スポンサーリンク

2017年3月6日月曜日

【2017】新型ワゴンR vs N-WGN 徹底比較まとめ【2018】

新型ワゴンRが2017年2月に発売されました。そこから数年前の2013年11月に発売されたのが、ホンダ・N-WGN(Nワゴン)。軽自動車販売ではほぼ空気だったホンダが満を持して発売した車種の一つ。

ワゴンRスティングレー Nワゴンカスタム 画像比較
カートップ4月号
そこで自動車雑誌「カートップ」さんの新型ワゴンRスティングレーとN-WGNカスタムの比較記事を参考に、どちらがおすすめの軽自動車なのか比較してみました。果たしてワゴンR、N-WGNのどっちがお買い得なんでしょうかッッ?!購入する時の参考にしてください。



新型ワゴンRとNワゴンの見た目比較


まず改めて両者の見た目を比較しておくと、やはり新型ワゴンRスティングレーのインパクト感が際立ちます。縦長ヘッドライトは意外とありそうでなかったデザインで悪くない。Nワゴンカスタムは決してダサくないものの、良くも悪くもオーソドックス。ハッキリとは甲乙付けがたい。

ただノーマルグレード同士で比較するなら、Nワゴンのデザインがベターチョイス。新型ワゴンRのノーマルグレードは下手に奇抜すぎる。でも逆に言うとノーマルとカスタムに見た目の違いがあまりなく、やはりN-WGNだとカスタム系を敢えて選択するメリットは少なそう。

【スポンサーリンク】



内装インパネの質感の比較


続いて新型ワゴンRとN-WGNの内装の質感を比較。画像左がワゴンRスティングレー、右がN-WGNカスタムになります。

ワゴンRスティングレー Nワゴンカスタム 内装インパネ 比較
カートップ4月号
どっちも質感的には良好。コンパクトカーの内装と比較しても遜色ないレベルでしょう。N-WGNは2013年に発売されてることを考えたら、新型ワゴンRに十分健闘してると言えます。

あえて優劣を付けるとしたら、新型ワゴンRはセンターメーターを採用したり、Aピラーの細さや三角窓の大きさなど視界性の良さではN-WGNを超えてるのかなと思います。収納力という点でもハンドル奥側のトレイの追加など、新型ワゴンRにやや分がありそう。

ワゴンRスティングレー Nワゴンカスタム 収納力 比較
左:ワゴンR、右:N-WGN カートップ4月号
ただ逆に新型ワゴンRはスマートフォンの置き場所がドアアームレストのポケットぐらいしか見当たらないのは気になるか。運転中スマホ肘が当たることはないでしょうが、運転席に座った状態でスマホを取り出すのは少し不便かも。

N-WGNは決してスマホの置き場所に特化したわけではありませんが、インパネ中央のセンタートレイは幅広い用途に使えそう。ただ中途半端にトレイが大きいので、運転中は前後左右にスマホが動きそう。そう考えたら新型ワゴンRのドアポケットはそこまで悪くないのか。

だから内装やインパネの質感や使い勝手では、どっちもほぼ互角と結論付けておきます。

【スポンサーリンク】



後席シートといった室内空間の比較


続いて室内空間の比較。新型ワゴンRとN-WGNのどっちが広いのか。やはり画像左が新型ワゴンR、右がN-WGNになります。

ワゴンRスティングレー Nワゴンカスタム 室内空間 比較
左:ワゴンR、右:N-WGN カートップ4月号
結論から書くと、どっちも室内空間はかなり広い。新型ワゴンRもN-WGNもかなりニースペースに余裕があることが伺えます。

具体的には身長160cm前後の方であれば、膝前スペースは新型ワゴンRが37cmに対して、N-WGNが35cm。頭上スペースも新型ワゴンRが21cmに対して、N-WGNが22cm。身長170cm前後の方であれば、およそ握りこぶし3つ分程度のニースペースを確保するとのこと。

先代ワゴンRがN-WGNより後塵を拝してたことを考えたら、今冬のフルモデルチェンジでワゴンRはかなり進化したと言えます。センタータンクレイアウトのような飛び道具がなくても、しっかりここまで室内の広さを確保できるらしい。

【スポンサーリンク】



でも居住性や乗降性では新型ワゴンRか?


ただ居住性を考えてまで比較すると、一長一短。

例えば後席シートであれば、N-WGNはシート下のトレイが邪魔。ホンダ的にはそこに傘などを置くことを想定してるようですが、トレイが巨大すぎる故に足カカトを後ろにやれない。だからといって、トレイそのものを動かせるわけでもなく不便。

また乗降性に関しても、新型ワゴンRの方が開口部が広く、またシート位置が適切に高いのでN-WGNより乗り降りしやすい。頭上スペースこそN-WGNが少し上回ってるものの、その分だけシート位置が低いからかも知れない。

でも運転席シートに関しては、新型ワゴンRの背もたれがN-WGNのよりもややホールド性に劣る。だから居住性なども含めた室内の広さを評価すると、運転席シートであればN-WGN、後席シートであれば新型ワゴンRに軍配といったところか。

ちなみに前述の内装面では触れてませんが、新型ワゴンRにはドア内側に傘置き用のアンブレラホルダーなるものが新たに設置。N-WGNと違って立てかけておけるので邪魔にならず、排水口が用意されてるので水をしっかり排出可能。

逆にN-WGNの傘置きトレイは水抜き不可。N-WGNが2013年に発売された当初、自分は「雨水でグチャグチャになるだけじゃね?」とツッコミを入れた記憶がありますが、その弱点をスズキはしっかりカバーしてきたカタチ。


【スポンサーリンク】



荷室ラゲッジスペースはどっちが広いのか?


続いて荷室ラゲッジスペースはどっちが広いのか、使い勝手が良いのか。画像上が新型ワゴンR、下がN-WGNになります。

ワゴンRスティングレー Nワゴンカスタム 荷室の広さ 比較
上:ワゴンR、下:N-WGN カートップ4月号
結論から書くと、どっちも荷室スペースは良い勝負。後席シートを一番後ろにもっていった状態では、N-WGNの荷室奥行きが優位。一方、荷室幅では新型ワゴンRの方が有利。甲乙はつけがたい

ただ後席シートのアレンジ性まで含めると、荷室の使い勝手では新型ワゴンRがN-WGNを圧倒

まずN-WGNは左右分割で後席シートを倒すことができない。更に後席シートを折りたたんだ状態では、新型ワゴンRはほぼ完全なフルフラット状態なのに対して、N-WGNは傾きが見られる。つまり最大荷室長で比較すると、N-WGNは新型ワゴンRに負けます。

またN-WGNの荷室はベビーカーを積みこめる。でも新型ワゴンRもアンダーボックスを装備することで、ベビーカーを縦積みできるようになった。N-WGNの優位性が相対的に減ったことなどを考えると、荷室ラゲッジのトータルの比較では新型ワゴンRに軍配を上げたいと思います。

【スポンサーリンク】



走りや乗り心地は新型ワゴンRが面目躍如!

続いて走りの比較。既に新型ワゴンRの試乗まとめは記事化してますが、果たして走りに定評があったN-WGNと比較してどっちが上回るのか?結論から書いておくと、新型ワゴンRがN-WGNを圧倒

カートップ4月号
カートップさんの比較記事では「乗り心地、ロードノイズの圧倒的な小ささを含む静粛性など、全体的な走りの上質感ではクラス最新のスティングレーが圧倒」とフラットライドな乗り心地が絶賛気味。

カートップ4月号
一方ですがターボエンジンの痛快な回転フィールは重厚な走りを実現してるものの、N-WGNは「路面の凹凸を拾いやすく、フラット感ではライバルに譲る」とのこと。

Nワゴンは低重心な走りが魅力でしたが、新型ワゴンRの剛性感の高さやしなやかな足回り、静粛性の高さや操舵フィーリングなどトータルでは後塵を拝する模様。まさに評価が一転。

また新型ワゴンRはマイルドハイブリッドモデルが用意されてる。実燃費という点でもN-WGNより安定して低燃費を叩き出すはず。価格もワゴンRハイブリッドもN-WGNもほぼ同じで差がないため、走りや維持費の点では新型ワゴンRを選ばない理由がないでしょう。

【スポンサーリンク】




自動ブレーキや安全性能は新型ワゴンRが圧倒!


ラストは自動ブレーキや安全性能の比較。

結論から書くと、新型ワゴンRの自動ブレーキが圧倒。歩行者相手でもしっかり停止することが可能。軽自動車の中ではかなり優秀な部類の自動ブレーキ。またワゴンRスティングレーに限ると、自動的にハイビームとロービームも切り替えてくれる機能まで装備。

一方、N-WGNの自動ブレーキは性能的にはダメダメ。歩行者を認識すらできない古いタイプの自動ブレーキを搭載してる。正直ワゴンRとは勝負にすらならないレベルの違いがあります。

そして衝突安全性の比較ではどうなるのか。

残念ながらノーマルグレードのワゴンRにはオプション設定もありませんが、新型ワゴンRスティングレーにはサイドカーテンエアバッグが標準装備されてる。一方、N-WGNはノーマルカスタム問わず、サイドカーテンエアバッグがオプション装備で用意されてる。

標準装備とオプション装備の差こそあれど車体の強固さはどちらも優秀であり、衝突安全性に関してはワゴンRもN-WGNもほぼ互角と言っていいでしょう。

【スポンサーリンク】




新型ワゴンRとNワゴンの比較まとめ


ということで以上長々と比較してきましたが、やはり最新モデルということで新型ワゴンRがN-WGNを全般的に圧倒。ヘッドアップディスプレイといった先進装備も、走りの良さに貢献してくれるはず。

普通は性能が向上すれば価格も上昇するものの、新型ワゴンRはほぼ据え置き価格を維持。だから高性能なマイルドハイブリッドを選択しても、新型ワゴンRは金額的なデメリットがほとんどないのがおすすめ。

でもデザインに関しては、N-WGNの方が良い意味でオーソドックス。性能に関しても高いレベルで標準的なので、多くの人にとってN-WGNは無難に選びやすいでしょう。逆に、新型ワゴンRはどのグレードも人を選ぶデザインをしてるのがややネック。

ただNワゴンも2018年2019年頃にフルモデルチェンジする可能性が高く、また今回の比較評価も変わってくるに違いありません。ちなみに「新型ワゴンR vs ムーヴ」は既に比較済みなので、興味があればどうぞご覧ください。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿