スポンサーリンク

2015年6月13日土曜日

レクサス 2015年に行うモデルチェンジ情報まとめ一覧

レクサスLX570 発売は2015年8月?9月?
ベストカー6月26日号
レクサスが今年2015年にモデルチェンジや一部改良を色んな車種で施すらしい。これからの夏から冬にかけてまさに怒涛のラッシュ。

そこで2015年中に行われるモデルチェンジを行うレクサスの車種を軽くまとめてみた。

7月はIS

まずは再来月の7月にはレクサスISが一部改良

レクサスIS200t
昨年に登場したレクサスNXがトヨタで初めてダウンサイジングターボエンジンを搭載。その2.0Lターボエンジンが今回ISにも移植されて、新たに「IS200t」というグレードが追加。最高出力が238PS/4800~5600rpm、最大トルクが35.7kgm/1650~4000rpm。燃費はリッター13.5キロの6速AT。

そして代わりにIS250のグレードは消滅。そのIS250の燃費がリッター11キロ前後だったので結果的に燃費は向上しそう。ただし「IS200t」の価格はIS250よりも数十万円アップ。およそ450~540万円前後の予定。

少しNX200tと異なるのは、このターボエンジンを縦置きに配置するということらしい。その分だけ室内空間が広がりそうですが、エンジンスペックはNX200tのとは若干異なる可能性も。ただ可能性としては低そうか。

クラウンアスリート2.0ターボ
ちなみにISのターボ化は、今年10月のクラウン(アスリート)のマイナーチェンジに先立ってというカタチ。だからクラウンでも同じく2.5LのV6エンジンは消滅する予定。クラウンに注目されてる方は来月7月のレクサスISは要チェック!

そしてハイブリッド車であるIS300hには4WDグレードが追加。これはそのクラウンマジェスタのハイブリッドモデルに搭載してるシステムと同じやつ。

レクサスIS 200tの一部改良は15年7月
だから新型ISには見た目のエクステリアは変化なし。4665×1810×1430mm(全長×全幅×全高)。ホイールベースは2850mmのまま。

9月はRXとLX

レクサスRXのフルモデルチェンジは15年9月
9月はレクサスRXがフルモデルチェンジ。今年4月のニューヨークオートショーでも公開されましたが、エクステリアが絶好調なNX風に進化。ヘッドライトが切れ長になって、ちょっとトゲトゲしいデザインに磨きがかかった。アメリカだとスピンドリルなんとかは少し不評っぽいですが、きっと日本では人気が出そう。

他には自動ブレーキ「レクサスセーフティーシステム+」を標準搭載。トヨタセーフティーセンスPよりも高性能っぽい。他にもサスペンション周りやボディ剛性を高めて、操舵安定性がアップさせてくるそう。8月ぐらいからレクサスディーラーさんで予約できるというウワサ。

新型レクサスLX570 発売は2015年8月?9月?
ベストカー6月26日号
注目はレクサスLX(LX570)という新たなモデルが初登場。ほぼ同時期にマイナーチェンジするランドクルーザー200をベースにしたレクサスの最高級SUV。車体スペックは5020×1980×1920mm(全長×全幅×全高)とまさに巨大。ホイールベースは2850mm。ちなみに他の情報も勘案すると8月は発表のみで、発売自体は9月だと思われます。

ただ初登場とは言っても、実はレクサスLXは海外ではずっと発売されてたモデル。サイズを考えて敬遠されてたのかも知れませんが、いよいよ日本でもようやく投入されてくるカタチ。だからいずれレクサスGXも日本に投入される可能性も?

なんといってもエンジンが5.7LのV8ガソリンエンジン。最高出力が388PS/5600rpm、最大トルクが55.7kgm/3600rpm。まさに「そのエンジン凶暴につき」といった感じ。レクサスRC Fの5.0LのV8ガソリンエンジンを超えてくる。高級感も馬力も同時に得ようとするなんて贅沢すぎ。

ベストカーさんによると価格は850万円からという情報。ただこれはLS460とほぼ同価格帯っぽいので、もしかすると900万円以上と更に高価格になる可能性も。ちなみに燃費はリッター6.5キロ。

だからレクサスが販売するSUVはNX、RX、LXの3車種に増加。2015年はSUVファンにとってはかなり充実する年になりそう。RXの販売台数は毎月100~300台と平凡な数字ですが、LXが登場することで割安感が演出できてフルモデルチェンジを機に盛り返しそう。

ちなみにマガジンXさんによると同月9月にレクサスNXも一部改良してくるらしい?

10月はRC

レクサスRC 200t 一部改良は15年10月
10月はレクサスRCが一部改良。7月のレクサスISと同じく2.0Lのターボエンジンを搭載。新たに「RC200t」というグレードが追加。NXの販売好調っぷりにトヨタとしても可及的速やかにどんどん追加してきてる感じ。

特にレクサスRCはジャンル的にスポーツカーということもあって、価格帯が全体的にかなり割高。RC350(3.5LのV6)もRC350h(2.5LのHV)も最低でも600万円近い。RC F(5.0LのV8)に至っては1000万円に迫る勢い。

ただそれでも毎月レクサスCT以上に売れてるのがすごい(笑)かなり前にレクサスRCの広告CMがめちゃめちゃカッコイイ!という記事を書きましたが、そういうイメージ戦略という点でも成功してそう。そこでNXに投入された2.0Lターボエンジンを搭載し、ほんの少しお求めやすいグレードが追加されることで更にレクサスRCの販売台数増が期待できそう。

12月はGS

レクサスGS200t GSF マイナーチェンジ
12月はレクサスGSがマイナーチェンジ。やはり前述のダウンサイジングターボを搭載。そしてレクサスのスポーツモデルを表す称号「F」がついたグレードが新たに追加されるそう。

ただレクサスGSに関しては情報が右往左往。8月という情報もあれば10月という情報もあって、どれを信じていいのかは個人的に分かりません。でも「GS200t」と「GS F」が追加されることは間違いなさそう。

2016年以降のレクサスは?

ちなみに来年2016年早々にはアメリカでレクサスLC(LC500)が初お披露目。名前を見る限りは、前述のRCよりも更に高級なスポーツカー。アルミ素材だけではなくカーボン素材をふんだんに使用したボディーになるらしく、パワーユニットには5.0Lエンジンを搭載するなど価格も1000万円では簡単に買えないレベルかも?ただし発売は更にもう少し先。

またレクサスLSは2017年5月にフルモデルチェンジするというウワサも。約2年後ということでまだまだ先な話ですが、マガジンXさんによると既に開発が進んでいてコードネームが「200B」だそう。ただ先に前述のLC500にトヨタの新型FRプラットフォームが採用されるそうだから、来年早々には新型LSの一端が垣間見れる可能性も。

総括

今年2015年に行われるレクサスのモデルチェンジ情報をまとめると、ターボモデルとSUVのラインアップをかなり充実・強化させてくる内容になってます。

世界的にもSUVは人気だから言うまでもないですが、日本メーカーはダウンサイジングターボには弱いと言われがち。でもレクサスのような高級車ブランドが率先してそれを投入することで、他の一般的な車メーカーさんも世界的に流れに追随してきやすいのかなと。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿