スポンサーリンク

2015年10月21日水曜日

1100万円超えレクサスLXがバカ売れ!理由はライバルの少なさ?

9月14日に日本でも発売されたフルサイズSUVのレクサスLX。1100万円という高額プライスはもちろん、5mを超える全長に2m近い全幅を誇るレクサスLXは、そのサイズでも乗り手を選びそうです。(中略)
さて、約2000台という発売約1カ月の初期受注(9月14日~10月14日)を獲得したレクサスLX。
http://clicccar.com/2015/10/17/333385/
先月9月14日、日本に初導入されたレクサス・LXが価格が1100万円以上にも関わらず、初期受注が1ヶ月で2000台に迫ったそう。こんなに人気になるんなら記事化すれば良かったなと後悔しきり。

このレクサスLXは8月にマイチェンしたランドクルーザー200がベースですが、高級感たっぷりの室内外とエンジンも更にパワフルに進化。だから価格差も両者では500万円以上に。まさにLXは「ラグジュアリープレミアムSUV」といったところですが、考えてみるとこのジャンルではライバルが意外に少ない。



ライバルはベンツGクラスやBMW・X6?

日本国内でも「SUV(クロスオーバー)」は流行ってますが、基本的にはコンパクトなタイプ。例えばトヨタ・ハリアーなど大きめのSUVも販売されてますが、さすがに1000万円を超える国産車は皆無。同月にフルモデルチェンジしたRX(LXより一つ下のモデル)でようやく500万円を超えてくるレベル。

だからLXのライバルは、自ずと輸入車・外車に限られてきます。ただ外車もスポーツカーやオープンカータイプの超高級車のラインナップは多いものの、1000万円以上する価格帯のラグジュアリークロスオーバーとなると意外に選択肢の幅は決して多くない

例えばメルセデスベンツだと「Gクラス(ゲレンデヴァーゲン)」や「GLクラス」が1000万円を超えてきます。でもGクラスの無骨なデザインを見ると「ラグジュアリー」と表現していいのかはやや疑問。少なくともラグジュアリー感を目当てにGクラスを購入してる人は少ない?

アウディだと最上級SUVに「Q5」がありますが、大きさ的にもランク的にも「LX」などよりは一つ下なので除外。

BMWだと「X6」。確か日本では2014年秋ごろに投入されたこともあって、デザインはかなり洗練されています。ラグジュアリー感だけではなく、若者向けのスタイリッシュさも備わっている印象。価格は900万円前後から購入できるので、意外にお買い得。ちなみにBMWからは新たに「X7」が出るんじゃないかというウワサも。

他にはポルシェだと「カイエン」、リンカーンだと「ナビゲーター」、ランドローバーだと「レンジローバー」ぐらい。どれもラグジュアリー感満載ですが、どこかクセがあるっちゃあります。そう考えると「ラグジュアリープレミアムSUV」の需要がレクサスLXに集中しやすい土壌がそもそもあったのかなと推察できます。

でも「LX」がこれだけ売れてる現状を考えると、ドイツ勢も含めて他社も黙っているとは思えないので、これから超高級SUVのジャンルでも色んな新型車が投入される可能性は高そうです。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿