2015年7月26日日曜日

中国韓国製の激安タイヤは安全か?燃費も悪化するか?

そろそろ7月も終わろうとしてますが、既に夏用タイヤで走行してる人も多そう。ただ消耗品でもあるタイヤは、自動車用品の中でも地味に出費。特に国産タイヤだと価格はそれなりにします。だからどうしても中国製や韓国製の顕著に安いタイヤに目が行きがち。

そこでベストカーさんの体を張った実験が面白かった。個人的には中国韓国製のタイヤも健闘してる?と思った。


どんなタイヤ?

どんなタイヤで実験されたのか?ちなみにタイヤ単体の価格なので、ホイールなどを付属させた場合はもっと高くなります。

まずハンコックという韓国メーカーの「キングスターロードフィットFK70」というブランド。名前はすごい立派ですが、価格は一本810円のタイヤ。何故なら生産国は中国。タイヤが一本1000円以下で売ってるのがすごい。四本でも3200円ちょっとだからCDアルバム一枚分ぐらい。

一方ブリジストンのエコピアEP150は、Amazonだと価格は一本6000~7000円。単純計算ではハンコックのタイヤより7倍から9倍。四本では2万5000円前後。ただこれはサイズ的にコンパクトカークラス用。軽自動車用だともう少し価格ダウンされるかも。決して安い価格ではないですが、比較的一般的な価格帯かも。

実燃費はほぼ互角

これをダイハツ・ミライースにそれぞれ装着させて燃費を計測させてみると?
中国韓国製タイヤ 燃費や安全性
ベストカー7月26日号
一般道ではブリヂストンエコピアの燃費が17.9km/Lキングスターロードフィットの燃費が17.2km/L。高速道路ではブリヂストンエコピアの燃費が29.0km/Lキングスターロードフィットの燃費が28.2km/Lだったそう。

ミライースということもあったんでしょうが、タイヤの違いだけでここまで燃費差が生まれるのは驚き。タイヤのエコ性能は「A-なんちゃら」とランク付けされてますが、ちょっと胡散臭い目で見てたものの結構信頼できそう。さすがエコピア!

ただ逆に両者の価格差を考えると、韓国製…というか中国製のタイヤも十分健闘してるレベル。コストパフォーマンスを重視するなら、中国製タイヤも選択肢に十分入りそう。

考えてみると、既にハンコックタイヤはダイハツの軽自動車には新着装着タイヤとして採用されているので、実力的にはそこまで劣るはずもない?実際、乗り心地やハンドリング性能も言うほど劣らないらしい。

この韓国のハンコックは発展途上国ではどんどんシェアを伸ばしてる。世界シェアでも7位。先進国よりも発展途上国の道路事情は悪いはずですから、そこで支持されてる事実の方が変に説得力があるのかも。韓国メーカーだとクムホタイヤ(KUMHO)も有名ですが、疲弊した中古タイヤを使用するよりかはマシと言えそう。

ブレーキはちゃんときくの?

でも個人的に燃費より大事なのは、安全性。しっかりブレーキをかけて止まってくれるのかということ。前述のベストカーさんの記事では、キングスターロードフィットの方が制動距離が長かったように感じられたそう。

例えばウェットグリップ性能。特に、雨の日でどれだけブレーキが効くのか。
ブリヂストンタイヤ ウェットグリップ性能
ニューモデルマガジンX8月号
こちらは中国製タイヤではないですが、同じブリヂストン製タイヤでもここまで制動距離に差が生まれることもある。左が最高級のエコピアEP001S、右がネクストリーというエントリーブランドにあたる平凡なタイヤ。

先程も書きましたが、ここまで違いを見せつけられるとタイヤ性能の指標は意外にも信憑性があると痛感。お手盛りでやってんのかと思ってましたが。

ブリヂストンタイヤ ウェットグリップ性能2
ニューモデルマガジンX8月号
他にもタイヤ溝がないだけで、水深1cmの水たまりもハンドルが取られて危ない状況に陥る(画像下)。何故ならタイヤの溝がないと、それだけうまいこと排水できない。昔自動車教習所でハイドロプレーニング現象とか習いましたけど、多分そんなんと同じ状況になってるんだと思います。

だから中国製や韓国製とかに関わらず、やはりタイヤを「安かろう」だけで選ぶのは怖い。自動車が止まる進むという肝心の部分だから、タイヤはある意味生死に直結する部分。そこにはある程度お金をかけないと精神衛生上もよろしくない気はします。

【スポンサーリンク】