2015年7月30日木曜日

スバル 新型 フォレスター マイナーチェンジでAFSを導入へ!(2015年11月)

スバル新型フォレスター マイナーチェンジでヘッドライトが進化?
ニューモデルマガジンX9月号
スバル・フォレスターが今年11月にマイナーチェンジ。雑誌等では「年末」という漠然とした表現で伝えられてますが、先代フォレスターが現行にフルモデルチェンジしたのが2012年11月。ちょうど三年という節目にあたる「11月」が一番可能性が高いと勝手に推察します。

そして今回マイナーチェンジする新型フォレスターの見所は、AFS



冒頭のマガジンXさんの画像にも載ってますが、新型フォレスターのヘッドライト部分が隠されてる。でも、そこからチラリと見えるのがプロジェクターヘッドライト。対抗車から見るとあんま眩しくないのが特徴のやつ。

そして、そのプロジェクターヘッドライトの周辺に空間が空いているので、ライトが動くんじゃないかという推察が雑誌ではされてました。それがいわゆる「AFS(アダプティブフロントライティングシステム)」。先日一部改良したレヴォーグのヘッドライトもローハイ切り替えるシステムに変わりましたが、それもAFSらしい?

フォレスターのマイナーチェンジがAFSの導入だけだと寂しいので、さすがにバンパーあたりのデザインも変更される可能性があるそう。ちなみにフォレスターのマフラーがスズキ・キザシっぽくてカッコイイ。

でも前にも書いた気がしますが、月販1万台は安定して確保するぐらいアメリカではフォレスターは爆売れ。だから敢えてスバルがそこまでテコ入れしてこない可能性も。

自動ブレーキはEyeSight3へ!

でも、個人的にフォレスターのマイナーチェンジで気になるのが、自動ブレーキ・EyeSight(アイサイト)のこと。

言うまでもなくEyeSight3は人気なんですが、何故か古いバージョンであるEyeSight2を搭載してるスバル車も多い。実はフォレスターも、そのご多分にもれず。

だから11月頃のマイナーチェンジで、フォレスターもようやくEyeSight3に仲間入りするんじゃないかと個人的には期待を寄せてます。この予想が当たることを信じて、あえて「?」は付けてません(笑)

【スポンサーリンク】