スポンサーリンク

2015年10月24日土曜日

16年1月 ノアヴォクシー一部改良で自動ブレーキを搭載へ!ヤッタね!

トヨタのミニバン車・ノアヴォクシーにG'sモデルが2016年1月に追加されることは既にお伝えしましたが、この記事にコメントしてくださった方によると同時期に一部改良も行われるらしい。

その一部改良で待望の自動ブレーキ・セーフティーセンスCがようやく設定される模様。既に現行型の納期が短縮した(買い控えが増加した)といった情報もあり、早くも心待ちしてる方が多そう。ちなみに上級グレードにはTSS-Cが標準装備されて、価格は値上がりするっぽい。


新型プリウスはセーフティーセンスPだったので、ノア・ヴォクシーにTSS-Cが設定されるのは個人的に少し意外でしたが、アルファード・ヴェルファイアにはTSS-Pを設定することで、トヨタ自動車は住み分けを更に図る予定なのかも知れません。

ヴォクシーZS
他にもハイブリッド車に「エアロ仕様」のグレードが追加されるらしい。例えばヴォクシーだとガソリン車「ZS」のようなルックス(画像)、ノアだと「Si」のようなルックスのハイブリッドモデルが登場する予定。自動ブレーキより訴求力が高そうとの声も(笑)

またヴォクシーに新たな特別仕様車「煌Ⅱ」がいずれ投入されるのはほぼ確定的っぽいですが、時期は来年2016年1月になるかは不透明。一方、ノアは今年4月に特別仕様車「ディライトプラス」が発売されたばかりなので果たして…。前述のエアロ化の件も合わせて考えると、新たな特別仕様車は出さずに「Si ハイブリッド」という新グレードの追加で終わる可能性が。

改めて、わざわざコメント感謝でしたm(_ _)mまた詳細な情報が分かり次第追記していきます。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

3 件のコメント:

  1. ハイブリッドヴォクシーを購入予定ですが、ここに書かれていることが本当ならすごく嬉しいニュースです。
    どのくらい信憑性が高いはなしののでしょうか。

    返信削除
  2. 返事遅れました。
    内容に確信はないですが、既にノアヴォクの注文はストップしてるようですので、
    何らかの動きは近々あるはず。いわゆる後期型へ突入する可能性が高いです。

    新型ノアヴォクシーのカタログ自体は今月下旬頃には見られると思います。
    その新型ノアヴォクシーの予約は来月からできるっぽいです。

    返信削除
  3. 返信ありがとうございます。
    セーフティーセンスPが搭載されれば嬉しいんですけどね・・・。
    12月に入ったら購入に向けて行動開始しようと思っております。
    情報ありがとうございました。

    誤字修正しようと思いましたができませんでした。 すみません。

    返信削除