2015年6月7日日曜日

AMTとは?

AMT(オートマチックMT)の意味を説明

AMTとは、自動車の変速機の一種。いわゆるセミオートマチックトランスミッション(セミAT)のこと。

MT(マニュアルトランスミッション)がベースにありギアの変速操作は手動で行うものの、いわゆるクラッチ操作を自動化させた変速機。そのためペダルはAT車と同じくアクセルとブレーキの二種類しかないため「2ペダルMT」と呼ばれることもある。つまりクラッチペダルがないのでAT限定免許でも運転できるMT車とも言える。



AMTの特徴としては、走りや加減速の滑らかさはCVTなどと比較するとイマイチ。ただCVTよりもアクセルの踏み込みと速度のダイレクト感が優れており、エネルギーの伝達効率もMT並に優れている。ギアのシフトを上げる時にはトルク抜けや変速ショックがあるものの、トルコンATより力強く走行できるとされる。

また重量も軽く設計できるため燃費性能が優れている。コストも比較的安く製造できてメンテナンス性にも優れているため、AMTは主に新興国市場において普及している変速機である。日本国内で販売してるAMTには、スズキ自動車のAGS(オートギアシフト)などがある。

ちなみにAMTの正式名称は「Automatic Manual Transmission」か「Automated Manual Transmission」の二種類があるが、どちらを使っても問題はない。

【スポンサーリンク】

0 件のコメント:

コメントを投稿