スポンサーリンク

2015年11月2日月曜日

bBなど トヨタで今年絶版になる6車種一覧

ベストカー11月26日号を読むと、今年2015年中に絶版になるトヨタ車種一覧が載ってました。月200店のカーディーラーを回っているというウワサの遠藤徹さんがスクープ情報を書いてる企画。あの強面の方(笑)

それによるとDQN…もとい若者大好き「bB」といったトヨタ車がとうとう絶版に追い込まれるらしい。



ラクティスやカローラルミオンも廃版へ

その一覧がこちら。bBだけではなく、ラクティスやカローラルミオンも廃止へ。イストや超小型車市場を狙ったiQも今年中に買えなくなる模様。

ただ記事では「生産中止」とあるんですが、RAV4は海外ではそこそこ人気だったはず。生産中止しちゃうと海外への輸出もなくなる懸念がありますが、もともとRAV4は現地生産されてたってこと?

  • RAV4…164台
  • bB…93台
  • イスト…25台
  • ラクティス…1173台
  • カローラルミオン…160台
  • iQ…84台
それはさておき、これらの2015年9月の新車販売台数を見てみるとこんな感じ。確かに悲惨といえば悲惨な数字。イストは一県で一台も売れてない計算。

bBは未だに根強い人気があるのかと思いきや、現在では100台も売れてない。考えてみると、200万円という価格で燃費はリッター15キロ前後しかない。おそらく若者がクルマ離れを起こしたからではなく、最近はホンダの軽自動車・N-BOXなどの台頭で、DQN需要orマイルドヤンキー需要が奪われたんだと考えられます。軽自動車は燃費も価格も安いですから。

確かラクティスは去年2014年にマイナーチェンジか一部改良済み。広告にはSEKAI NO OWARIという人気バンドが起用するなどテコ入れを図りましたが、あまり効果は発揮しなかったっぽい。とはいえ決してめちゃめちゃ悪い数字ではないので、2016年以降も販売される可能性はあるそう。

ただヴィッツやパッソと比較すると、ラクティスはいまいちウリがなかったのも否めません。本当に色んな意味で中途半端って感じですからね。ヴィッツの販売台数は6451台、パッソは3832台だから、数字的にもやはり物足りないことは間違いない。

カローラルミオンは個人的に好きなデザインの車だったんですが、今年4月にカローラがマイナーチェンジしたときに、何の音沙汰もなかった時点で大体お察し。iQはいずれ電気自動車として復活する可能性はありえそう。

新型車が2車種投入へ

その代わり、2016年にはプリウスベース(?)のコンパクトSUVが発売されます。まだ仮名称っぽいですが「CHR」というやつ。

そして、新たにスズキのソリオ対抗の車種(コンパクトミニバン?スライドドアタイプ?)も発売するそう。トヨタにはポルテ・スペイドがありますがやや奇をてらいすぎてるので、「王道なコンパクトカー」を新たに増やそうということらしい。

確かに廃版になった車種一覧を見ても、その穴を埋めたがってることが伺えます。ちなみに自動車のリリースがストップした場合、「絶版」なのか「廃番(廃版)」なのか、どう表現していいのか未だに分からないのは内緒。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿