スポンサーリンク

2015年4月6日月曜日

ACCとクルーズコントロールの違いとは?

自動車の安全装備に関して、最近聞かれる言葉が「ACC(アダプティブクルーズコントロール)」。主に高速道路上で速度を一定に保ってくれるという機能がウリ。

でも確か「クルーズコントロール(いわゆるクルコン)」も車の速度を一定に保ってくる機能だったはず。正式名称でもほぼ似たような名前の二つ。じゃあこれらの違いはどこだろう?

そこでACCとクルーズコントロールの違いを2点まとめた。

車間距離を保ってくれるか

まず一つ目が「前方車両との車間距離」を自動的に保ってくれるか否かということ。

あくまでクルーズコントロールは、自分の車両の速度を一定に保ってくれるだけ。でもACCではミリ波レーダーといった電波を利用して、前方車両との距離を考慮しながら「一定の速度と一定の距離」を保ってくれる。

ブレーキ制御が伴っているか

そして二点目は、「自動ブレーキ制御」が伴ってるか伴っていないか。

ACCではミリ波レーダーなどを使用するということで、当然自動ブレーキやブレーキ制御といった機能もある。場合によっては車線の飛び出しを防止する機能が付いてることもある。

クルコンは事故を防がない

だから、ただのクルーズコントロールは速度を保つだけ。ACCはそこへミリ波レーダーといった装置がプラスされるので、車間距離の維持やブレーキ制御といった機能も加わる。ACCはそれだけ大きな交通事故を予防してくれる可能性が高い。

確かに、クルーズコントロールは長距離ドライブの疲労を軽減してくれますが、交通事故予防という観点では直接的な貢献度は薄いと言っても構わないと思う。この差は大きいはず。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿