2015年7月10日金曜日

トヨタ新型カローラフィールダーの値引きは渋いのか?

トヨタ新型カローラフィールダーが今年3月にマイナーチェンジして、そろそろ三ヶ月。自動ブレーキ・セーフティーセンスCが搭載されるなどした効果が現れたのか、今年6月の新車販売ランキングではとうとうアクアに次いで2位。これだけのランキング上位は久々?

そこでトヨタ・カローラフィールダーの値引き情報をまとめてみました。


値引き目安は18万円前後?

トヨタ カローラフィールダーの値引き情報1
月刊自家用車8月号
マイナーチェンジ直後ということでガードが堅いかと思いきや、カローラフィールダーの値引き目安は18万円前後っぽい。ただオプション装備の値引きも含んだ数字なので、車両本体からは10万円は超えないかも。

画像の上に少しチラッと写ってるカローラルミオンの値引き額が25万円前後ということで、決して新型車だからといってカローラフィールダーの値引きは渋くない印象。記事では「ガードが堅い売り方を展開中」とあるので、値引き交渉自体は粘り強く行う必要がありそう。

トヨタ カローラフィールダーの値引きは20万円超えも可能?
実際交渉を粘ることでカローラフィールダーから値引き額21万円を引き出せた方も。

ちなみに同時期にマイナーチェンジしたカローラアクシオの方が意外にも値引きが渋いそう。車両本体からは7~8万円前後の値引きがベースだそう。

競合車種は?

カローラフィールダーの競合車種としては、記事では意外にも新型オーリスが挙げられるそう。こちらもカローラフィールダーとほぼ同時期にマイナーチェンジ。新型オーリスには1.2Lターボエンジンが搭載されました。

ただターボエンジンのグレードは一番高価格なので、おそらくそれよりは下のグレードと競合させろ、ってことだと思います。他にも最近インプレッサスポーツもハイブリッド化されたこともあって、立派な競合車種になるそう。

トヨタ新型オーリスの値引き情報
ちなみにオーリスの値引きを見てみると、カローラフィールダーより更に渋め。基本的に8万円前後の値引きが標準ラインだそう。このオーリスの競合にスバル・レヴォーグやフォルクスワーゲン・ゴルフが入ってくるのに、カローラフィールダーが競合車種としては入ってこない?

考えてみると、オーリスもゴルフなども3ナンバー。カローラフィールダーは5ナンバーなので、何故そこに同じ5ナンバーであるホンダ・シャトルなどが入ってこない?…とは考えにくいので、シャトルなども競合させた方が無難でしょう。他にもオーリスが競合するなら、ホンダ・ジェイドも立派な競合車種になりそう。

それだけカローラフィールダーは3ナンバーワゴンと遜色ないほど魅力的な車種ということかも知れませんが、言うまでもなくカローラ店のみの発売なのでディーラーさん同士での競合はやや厳しめ。雑誌などでは経営が異なるカローラ店を攻めるべし!とあるんですが、一般的にはなかなか分かりづらい部分でもある上に、そこから更に引き出せる値引きも知れてると思うので余程のチャレンジャーさん以外は…って感じでしょうか。

車両本体からは5~10万程度の値引き、他はメーカーオプションで値引き額を積みまして20万円に近づけていく感じがベター?

【スポンサーリンク】

0 件のコメント:

コメントを投稿