2015年4月3日金曜日

アウディのエイプリルフールネタが笑えるwww

今更ですがエイプリルフールネタ。この時期になると色んな企業さんがエイプリルフールネタを投下。そこで車メーカーに限ってですが、結構笑ったネタがあった。

それがAudi。


アウディ

アウディ エイプリルフール ご飯
まさかの炊飯ジャー付きのA8を販売。その名も「A8 5.5」。ご飯だけに5?

ご飯がムダにホカホカで、このミスマッチ感に爆笑してしまった。きっと車内の臭いがえげつないことになるだろうなと。

しかもよく見ると、地味にシートを畳風に仕上げてるのが憎らしい。あと「特製しゃもじ」をプレゼントしてくれるという設定なんですが、い、い、イラネー(笑)

メルセデスベンツ

続いて面白かったのが、メルセデスベンツ。AMGブランドが商用車分野に進出したというネタ。

メルセデスベンツ エイプリルフール
だ、だ、ダセー。

ただベース車両は「スプリンター」という商用車。つまり、ほぼ同じデザインの自動車がメルセデスベンツから発売されてる。日本では販売中止されてるっぽいですが、ヨーロッパだと割りと人気。だから「ダセー」とか言っちゃうと結構失礼。

このジョーク『メルセデス-AMG スプリンター63 S』の設定的には、4.0Lツインターボエンジンで最高出力が500馬力以上。まさに化け物。

ただ全高がこれだけ高いにも関わらず、「AMGチューンのスポーツサスペンションが、コーナーを撃破する」と説明してるベンツがヤバイ。絶対横転事故しかしない(笑)

もう少しネタを煮詰めるなら、「起き上がり小法師のように横転してもすぐまた立ち上がる、最先端の安全機能も完備」してると謳ってれば、更に良かったかもしれない。

フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンは若干はっちゃけ過ぎ。

フォルクスワーゲン エイプリルフール
Bus(バス)とBathtub(浴槽)をかけちゃった。日野自動車あたりが小さいトラック競技場を乗せた、トラックを開発した的なノリでしょうか。ただ日本だとフォルクスワーゲンはバスを製造販売してるイメージが少ないので、あまりドカンとは来なかった。

BMW

続いてBMW。これが結構オシャレで良かった。
BMW MINI エイプリルフール
8ビットモデル風のMINIという設定で、ボタンひとつで分解したりがったりしたりするのが可能。そして8ビットカラーの最大256色を用意したという、分かる人しか分からないネタ。1980年代前半に家庭用ゲーム機でヒットした「パックマン」とかけてある。

ちなみに「i3」がアマゾンで購入できるようになったニュースはガチ。

NISSAN

国産の自動車メーカーさんはエイプリルフールネタには参加してないのかなーと思ったら、日産が参加してた模様。それが企業にとって一番大事なロゴをイジって、NISSANならぬ「NISSEN」。ちなみに通販会社。どちらかと言えば、女性向けの商品が多いらしいので個人的にはあまりピンと来なかった。

エイプリルフールネタは結構外しちゃうと炎上しちゃいがちですが、Audiのご飯ネタには笑わせてもらいました。

【スポンサーリンク】

0 件のコメント:

コメントを投稿