2015年6月29日月曜日

トヨタ86に新色イエローが7月13日追加へ!

トヨタのスポーツカー・86から新色イエロー(サンライズイエロー)が追加されます。グレード名は「イエローリミテッド」という名前。ちなみにスバル・BRZは「ts」というグレード名。

そこで86イエローに関する価格情報や注意点など簡単にまとめてみた。



【スポンサーリンク】



エアロパーツや大型リアウィング


まずは「イエローリミテッド」の見た目。

大型のリアウィングがカッコイイ!最近はオープンカーが流行ってますが、こういったリアウィングは設置できまので、スバル・WRXなどスポーツカー・クーペタイプの強みと言える部分かも。

また「エアロパッケージ」もオプションで設定可能。ゴテゴテしてない感じのエアロが程よく似合ってる。記事では「大胆な」という表現がされてますが、むしろこれぐらいが標準ベースのデザインで良いぐらい。ブラックのドアミラーやアルミホイールも派手なイエローと対比的に映える。明るいカラーとブラックを組み合わせる演出は個人的に大好き。

内装もハンドルやシートのステッチが赤色から黄色に変化。全体的な統一感が出るような工夫がされてる模様。エクステリアではドアミラーとホイールでしたが、内装ではエアコンの吹き出し口やドアハンドルがブラックに塗装されてるらしい。メーターバイザーもアルカンターラ風に仕上げるなど、この86イエローリミテッドでは相当良い感じに仕上がってる雰囲気。

86イエローリミテッドは2012年に発表済み?
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20120905_557569.html
このイエローリミテッドですが、2012年に開催された「Fuji 86 style 2012」というイベントで展示された車種をベースにしてるとのこと。

スズキ・スイフトスポーツもイエローを前面に出してきてる。マツダ・ロードスターも来年2016年頃にはイエローが出るというウワサ。それだけスポーツタイプの車には派手な色が似合う。リセールバリューを意識しなくていいことも影響してそうですが、こういう車種は走りだけではなく見た目の大胆さも重要なのかも?

【スポンサーリンク】




86イエローは期間限定かつ台数限定


ただし、この86イエローは期間限定発売。注文は今年10月ぐらいまでらしい。スバル・BRZ tsを参考にすると300台限定?そしてサンライズイエローに限っては、更に少なく100台限定?

価格情報は雑誌に載ってませんでしたが、ベースが300万円前後の「GT」というグレード。だからプラス数十万円程度で330~340万円前後かと個人的に予想したんですが、スバル・BRZ tsの価格を見てみるとどうやら違う?

「BRZ ts」の価格が399万円(6MT)、407万1000円(6AT)だそう。この情報はおそらく確定済みっぽいのでこれを参考にすると、トヨタ・86イエローリミテッドの価格は最近発売された「86“style Cb”」とほぼ同価格帯ということに?大型のリアウィングや見た目の質感向上を図ってるので、結構な値段をしても不自然ではないと思う。

ただウワサでは次期86は2020年にフルモデルチェンジ。このときに水平対向エンジンが消滅されることはほぼ確実っぽい。だから欲しいと思ったら、とにかく買えるうちに買っておきましょう。ちなみに明日6月30日に詳細は発表されるらしい。

【スポンサーリンク】