スポンサーリンク

2014年10月2日木曜日

ダイハツ タンカス特別仕様車のブルーLEDがカッコイイ!

ダイハツは、2014年上半期(1月~6月)の登録車を含めた新車販売台数で軽乗用車「 タント 」が No.1 になったことを記念して、「タント カスタム」に特別仕様車「トップエディションSA」を設定し、10月1日から発売する。
http://autoc-one.jp/news/1918253/
フルモデルチェンジから1年を前に、ダイハツ・タントカスタムの特別仕様車が発売。さっそくトヨエツと菅野美穂の新CMも流れてる。特別仕様車ってことで、シートの質感が高まったりいろいろお得な装備も追加されてる。

今回はそういう細かい部分は置いといて、何よりフロントグリルのブルーLEDの装飾がカッコイイ!


アップにすると更に壮観。あと今更ながら気付きましたが、ダイハツのロゴマークは頭文字の「D」を表してたんですね。

素のタントも高級感アップ?


素のタントも、新たに内装の質感を高めてくるオプション「ブラックインテリアパック」が追加。全体的に「高級感」をアップさせてきた改良な模様。ダイハツに限らず、新車販売が落ち込んでるので一台あたりの利益を上げようってことかも。

そんな状況でもただでさえ売れてるタントですが、どこまで販売台数を上積みできるんでしょうか。そういえば10月にタントがマイナーチェンジするとかウワサがあった気がしましたが、おそらくこのことだったのかな。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】