スポンサーリンク

2014年10月17日金曜日

VWポロとゴルフ 8つの違い 燃費などまるわかり比較

フォルクスワーゲンが絶好調。先月9月の販売台数は、6588台。9月単月では過去最高。この理由は、8月にフルモデルチェンジしたポロが牽引役だとか。

ただフォルクスワーゲンと言えば、ゴルフという車種も有名。昨年の日本カー・オブ・ザ・イヤーでBEST1に選ばれましたが、意外にポロとの違いが分かってない。実際、画像(左ゴルフ右ポロ)を見ても、ほぼ同じにしか思えない。

そこで見た目や燃費など8つのポイントで比較してみた。



5ナンバーか3ナンバーかの違い

まずは車体サイズ。ポロは廉価グレード「TSI Comfortline」、ゴルフも廉価グレード「TSI Trendline」同士で比較。

ポロのボディーサイズは、3,995mm×1,685mm×1,460mm(全長×全幅×全高)。ゴルフのボディーサイズは、4,265×1,800×1,460(全長×全幅×全高)。ゴルフの方がやや大きい。

これを言い換えると、全幅1700mm未満のポロが5ナンバー、1700mm以上のゴルフが3ナンバー。税金面ではポロの方がやや有利かも。だから5ナンバーを3ナンバーを論じる時、ゴルフとポロを例えに考えるのが一番分かりやすいかも。

横から見てみると、こんな感じ。左がゴルフ、右がポロ。ポロの方がよりコンパクトカーに近い。ただ見た目による差は、あまり大きくないのが正直な感想。

内装の比較

そして内装を見てもあまり大きな差は感じませんが、気持ちややゴルフの方が質感が高め。左がゴルフ、右がポロ。

エンジンパワー比較

ポロ「TSI Comfortline」の排気量1200ccの、ターボエンジン。最高出力が90PS/4,400~5,400rpmで、最大トルクが160N・m/1,400~3,500rpm

ゴルフ「TSI Trendline」の同じく排気量1200ccの、ターボエンジン。最高出力が105PS/4,500~5,500rpmで、最大トルクが175N・m/1,400~4,000rpm

パワーユニットではゴルフの方が優れてる。15馬力ほど最高出力が高く、トルクも15N・mほど太い。

ちなみに上位グレードの排気量は、どちらも1400cc。

最近発売されたポロ「BlueGT」は、最高出力150PS/5,000~6,000rpm。最大トルク250N・m/1,500~3,500rpm。ゴルフ「TSI Highline」は、最高出力140PS/4,500~6,000rpm、最大トルク250N・m/1,500~3,500rpm

こちらはややポロの方が優れてる?

燃費の違い

ポロ「TSI Comfortline」の燃費は、リッター22.2km。ゴルフ「TSI Trendline」の燃費は、リッター21.0km。ポロの方が燃費は優れてる。

ただポロの車重が1,130kgで、燃料タンク容量が45L。一方ゴルフの車重は1,240kg、燃料タンク容量が50L。この差を考慮すると、決してゴルフのカタログ燃費の数値が悪いとは言い切れない

ちなみに上位グレードのポロ「BlueGT」の燃費は、リッター21.5km。ゴルフ「TSI Highline」の燃費は、リッター19.9km。どちらもなかなか優秀な数値。

価格の違い

ポロ「TSI Comfortline」の価格が223.9万円

ゴルフ「TSI Trendline」の価格が258.7万円

廉価グレードでは、ポロよりゴルフの方が35万円ほど割高。他のグレードでも同じく、ゴルフの方がややお高め。ゴルフの上級グレードになると余裕で300万円超え。

だから少し関係ないけど、メルセデスベンツGLAクラスなんかは300万円台から購入できるので、絶妙な価格設定だと改めて思った。

イメージキャラクターから見る購買層の違い

新型ポロのCMでは、榮倉奈々が採用。ゴルフは元女子アナ・政井マヤと俳優・前川泰之の夫妻に変更。少し前はサザンオールスターズだった。

「ポロはオーナーの2人に1人が女性」とフォルクスワーゲンも公言してるぐらいなので、どちらかと言えば働く女性向け。一方ゴルフはファミリー層or男性向けといった印象。

スポーティーモデルの違い

ポロにもゴルフにもスポーティーモデルが用意されてる。それがGTIというモデル。

ゴルフGTIは2000ccのターボエンジン。最高出力が220PS/4,500~6,200rpm。最大トルクが350N・m/1,500‐4,400。燃費がリッター15.9km。

そしてポロGTIはと言えば、現在開催のパリモーターショーで新型が初公開。それを見ると1800ccのTSIエンジン。最高出力が192PS/5,400~6,200rpm(7速DSG)。最大トルクは250N・m/1,300~5,400rpm(7速DSG。燃費はリッター21.5kmとかなり優秀。



あれぐらいの車体サイズでこれだけ馬力があれば、かなり楽しそうな走りを提供してくれそう。

自動ブレーキの違い

自動ブレーキ(シティエマージェンシーブレーキ)はポロもゴルフも標準搭載。

ただポロは赤外線レーザータイプ、ゴルフはステレオカメラタイプ。後者のゴルフのステレオカメラの方が性能が良く、車線を超えそうになると警告してくれる。他にも合計9つのエアバッグが標準装備されていたり、安全装備が充実してる。

輸入車ということでややお高めですが、高張力鋼のハイテン材もふんだんに使われていたりして、かなり安全性能が高いボディー。ポロもゴルフも「価格相応」のクオリティー。

まとめ

冒頭に貼った画像を見る限りは「ほぼ同じ」としか思えませんが、具体的に見ると結構違う。

ゴルフの方が車体サイズが大きくて、エンジンもパワフル。ポロはやや性能は落ちますが、ターゲットの女性が一人乗る分には全然問題ない。ポロは「軽自動車はちょっと…日本のコンパクトカーも安っぽいし…」という社会人女性の心をちょうどくすぐってくれる。

逆に言うと、ゴルフは全世代がターゲットになってる印象。だから、その分だけ実用面でも優れてそう。実際、ゴルフの方が販売台数でも上。というか、ゴルフはトヨタ・カローラに迫るぐらい世界的な量産車で、生産台数でも世界二位。まさに「世界の大衆車ゴルフ」。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】