2015年4月22日水曜日

スバル アイサイトが国内累計販売30万台を超えちゃった件

富士重工業が販売する先進運転支援システム「アイサイト」搭載モデルの国内累計販売台数が、2015年3月末時点で30万台を達成しました。
http://www.fhi.co.jp/news/15_04_07/15_04_20_115277.html
SUBARUのアイサイト搭載車が国内で累計30万台を突破したらしい。先日レヴォーグが一部改良してEyeSight3が更に進化しましたが、これからますますアイサイトの販売台数が順調に伸びていくはず。


EyeSight搭載比率85%

そこで詳細をさらに見てみると、なんと販売されたスバル車の85%がEyeSightを搭載してたそう。昨年2014年のスバル車全体の販売台数を見ると、約17万台。その85%ということは、およそ14万台強のSUBARU車が既にアイサイトを搭載してることになる。

もうここまで比率が高いと、逆に残りの15%のスバリストは何故アイサイトを選ばなかったんだ!?と逆に問い詰めたくなるぐらい(;´∀`)笑

レーンキーピングアシスト機能などアイサイト3ではかなり安全性が高まった。でもその機能を体感するのはなかなか難しいのでどうなんだろう…と思ってたら、実は高速道路を走る試乗イベントを全国でSUBARUは開催してるそう。そういった体感企画も功を奏したと言える。

そろそろ大型連休(ゴールデンウィーク)も始まるということで、アイサイトの体感イベントに行く人もいたりして?

【スポンサーリンク】

0 件のコメント:

コメントを投稿