スポンサーリンク

2015年11月9日月曜日

アルファロメオ ジュリエッタがマイナーチェンジでジュリア風に進化?

アルファロメオ・ジュリエッタがマイナーチェンジでジュリア風に変化?
magX12月号
アルファロメオのジュリエッタが2016年3月頃にマイナーチェンジ(一部改良?)をするっぽい。ただし日本ではなく、おそらく海外での話。アルファロメオ全体の日本での販売台数は毎月300台前後ですが、大半はこのジュリエッタだと思います。

日本でも人気のジュリエッタが来年のマイナーチェンジで、フロントマスクのデザインがあのジュリア風に変更されるらしい。


アルファロメオ・ジュリア
まだ発売されてませんが、日本でも新型ジュリアは既に発表済み。ジャンル的にはスポーツセダン車で、510馬力でV6エンジンを搭載。0-100km/h加速はわずか3.9秒。フェラーリ出身のエンジニアさんが出掛けただけあります。カーボンやアルミ素材を多用し、ボディーの軽量化も図られてるのも一因とのこと。

現行ジュリエッタのエクステリア
現行ジュリエッタのエクステリアはこんな感じですので、両者を見比べると意外に雰囲気が異なります。どちらのデザインもイカしてますが、とにかく新型ジュリエッタではジュリアに近づくっぽい。

フロントマスク以外では、リア周りはバンパーデザインが変更される程度に留まるそう。またエンジン周りではほとんど変更はありません。ただいずれ遠くない未来に日本でもジュリエッタはマイナーチェンジされるはず。

ただ「クアドリフォリオ(Quadrifoglio)」という最高級グレードが消滅するとかしないとか。アルファロメオ的にはハイパフォーマンスモデルはジュリアに集約し、ジュリエッタはお手頃なラインを狙って差別化を図るのかも。ちなみに日本だと「Quadrifoglio Verde」というグレード名。420万円ちょいですから、4Cと比較すると約半額ですのでお安め。

アルファロメオ・ミトもマイナーチェンジで外観変化
ちなみにアルファロメオ・ミトも同時期にマイナーチェンジする予定。ジュリエッタと同じく、フロントマスクのデザインが変更。メッシュ状のグリルも拡大されて、ヘッドライトもLED化する模様。

また音声認識でエアコンやクルコン、ドアミラーの調整ができるとか。THE近未来。ただ日本ではプログラム的な問題で搭載されることはないかも知れません。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿