スポンサーリンク

2015年7月28日火曜日

タイヤ空気圧の違いで燃費がアップするは本当か?

昨日は「中国製韓国製タイヤは安全?燃費が悪い?」という記事を書きましたが、今回は「タイヤの空気圧で燃費が変わるのか?」という疑問。最近は新車装着タイヤの空気圧がどんどん高くなっている印象。

やっぱりタイヤの空気圧を高めた方が燃費は向上するもんなんでしょうか?

空気圧をあげたら間違いなく燃費は向上する!

それを検証してくれたのが、我らがベストカーさん。実験車はスズキのハスラー(2WDターボ)。先日の一部改良で新型Sエネチャージが搭載される前だと思うので、カタログ燃費はリッター26.8キロのはず。

タイヤの空気圧の違いで燃費は変わる
ベストカー7月26日号
まずは指定空気圧250kPaの実燃費がリッター13.7キロ。ちなみに「指定空気圧」とはいえ250kPa。いつの間にかこの辺りの空気圧が一般的になりつつありますが、最近の自動車はカタログ燃費を稼ぐためか、そもそもの空気圧が全体的に高めになってる。

そして更にそこから空気圧を高めて、300kPaにした時の実燃費はリッター14.9キロ。同じように走行してるだけにも関わらず、それだけ燃費がリッター1キロほど向上。逆に空気圧200kPaを下げた場合は、燃費リッター13.0キロまで減少。

つまり「タイヤの空気圧を高めると燃費が向上する」というウワサは事実だった。ここまで差が出ると、メーカーさんが空気圧を高めに設定したがるのも頷けます(笑)

タイヤに空気がパンパンに入ってると道路に設置してる面積が減る。つまり道路との「転がり抵抗」が減るので、それだけ自動車が軽快に走行する。自動車が軽快に加速すればアクセルを踏む回数であったり踏む量が減って、結果的に燃費性能が向上する。

この理屈は実践においても正しいことが証明されたカタチ。もしエコタイヤを選ぶときには「転がり抵抗」に注目してタイヤ選びをすると良いかも。

空気の入れ過ぎは禁物

そこで気になるのは乗り心地。

タイヤが空気でパンパンに張ってるからこそ、路面のゴツゴツした状況を車内に伝えやすくなる。ただ意外にも車重が1トンもない軽自動車レベルだと、空気圧に関係なく乗り心地はさほど変化はなかったそう。もちろん高級車ではタイヤ空気圧は高めない方が無難でしょうが。

でも空気圧を高めたことで転がり抵抗が減ると、タイヤのグリップ力も当然弱まる。冒頭の「中国製韓国製タイヤは安全?燃費が悪い?」という記事でも触れましたが、特に路面が濡れてると怖い。ブリヂストンの新品のタイヤ同士ですら、商品によってかなり制動距離に差が生まれることも。

またタイヤに空気を入れすぎたことによるバーストが怖い。要するにタイヤが爆発する。この威力はチェ・ホンマン(懐かしいw)だって吹き飛ばすほど。新品タイヤだと余程空気を注入しなければ問題ないんでしょうが、経年劣化したタイヤや中古タイヤのおいては素人判断で空気圧を高めるのは怖い。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿