2015年11月5日木曜日

ホンダ エヌボックス 11月のマイナーチェンジで何が変わる?

エヌボックスカスタムの新色ブリティッシュグリーン
今年2月にマイナーチェンジしたばかりのホンダ・エヌボックスが、早くも再びマイナーチェンジするらしい。発表は今月11月末だそう。東京モーターショーにも出品済み。

2月のマイチェンではチップアップシートをスライド化させるなど大胆な改良が話題になりましたが、果たして今回のマイチェンでエヌボックスの何が変わるんでしょうか?



まずは女性向けの変更点。

2月のマイチェンでは赤外線99%、紫外線もカットした「スーパーUVカットガラス」が採用された気がしますが、現行モデルは画像のように前席5面のガラスのみ。ちなみに廉価グレード・G以外では標準装備。ただホンダの公式サイト(TMSに関連するページ)によると「360度採用」とあるので、今回のマイナーチェンジで後席ガラスやバックガラスを含む、全面のガラスがスーパーUVカット仕様に変わるはず。

冒頭にも貼りましたが、エヌボックスカスタムに新色・ブリティッシュグリーンが追加されるっぽい。ヴェゼルやスズキ・ハスラーといったSUV系では緑色が地味に人気だったりします。ちなみにヴェゼルのミスティグリーン・パールと比較すると、ブリティッシュグリーンの方がより深みを増した緑色をしてます。

現行エヌボックスでは内装カラーが画像のように3パターン選択できるんですが、右端のブラックが全色で選択可能になるっぽい。現在、内装黒は何故か車体カラーが「プレミアムホワイト・パールⅡ(有料色)」か「スマートブラック」の場合にしか選択できないっぽい。それに制限がなくなる模様。

あとはナビパッケージの中身に「ナビ連動タイプのETC車載器」が新たに追加されます。本体価格はETC2.0タイプだと約2万円。取付アタッチメントも含めると、およそ2万6千円前後が無料化。既にN-ONEのナビパケではETCが搭載されてるので、エヌボックスもそこへ追随するカタチ。

UVガラスが全面張りになったので心配になりますが、新型エヌボックスの価格は据え置きだそう。全体的には「一部改良」といった印象も受けますが、情報が間違ってたらごめんなさい。ちなみにマガジンXによると、エヌボックスのFMCは2017年初頭頃だそう。

【スポンサーリンク】