スポンサーリンク

2015年12月31日木曜日

メルセデスベンツ GLCクラス 最新情報まとめ

メルセデスベンツの人気SUVといえばGLAクラス。マリオとコラボしたCMも話題になりました。

ニューモデルマガジンX2月号
そして2016年2月に、GLAクラスより更に大きい「GLCクラス」というSUV車が新たに販売されるらしい。そこで新型GLCクラスの最新情報をまとめてみました。

2015年12月30日水曜日

ベンツ新型Sクラス マイナーチェンジの注目は最新ヘッドライト!

 メルセデスベンツの最高級ブランド「Sクラス」が2016年か2017年にマイナーチェンジするらしい。2013年にフルモデルチェンジした現行Sクラスは「MRA」という最新FR用プラットフォームを採用して話題になりました。

基本的にSクラスの販売は好調らしく、今回のマイナーチェンジでエンジンラインナップやエクステリアに大きな変更はないものの、内装はハンドル(ステアリング)のスポークが3本タイプへ変更されるらしい。

ただ今回のSクラスのマイナーチェンジの最大の見所は「ヘッドライト」。

2015年12月29日火曜日

トヨタ アイシスが4月6日に一部改良!一転して販売継続へ?

ニューモデルマガジンX2月号
トヨタ自動車のミニバン・アイシスが2016年中に生産中止になるのではないかというウワサがありましたが、一転して2016年4月6日に一部改良する模様。つまりアイシスは再び延命されます。

2015年12月27日日曜日

結局ホンダ新型フリードに1.0Lターボ導入はされるのか?

来年2016年後半にフルモデルチェンジするホンダ・フリードですが、目玉は「1.0L 直3ターボエンジンの搭載」でした。既にジェイドに投入されているダウンサイジングターボではなく、新開発エンジン。

でも残念ながら、この計画が白紙に至ったらしい。つまりホンダ新型フリードに1.0Lダウンサイジングターボは搭載されません。この情報は2017年5月現在でも同様。

2015年12月26日土曜日

自動車ローン審査が通らない?基準が年々厳しくなってるのはガチ?

ニューモデルマガジンX11月号
最近残価設定型ローンが主流になりつつありますが、一方で自動車ローン審査自体が厳しくなっているというウワサが。

新車や中古車も大きいな買い物なので、基本的に現金で一括で購入する人は少ない。ロールスロイスを購入するお金持ちもローンで購入する人が多いらしい。一戸建てや分譲マンションなどに目を広げれば、住宅ローンを利用しない人はむしろ皆無に近いでしょう。

そういえばガソリン価格も低下してるのに、国内における新車販売台数は一向に回復しません。軽自動車に至っては2015年1~11月の累計販売台数は前年同期比で14・8%の減少。円安で輸出が伸びるのかと思いきや、2015年の国内生産台数も900万台を割るなど、全く目も当てられないアベノミクス。

でも、もし自動車ローン(カーローン・オートローン)が厳しくなっているとしたら、確かに新車販売が落ち込むのも仕方ないかもしれません。

2015年12月20日日曜日

【2017年】次期N-BOXとN-ONEのエクステリアはこうなるッ!? やっぱキープコンセプト?

ホンダ自動車で圧倒的な人気を誇ってるのが、N-BOX(エヌボックス)。東日本大震災があった2011年11月に登場しましたが、未だに全国軽自動車協会連合の販売ランキングを見ても不動の1位を維持してます。当初は「こんな価格が高い軽自動車が売れるわけねー。エコカー補助金が終わったらすぐ失速する」と思ってたんですが、4年前の自分を思いっきりビンタしてやりたい気分です。

2017年にフルモデルチェンジする次期N-BOXのエクステリア画像
ベストカー1月10日号
このホンダ・N-BOXが再来年2017年初頭にフルモデルチェンジするらしい。記者さんたちが想像で描いた予想画っぽくないので、こういった風貌のデザインになる可能性が高そうです。だからこの画像を前提に話していきますが、結果的に外れてても責任は持ちません(笑)

2015年12月19日土曜日

トヨタ ヴィッツが2016年にハイブリッド化ってマジ?アクアとの住み分けは可能?

ベストカー1月10日号
トヨタ自動車を代表するコンパクトカー・ヴィッツが、来年2016年中頃にマイナーチェンジを予定しているそう。フロントマスクなどが若干変更されるとか。

そして、このマイナーチェンジでヴィッツもとうとうハイブリッド化されるというウワサがッ!?

トヨタ 次世代タクシー 最新情報まとめ!シエンタベースで便利そう

基本的にタクシーといえばトヨタのクラウンコンフォート(黒塗りセダン)が思い出されますが、なんと2018年以降に生産が中止されるそう。つまりあと数年後には、クラウンコンフォートを問答無用で購入できなくなります。

トヨタ次世代タクシー JPN TAXI 最新情報まとめ
magX1月号
そこでトヨタが現在開発中なのが次世代タクシー(JPN TAXI)。見た目はルノーのカングーのような出で立ち。確かアメリカ・ニューヨークでは日産のミニバン・NV200が主流になりつつありますが、日本でも「タクシーといえばミニバン」という時代がとうとうやって来そう。

この次世代タクシーのベースは、今ノリに乗ってるトヨタ・シエンタ。そこでトヨタが開発中の次世代タクシーの最新情報をまとめてみました。

2015年12月18日金曜日

【2016年秋】トヨタ新型86 マイナーチェンジ最新情報まとめ! 初のフェイスリフトへ

トヨタ86 マイナーチェンジ 最新情報まとめ
ベストカー1月10日号
今年2015年2月に一部改良でボディ剛性がアップしたトヨタ・86(ハチロク)ですが、2016年秋ごろに初めてマイナーチェンジする予定。ちょうど今から一年後あたりでしょうか。この新型86の開発呼称は「086B」だそう。

そこで2016年にマイナーチェンジする86の最新情報をまとめてみた。この新型86の見所は「リフトフェイス(フロントフェイスが変わる)」にあるそう。

2015年12月17日木曜日

ダイハツ ミライースのFMC時期は2016年12月か?

ミライースのフルモデルチェンジは2016年12月?
ニューモデルマガジンX1月号
自動車雑誌さんによるとダイハツのミライースのフルモデルチェンジのタイミングは、来年2016年12月頃だそう。つまり来年のちょうど今頃。

ミライースは今年2015年10月にフルモデルチェンジするウワサがありましたが、一向にこれといった確定情報が出てこなかったわけですが、これでようやく?

2015年12月16日水曜日

【2017年】マツダの新型ミニバンはCX-9ベース?つまり2.5Lターボも日本に導入されるッ!?

マツダのミニバン車といえば、意外に多いです。それがプレマシー、ビアンテ、MPV。ただ、ぶっちゃけそこまで売れてないのが現状。ちなみに自分の周囲ではビアンテを異様に見かけます(笑)

ベストカー1月10日号
「だからこそ」とも言えますがが、2017年頃にプレマシーとビアンテはCX-5ベースのミニバンに統合、そしてMPVは地味に巷を騒がせてるCX-9ベースのミニバンにフルモデルチェンジor新型車として生まれ変わるそう。

タントカスタム マイナーチェンジでついに三菱自をパクる?www

ダイハツ・タントが12月14日に初マイナーチェンジ。リアアンダーミラーが標準装備になるなどしましたが、基本的にエンジン周りでは変化なし。主に今回のマイナーチェンジでは内装色を一新するなど、エクステリアや見た目の変化がメイン。

特にタントカスタムは大型エアロバンパーを採用するなど、見た目のゴリゴリ感が増しました。でも何故だか不思議と既視感が…ってコレ完全に三菱自動車のダイナミックシールドじゃね?(笑)

2015年12月15日火曜日

日産 フーガがインフィニティ エンブレム採用で爆売れしてた件

日産の高級サルーン・フーガが今年2015年2月にビッグマイナーチェンジしてたらしい。エクステリアもかなりフェイスリフトしちゃってカッコ良く仕上がってますが、その中でもエンブレムが「インフィニティ」マークに変更されたことが話題だったとか。

ただ「インフィニティ」のマークをエンブレムに変えたことが功を奏したのか、フーガの販売台数が激増してた模様。

2015年12月14日月曜日

レクサス 新型 RXの納期は6ヶ月以上先らしい 【悲報】

10月22日にフルモデルチェンジしたばかりのレクサス・RX。確か「RX450h」の価格が600万円から、「RX200t」の価格が500万円からですので、まさにラグジュアリーSUV(プレミアムSUV)といった車種。

このRXはレクサスの中でも一番売れてた車種ですが、フルモデルチェンジを期に更に人気に拍車がかかった模様。売れっ子ユーチューバーさんあたりもどんどん購入してるのか、新型RXの納期が絶望的に長いらしい。

2015年12月13日日曜日

日本のカーナビもアイフォンのカープレイに対応すべし!!

  米ゼネラル・モーターズ(GM)の日本法人は8日、米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」と車を連携させる機能「カープレイ」を国内で販売する全車種に標準搭載すると発表した。カープレイ対応のカーナビは国内でも販売されているが、自動車メーカーが標準装備するのは初めて。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151209-00000086-san-bus_all
来年2016年1月からキャデラックやシボレーで発売してる車種のカーナビが、全てiPhoneの「CarPlay」に対応するらしい。具体的な車種名を挙げると、「ソニック」や「コルベット」「カマロ」「キャプティバ」、「エスカレード」や「ATS」などになります。

2015年12月12日土曜日

ダイハツ コペン ついにS660風に改造可能へ?

ホンダの軽スポーツカー・S660が人気。最近受注数が落ち着いてきたとも言われますが、2015年12月現在、新しくオーダーができるのは来年2016年1月下旬。依然として納期がどうこう以前のレベル。

そこでダイハツ・コペンの改造パーツを扱ってる「DRESS CLOUD CONNECT」が新たに販売したのが、若干S660に似てたので少しだけ代用できそうだと思った。

2015年12月6日日曜日

【2017】BMW新型5シリーズ フルモデルチェンジ最新情報まとめ!目玉は軽量化とPHV化と大幅価格アップ?

最近BMW7シリーズがフルモデルチェンジしましたが、5シリーズが来年2016年以降にフルモデルチェンジするらしい。セダンに限って言うと、早くも2016年3月頃にモデルチェンジ予定。

そこでBMW 新型 5シリーズ フルモデルチェンジの最新情報を簡単にまとめてみました。

BMW 新型 X3はフルモデルチェンジで何が変わる?【2016年3月】

先日、BMWのSUV「X1」がフルモデルチェンジされました。来年春以降には、その「X1」が三列シート化するという情報も。また2017年には「X2」が発売されるウワサもあったり、BMWのSUVラインナップが近年強化されつつあります。

BMW 新型 X3のフルモデルチェンジに関する最新情報

ニューモデルマガジンX1月号
そしてBMWのSUVの一つである「X3」が、来年の春以降にフルモデルチェンジするらしい。国内だとトヨタ・ハリアーあたりがライバル?ちょうど「X1」が三列シート化するのとほぼ同じタイミング。

そこでBMW新型X3のフルモデルチェンジに関する最新情報をまとめてみました。

2015年12月5日土曜日

【動画】テスラの自動運転車のドライバーが恐る恐るすぎて心配にw

最近、自動運転車の開発が過熱気味。日本車だと日産自動車がCMでアピールしてます。ただグーグルなど世界的にも自動運転車の開発が盛ん。スポーティーな電気自動車で有名なアメリカの・テスラも自動運転車を開発中。

このテスラが試作中の自動運転車の実験動画がYouTubeにアップされてたんですが、ドライバーがハンドルから手を離す瞬間がやたらと恐る恐るで少し笑いました。

2015年12月4日金曜日

アルファロメオ初の新型SUVはフェラーリ+フィアット?【2017年3月発売?】

ニューモデルマガジンX1月号
イタリアの自動車メーカー・アルファロメオが新型SUVを開発中だとのこと。ポルシェがカイエンを発表した時も驚かれましたが、ついにアルファロメオもSUVに参入してくる時代へ。

ただニューモデルマガジンX8月号では「2016年3月頃に投入?」と書かれてましたが、アルファロメオ初のSUVの投入時期は大幅に遅れる模様。今回の記事では一年遅れて2017年3月頃とのことですが、これもどこまで信ぴょう性があるかは分かりません。少なくとも来年春のジュネーブモーターショーには出品されないことはほぼ確定的っぽい。

そこでアルファロメオが開発中の新型SUVの情報を簡単にまとめてみました。

BMW 新型X2がついに2017年3月以降に発売へ!?【SUVクーペ】

BMWは「Xシリーズ」というSUVモデルを販売してます。「X1」から「X6」までラインナップされてるんですが、ここには何故か「X2」だけが存在せず、現在でも歯抜け状態が続いてます。

BMW 新型 X2のテストカーの画像
ニューモデルマガジンX1月号
でもそこへとうとう「X2」が投入されるとのこと!!ただし2017年と販売時期は相当先ですが、このBMW・X2の大まかな最新情報をまとめてみました。

2015年12月3日木曜日

スズキ 新型 イグニス 最新情報まとめ!燃費は?価格は?

スズキから新型小型車・イグニスが、そろそろ発売予定らしい。時期は来年2017年春までにというのがもっぱらのウワサですが、新型アルトワークスがクリスマスイブに発売されるなど、思ったよりスズキの動きが早め。

だからイグニスの発売も更に早まる可能性もありそう。実際ニューモデルマガジンXという自動車雑誌では、既にイグニスが搬送されてる最中の写真もスクープされてます。

個人的にはまだイグニスの情報をまとめるのは早いかなー…とノンビリ構えてたんですが、とりあえず現在分かってるイグニスの情報をまとめてみました。

2015年12月2日水曜日

ドアミラー不要な時代へ?ミラーレス車解禁で何が変わる?

国土交通省が、道路運送車両法が定める自動車の保安基準を改定し、乗用車やバス、トラックに備わるすべてのミラーをカメラとモニターで代用することを認める。ドライバーの死角をなくす高性能カメラを普及させ、交通事故の減少を狙い、来年6月にもミラーが全くない新型車が公道を走れるようになる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151130-00000013-mai-soci
国土交通省が来年2016年にも、ドアミラーやルームミラーが一切ない自動車の販売を認めるらしい。

最近フェンダーミラーを付けないSUV車の車検を通した人が摘発されましたが色々と大丈夫?…と思ってしまいますが、カメラとモニターを使って後方や死角の情報を表示させれば問題ないとのこと。ある意味、常識的な判断がなされただけとも言えます。

果たして、ミラーレス車の登場は一体何をもたらすんでしょうか?日本の将来を軽く考察してみた。

BMW 新型 X1が早くも三列シートにまさかの進化?

先日10月24日にBMW・X1がフルモデルチェンジ。BMWのエントリーモデルとなるSUV。全長が30mm短くなって全高が35mm拡大したことで、ルックスはよりSUVテイストが増しました。もはや定番となっているFF化や自動ブレーキの標準装備化なども話題に。

ニューモデルマガジンX1月号
この新型X1が来年2016年3月以降に「三列シート化」するかも知れない!?というお話。

2015年12月1日火曜日

ジープ レネゲードが受注好調で納期は4ヶ月以上先か?

ジープ レネゲードの納期とは?
ジープからレネゲードという新型車が発売されて、1ヶ月2ヶ月ほど経ちます。ジープブランド特有の7本のスリットグリルを維持しつつ、このポップで愛らしいルックスがなんとも言えません。ホイールデザインもアクセントが効いてて、新しいジープ像を創りだしたといったところ。

自分も発売前にレネゲードの記事を書きました。だからというわけでもありませんが、レネゲードの受注が好調らしい。価格が300万円からと安くはないですが、決して高くもない手頃感も好評の理由?「黙ってても売れる状態」と表現されてるほど。

2015年11月30日月曜日

2016年 日産モデルチェンジ予想車種の最新情報まとめ

最近元気がない日産自動車。海外ではブイブイいわせてるものの、日本国内では軽自動車オンリーのダイハツにも販売台数で抜かれたとか。日産がトヨタやホンダのライバルと言われてた時代が懐かしいです。

ベストカー12月26日号
ただ遠藤徹さんによると、来年2016年以降はフルモデルチェンジや新型車の投入が相次ぐそう。まさに「やっちゃえ!日産!」的な年になりそう?

2015年11月29日日曜日

16年秋発売のトヨタ 新型コンパクトワゴンはスライドドアじゃなかった!!! 【ソリオのライバル?】

2016年にはトヨタから廃止される車種が9車種にも上るそう。中でもbBの消滅が話題に。若い頃にはbBでブイブイいわせた方も多そうですから悲しみもひとしお?

ニューモデルマガジンX1月号
ただbBには後継車種が用意されていて、それが来秋2016年11月頃に発売されるというウワサ。そして目下のライバルは、最近フルモデルチェンジしたスズキ・ソリオとのこと。

だからてっきりスライドドアタイプなのかと思いきや、実は一般的なヒンジドアが採用されるらしい。え?どゆこと?

【絶版】アイシス、FJクルーザー、ウィッシュがついに生産中止へ(TOT)

アイシス、FJクルーザー、ウィッシュがついに生産中止へ
ベストカー12月26日号
今月11月上旬に「これから廃止されるトヨタ車種」という記事を書きましたが、2016年には更に生産中止に追い込まれる車種が増えるらしい。それが新たにアイシス、FJクルーザー、ウィッシュの三車種。加えてラッシュも廃版になる可能性も。

2015年11月28日土曜日

【12月24日発売】 スズキ新型アルトワークスとターボRSの違いとは?

東京モーターショー2015において、スズキからコソッとアルトワークスが出品されてました。ただ新型アルトからは既にスポーティーモデルである「アルト ターボRS」が今年3月頃に発売済み。果たしてワークスとターボRSの違いとは?また往年のアルトワークスの違いとは?

そもそも新型アルトワークスが本当に発売されるのか?…その可能性を書こうと思ってたんですが、もう昨日ぐらいに新型ワークスの確定情報が出てます。だから慌てて記事を再編集したので、やや構成がめちゃめちゃ。

スズキ新型アルトワークスの発売日は12月24日へ!!!
https://twitter.com/ylper3756
新型アルトワークスの発売日は来月12月24日。ちょうどクリスマスに登場予定。アルトワークスを欲しがってる男はどうせモテないだろうから、これで聖なる夜は一人満足してくれや…的な意味合いが含まれてるかは不明(笑)

2015年11月27日金曜日

トヨタ新型プリウスの納期は早くも絶望的に遅れてる模様

トヨタ新型プリウスは、来月12月9日に正式発表されます。発売も同日。厳ついルックスと燃費リッター40キロが話題に。とはいえ派手な広告が展開されてるわけではないので、意外にプリウスがフルモデルチェンジを知らない方々も多そう。

一応今月11月1日から事前受注できてたんですが、早くも新型プリウスの受注が逼迫気味だそう。11月上旬頃の注文で既に「納期は4ヶ月以上」かかるそう(TдT)

2015年11月25日水曜日

沖縄県 「れ」ナンバー登場の背景に中国人・韓国人の影があった?

ベストカー11月26日号
世の中には「れ」ナンバーなるものがあるらしく、最近、北海道に続いて沖縄県に追加されたそう。

でも何故沖縄県だけに「れ」ナンバーが投入されたのか?しかもこの背景には、「反日的」な中国人・韓国人の存在が関係してた?

2015年11月23日月曜日

全自動運転者普及で未来がどう変化するか考えた!運転免許は不要になる?

2020年を目処にトヨタ自動車などは全自動運転車の実用化を目指してるらしい。

全自動運転車が普及すれば運転免許が不要になるというウワサもありますが、社会がどう変わるか予想してみた。

2015年11月21日土曜日

米グリーンカーオブザイヤーにシボレー・ボルト受賞で見えるPHEV本格普及

米国の『グリーンカージャーナル』誌は11 月19日、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー15において、「2016グリーンカーオブザイヤー」を、GMの新型シボレー『ボルト』に授与すると発表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151120-00000008-rps-ind
現在ロサンゼルスでモーターショーが開催中。スバル新型インプレッサや三菱 新型RVRやマツダ・CX-9など、面白そうな車種がたくさん出品されてます。そこでジャーナリストたちによってエコカーNo.1のクルマを決められたらしい。

それがシボレー・ボルトというプラグインハイブリッド車。シボレーといえばカマロが有名ですが、ソニックなど小型車も多く発売してたりします。最終選考にはトヨタ・プリウスやホンダ・シビックが名を連ねていたものの、残念ながら落選した模様。

この「ボルト受賞・プリウス落選」から見えてくるものは、プラグインハイブリッド車の本格的な普及。

2015年11月19日木曜日

WLTPモードとJC08の違いって何?カタログ燃費は悪化する?

2015年11月現在、カタログ燃費に表示されてるのは「JC08モード」という試験方法で算出されたもの。ただし2018年度からは、このJC08モードに変わって別の燃費試験方法が新たに導入されます。その名も「WLTP」モード!!

果たして、WLTPモードとJC08モードの違いは何なのか?トヨタ新型プリウスが燃費40km/Lを達成しましたが、早くも夢となって消えてしまうのかッ!?もしかすると免税も無くなる?

2015年11月18日水曜日

東京モーターショーの入場者数が減少してる3つの理由

東京ビッグサイト(東京・有明)で10月30日から開催されていた東京モーターショーが11月8日閉幕した。入場者数は81万2500人と、前回の2013年の入場者数90万2800人を10%ほど下回る結果となった。
http://economic.jp/?p=55370
少し前に終了した東京モーターショーの入場者数が、前回2013年と比較して減少したらしい。2007年までは120万人以上を動員してたらしいので、ここ最近で急激にドーンと下がった印象。

そこで東京モーターショーの入場者数が減少してる理由を考えてみた。

2015年11月17日火曜日

ランボルギーニ ウラカン スーパーレジェーラの加速0-100km/hが0.2秒で笑った

ランボルギーニ ウラカン スーパーレジェーラ
ニューモデルマガジンX8月号
ランボルギーニ・ウラカンから「スーパーレジェーラ」という新グレードが2016年3月以降に追加されるらしい。とりあえず同時期のジュネーブモーターショーに出品予定。ガヤルドにも設定されていたスーパーレジェーラは「めっちゃ軽量」という意味らしく、ノーマルのウラカンよりも車重がマイナス100kgとか。

だから加速度もハンパなくて、時速100キロまで達成するのにわずか0.2秒!!まばたきした瞬間に、そこは100km/hの世界。むしろ1秒後には一体時速何キロ出るんだと!?果たして人間が操っていいもんなんでしょうか!?(笑)

2015年11月14日土曜日

【2016】ベンツ新型Eクラスはフルモデルチェンジで何が変わる? 【メルセデスベンツ】

2009年にフルモデルチェンジが行われた現行メルセデスベンツ・Eクラス。日本ではCクラスに次いで売れてる高級セダン車。

2013年にはビッグマイナーチェンジが行われて、フロントフェイスが良い感じに進化。そして同年、日本ではクーペとカブリオレが投入(2015年にはV6エンジンを搭載した「E400」というグレードも追加されてます)。2014年にはセダンとステーションワゴンの装備内容が一新されたり、ちょこちょこテコ入れが図られているベンツ・Eクラスさん。

このEクラスが約7年ぶりに2016年の初め頃にフルモデルチェンジするそう。発売は春以降かも。

2015年11月12日木曜日

ミニ カントリーマン(クロスオーバー) フルモデルチェンジ時期は2016年10月頃?

ミニクロスオーバー カントリーマン フルモデルチェンジ最新情報
最近、BMW・MINI クラブマンがフルモデルチェンジしたことが話題になりましたが、来年2016年後半(2017年をまたぐ可能性も)にはミニ クロスオーバー(海外名 カントリーマン)がフルモデルチェンジするそう。

そこで日本名と海外名で分かれてるのが非常にややこしいミニ新型クロスオーバーのフルモデルチェンジ情報を簡単にまとめてみました。新型ミニクロスオーバーの購入を考えてる方は是非参考にしてください。

2015年11月10日火曜日

ルノー キャプチャーがマイナーチェンジで三列シート化へ!?【2016年9月頃】

現在フランス政府から茶々を入れられてるルノーですが、世界的に人気のコンパクトSUV・キャプチャーが2016年秋頃にマイナーチェンジするというウワサ。キャプチャーは2013年に初登場したので、およそ3年ちょい後。基本的にはデザインの変更のみで、フロントグリルが若干拡大され、バンパー下部にあるライトも消失してる模様。

ルノー新型グランドキャプチャー
ニューモデルマガジンX12月号
そして注目は三列シートの新モデル(新グレード?)も同時に投入される可能性があるらしい!その名も「グランドキャプチャー」。

2015年11月9日月曜日

ヤフオクで人気外車が111万円で買えるらしい? 【11月11日まで】

現在ヤフーオークションで人気の外車・輸入車を111万円で買えるらしい。ジープレネゲードは最近発売されたばっかり。アルファロメオ・ジュリエッタも最近記事にしましたが、人気車種。他にもフィアット500やBMWも出品されるなど、かなり大盤振る舞い。

ただ少し注意点もありそう。

アルファロメオ ジュリエッタがマイナーチェンジでジュリア風に進化?

アルファロメオ・ジュリエッタがマイナーチェンジでジュリア風に変化?
magX12月号
アルファロメオのジュリエッタが2016年3月頃にマイナーチェンジ(一部改良?)をするっぽい。ただし日本ではなく、おそらく海外での話。アルファロメオ全体の日本での販売台数は毎月300台前後ですが、大半はこのジュリエッタだと思います。

日本でも人気のジュリエッタが来年のマイナーチェンジで、フロントマスクのデザインがあのジュリア風に変更されるらしい。

2015年11月6日金曜日

新型アベンシスの納期が意外にかかる件

先月10月にマイナーチェンジしたアベンシス。日本よりも海外でウケてるステーションワゴンで、サスペンションなど乗り心地はヨーロッパ風だそう。

でも、こういう車は日本だと支持されにくい。マイナーチェンジに関する記事をアップした時も「どうせ売れないのかなー」と思いながら書いてました。実際、9月のアベンシスの販売台数は30台ぽっちでした。

ただ新型アベンシスの納期は意外にかかるっぽい。

2015年11月5日木曜日

ホンダ エヌボックス 11月のマイナーチェンジで何が変わる?

エヌボックスカスタムの新色ブリティッシュグリーン
今年2月にマイナーチェンジしたばかりのホンダ・エヌボックスが、早くも再びマイナーチェンジするらしい。発表は今月11月末だそう。東京モーターショーにも出品済み。

2月のマイチェンではチップアップシートをスライド化させるなど大胆な改良が話題になりましたが、果たして今回のマイチェンでエヌボックスの何が変わるんでしょうか?

【VW排ガス問題】 国沢光宏がネットの批判についに反論した件

フォルクスワーゲンによるディーゼルエンジン排ガス不正問題が発覚して、既に一ヶ月以上が経ちます。ただ全容が未だに判明しておらず、つい最近もVWグループであるポルシェ・カイエンなど1万台に新たに不正がアメリカで見つかったとか。

この問題の煽りを受けて、ディーゼル車が販売されてない日本でもフォルクスワーゲンの新車販売台数は前年比で5割減(2400台前後)まで落ち込んだそう。これで底を打ったかはやはり疑問で、更に「ガソリン車にも不正してる?」というウワサも出てきてる中、これからVWがますます苦境に立たされることは間違いなさそう。

ただ今回のVWが起こした問題に関して、自動車評論家や自動車サイトはほとんど言及していないとネット上の一部では批判が起きてるとか。中でも槍玉に挙がってるのが国沢光宏さんだそう。多分一番有名だから?

国沢光宏がVW不正問題を語ったけどイマイチ?
ベストカー11月26日号
この国沢光宏さんがついにネット上の批判に反論しました!どんな内容だったのか見てみたいと思います。少し長文。

2015年11月3日火曜日

ハスラー 特別仕様車「JスタイルⅡ」でデュアルカメラブレーキサポート搭載へ!?

昨年末、スズキ・ハスラーから特別仕様車「J-Style」が発売されました。内外装で同じカラーが使用されて、全体的な統一感がアップ。たまに街中でも見かけます。個人的には、カーキ色のハスラーJスタイルがツボった記憶。

http://blog.goo.ne.jp/fmdwtip03101b/e/74efca34f574d3169cf23172c113857f
それが今年2015年も発売されるらしく、その名も「J-StyleⅡ」。THE安直!昨年東京オートサロンで出品された、鮮やかなグリーンやイエローといった新色の投入もあるかもとのこと。

2015年11月2日月曜日

bBなど トヨタで今年絶版になる6車種一覧

ベストカー11月26日号を読むと、今年2015年中に絶版になるトヨタ車種一覧が載ってました。月200店のカーディーラーを回っているというウワサの遠藤徹さんがスクープ情報を書いてる企画。あの強面の方(笑)

それによるとDQN…もとい若者大好き「bB」といったトヨタ車がとうとう絶版に追い込まれるらしい。

2015年10月31日土曜日

メルセデスベンツの完全自動運転車がイモムシのようだと話題 【東京モーターショー15】

http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/2015tokyo/20151029_728031.html
現在開催中の東京モーターショーにメルセデスベンツの全自動運転カー「F015 Luxury in Motion」が出品されました。これが「イモムシ」のようだと自分の中で話題に。全体的なフォルムだけならいざ知らず、フロントマスクのインパクトが中々にして大きい。

2015年10月29日木曜日

【東京モーターショー15】 アルファードがまさかのオープンカーに進化?

アルファード エルキュール コンセプト
現在東京モーターショーが開催中。明日10月30日からは一般にも公開されます。そこで色んなコンセプトカーも出展されるらしいんですが、アルファードの「エルキュール コンセプト」がかなり強烈。ただの鉄仮面。キン肉マンでこんなキャラおったよなーと。

ただこのアルファード エルキュール コンセプト、実は後部も強烈。

2015年10月28日水曜日

三菱 アウトランダーPHEV 試乗インプレッション感想まとめ

三菱自動車・アウトランダーPHEVは今年6月にマイナーチェンジ。大幅にデザインを改良(ダイナミックシールド)したことで大人気に。2015年9月の販売台数は1896台。価格の高さを考えるとまさに「爆売れ」。アウトランダーPHEVは三菱車のイメージを刷新したと言っても過言ではないかも。

そこでアウトランダーPHEVの試乗の感想をまとめてみました。ついでにガソリン車の試乗に関する情報もまとめてみた。

2015年10月27日火曜日

インプレッサハイブリッド 試乗&実燃費まとめ

スバル・インプレッサスポーツにハイブリッドモデルが追加されて久しいです。最近も一部改良がございまして、インプレッサスポーツ「1.6L」の4WDモデルに最新アイサイト3が設定されたらしい。

そこでインプレッサハイブリッドの試乗+実燃費に関する情報をまとめてみました。

2015年10月24日土曜日

16年1月 ノアヴォクシー一部改良で自動ブレーキを搭載へ!ヤッタね!

トヨタのミニバン車・ノアヴォクシーにG'sモデルが2016年1月に追加されることは既にお伝えしましたが、この記事にコメントしてくださった方によると同時期に一部改良も行われるらしい。

その一部改良で待望の自動ブレーキ・セーフティーセンスCがようやく設定される模様。既に現行型の納期が短縮した(買い控えが増加した)といった情報もあり、早くも心待ちしてる方が多そう。ちなみに上級グレードにはTSS-Cが標準装備されて、価格は値上がりするっぽい。

2015年10月23日金曜日

TPP批准で日本の自動車輸出は増加する?減少する?

少し前に、TPP(環太平洋連携協定)が大筋合意に至ったらしい。これはお互いの国同士で関税を撤廃しようというもの。特に今まで高い関税で保護されていた、日本の農家さんはご臨終状態だそう。

だからTPP自体には賛否両論もあるようですが、個人的に気になるのは「日本の自動車輸出は増加するのか?」ということ。自動車の輸出が増えたら、きっと雇用も増えるはず!

そこでまず各国が設けていた自動車に関する関税がどう変化するのかを見てから、最終的に新車の輸出が増えるか予想してみたいと思います。ちょい長文注意。

2015年10月22日木曜日

4WDシステム 実は5種類の違いがあるらしい

自動車の駆動方式には2WDと4WDがあります。2WDは二輪駆動。前輪タイヤか後輪タイヤを回転させることで走行します。前輪を駆動させるFFタイプは、一般的に燃費が良く、室内空間も広く確保できるのが特徴。

一方、4WDは4つ全てのタイヤを回転させることで走行します。いわゆる「四駆(四輪駆動車)」。メーカーによっては「AWD」と呼ぶこともあります。全てのタイヤを駆動させるので燃費が悪くなるデメリットはありますが、オフロードや雪道など力強く走破できる特徴が支持されています。

この4WDですが実は色んな種類があるらしい。だから車種によって搭載されてる4WDシステムには違いがあるんだとか。そこで『driver11月号』を参考にまとめてみました。

2015年10月21日水曜日

1100万円超えレクサスLXがバカ売れ!理由はライバルの少なさ?

9月14日に日本でも発売されたフルサイズSUVのレクサスLX。1100万円という高額プライスはもちろん、5mを超える全長に2m近い全幅を誇るレクサスLXは、そのサイズでも乗り手を選びそうです。(中略)
さて、約2000台という発売約1カ月の初期受注(9月14日~10月14日)を獲得したレクサスLX。
http://clicccar.com/2015/10/17/333385/
先月9月14日、日本に初導入されたレクサス・LXが価格が1100万円以上にも関わらず、初期受注が1ヶ月で2000台に迫ったそう。こんなに人気になるんなら記事化すれば良かったなと後悔しきり。

このレクサスLXは8月にマイチェンしたランドクルーザー200がベースですが、高級感たっぷりの室内外とエンジンも更にパワフルに進化。だから価格差も両者では500万円以上に。まさにLXは「ラグジュアリープレミアムSUV」といったところですが、考えてみるとこのジャンルではライバルが意外に少ない。

2015年10月20日火曜日

2050年 ガソリン車消滅でトヨタ自動車がピンチの理由

トヨタ自動車は10月14日、持続可能性の取り組みに関する大胆な新計画を発表した。2050年までに、同社が製造する新車が排出する二酸化炭素(CO2)を、2010年と比較して90パーセント削減する計画だ。
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20151019-00010000-biz_wired-nb
2050年までにトヨタ自動車はガソリンエンジン車を販売しなくなるらしい。ちょうど今から35年後の未来。いわゆる地球温暖化問題に対応するため、「脱ガソリンエンジン」で二酸化炭素排出量を抑えようということ。

ただし目標は2010年比で90%削減ですから、裏を返せば10%はCO2を排出する。何故ならハイブリッドカーやPHEVも含まれるから。だから厳密にはガソリンエンジンそのものは消滅しないっぽい。あくまでガソリンエンジンは補助的に使う感じ。

要は、水素で走行する燃料電池車(FCV)や電気自動車、プラグインハイブリッド車を主流にしていく。ただこれについて賞賛する評論家もいますが、もしEVやPHEVが主流になると、トヨタ自動車そのものが危うくなるのではないかと思います。

2015年10月17日土曜日

フォレスターとレガシィアウトバックの違いとは?

スバルのSUV車は、特にアメリカ(北米)では大人気。でも似たようなデザインも多く、案外各車種の違いが分かりづらかったりします。

そこで最近大幅なマイナーチェンジor一部改良をしたフォレスターと、レガシィアウトバックを比較してみました。

2015年10月16日金曜日

10万円台の激安中古車はおすすめできる?

「15年以上前の軽自動車やコンパクトカーが多いですね。年季が入っているので、車体のサビ、シートのタバコ跡、エアコンの臭いなど、不具合も少なくありません。しかし、走りはさすが日本車。車両状態も以前より良好になってきているようです。次の車検まで乗りつぶすつもりで買いましょう」
http://nikkan-spa.jp/937639
週刊スパの記事。自動車評論家のマリオ高野さんによると「激安中古車が買い」らしい。詳しくは割愛しますが、「規格外の安さなので満足度も高い」という結論でした。

ただ果たして、一般的に10~30万円前後の激安中古車はおすすめできるんでしょうか?個人的には「おすすめできない」という論点・結論で否定的な記事を書いてみたいと思います。

2015年10月15日木曜日

いずれステレオカメラ方式の自動ブレーキだけになるかもしれない理由

トヨタ・アクアや新型プリウスにも自動ブレーキが搭載される時代。自動ブレーキはすっかり定着したと言ってもいいと思いますが、主に「赤外線」「ミリ波レーダー」「カメラ」の三種類に大別されます。アクアやシエンタのようにカメラと赤外線レーザーが組み合わせた混合タイプもあります。

でもいずれ赤外線やミリ波レーダーが消滅して、カメラ方式だけが生き残る可能性が高いと思います。特にスバル・アイサイトのようなカメラ二個を搭載したステレオカメラタイプだけになるかも知れません。

2015年10月11日日曜日

新型シビックタイプRは三本出しマフラーだった?

http://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/new/
今月10月末に東京モーターショーが開幕されますが、ホンダからはシビックタイプRが出品予定。2Lターボで310馬力。「FF最速」らしい。そして同日に750台限定で販売が開始されます。注文はウェブ限定らしく、期限は11月23日までだからご注意を。

今更なので詳細は割愛しますが、カートップ11月号で試乗した方によると「高速コーナー区間での加速時トラクションコントロールがFFなのに驚くほど良い。4WDでなくても310馬力を使いこなせてる」んだそう。

ただ早くも新型シビックタイプRをホンダさんは開発中らしい。しかもその新型は三本出しマフラー?

2015年10月10日土曜日

アクア 一部改良で自動ブレーキ搭載へ! Xアーバンも特別仕様車を追加!

ベストカー11月10日号
 トヨタ・アクアが来月11月4日に一部改良。そして、とうとうアクアにも自動ブレーキが設定されるそう!12月に登場する新型プリウスにも設定されますので、いよいよ自動ブレーキは当たり前の時代。

2015年10月7日水曜日

ダイハツ キャスト 初月の販売台数は?ハスラーに影響は出たか?-新車販売15年9月

数日前に9月の新車販売台数が発表されました。やはり気になるのは、同月に発売されたダイハツ・キャスト。アクティバやスポーツといったグレードが用意されていて、それぞれが明らかにスズキ・ハスラーやホンダ・N-ONEに対抗心むきだしといった感じのデザイン。また、同時にかつてのミラジーノを髣髴とさせるクセになるデザインでもあります。

果たしてこのキャストの初月の販売台数は?またハスラーの販売台数にも影響が出たんでしょうか?