、エクストレイルよりおすすめランキングを下げてみた。


5位…マツダ・CX-3

おすすめSUV CX-3
おすすめコンパクトSUVの5位は、マツダ・CX-3。こちらの車格はヴェゼルと変わらないので、コンパクトSUVに含めて問題ないはず。

マツダ・CX-3は洗練された見た目・デザインもさながら、国産車の中ではCX-5と並んで唯一「ディーゼルエンジン」を搭載してるコンパクトSUV。低速時のトルク感や加速感はSUVとの親和性は高いのでおすすめ。また燃料が軽油ということでCX-3は維持費が安く済むので、まさに初心者向けのコンパクトSUV。

だからCX-3はもっとおすすめ上位でも良かったんですが、ただ価格帯がネック。CX-3はガソリン車が設定されてないので、最低でも240万前後からと割高感が他のSUVと比較すると強い。同じくディーゼルエンジンを搭載してるCX-5と価格差が少なく、正直選択するメリットは少し乏しい。

あくまで「初心者でもおすすめできるSUV」というテーマで書いた記事なので、少しランキングを下げてみました。


2017年以降のおすすめSUVはどうなん?

もちろんこれら5車種以外にも国産SUVは発売されています。そこで上位以外のおすすめコンパクトSUVを見てみたいと思います。

例えば、スバル・XV。ハイブリッドも搭載されてるコンパクトSUVですが、ホイールデザインは個人的に大好きです。意外とこういった部分もおすすめポイントだと思います。

あと日産・ジュークやマツダ・CX-5もおすすめしたいんですが、何といっても2016年現在はモデル末期。来年2017年にフルモデルチェンジする噂があるので、これらのコンパクトSUVは割愛しました。ただ値引きなどを考えると、ジュークといったコンパクトSUVは2016年は買い時と言えるかも。

また今年後半頃にトヨタプリウスベースのSUV「C-HR」が発売されるので、2017年のおすすめコンパクトSUVの候補に挙げられるでしょう。

あくまで初心者向けの記事ですが、300万円を超えるSUVでおすすめなのはトヨタ・ハリアー。

やはりコンパクトSUVのジャンルに含めるには違和感が残りますが、ミドルクラスのプレミアムSUVでいてハイブリッドモデルも300万円台から購入可能。ガソリン車は200万円台から購入できるなど、そういった幅広いラインナップも魅力。そう考えたらハリアーもおすすめ上位にランクインさせても良かったかも知れません。

あと本格的なSUVを選択するとしたら、やはりランドクルーザーがおすすめ。中東あたりのお金持ちに大人気のSUVで、車高が高く走破性にも優れていて砂漠で走っている映像も頻繁に見かけます。まさにゴリゴリのSUV。

ランドクルーザープラドにはパワフルなディーゼルエンジンも搭載されてたり、ランドクルーザー200系には自動ブレーキが標準装備化されてるなど、意外と商品力も高いのでおすすめ。価格は平気で400万500万するので初心者におすすめしませんが、SUV好きなら一度は乗りたい本格派SUVです。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】