2017年3月1日水曜日

【新型速報】日産シルビアが東京モーターショーで15年ぶりに復活へ!!?

日産シルビア 2017年にも復活か?
カートップ4月号
かつて一世風靡した日産自動車のライトウェイトFRスポーツといえば、シルビア。このシルビアが長い時間を経て今年2017年にも復活するのではないかとのウワサ。

そこで復活シルビアの最新情報について簡単にまとめてみました。ただ現時点ではまだまだやはりマユツバな部分も多く、基本的には流し読み推奨です。



新型シルビアの発売時期は2018年以降か?


新型シルビアが初めて発表される時期は、今年2017年秋頃の東京モーターショーに出品されるのではないかともっぱらのウワサ。仮に復活シルビアが出品されるとしても、あくまでそれは発表時期。

もしシルビアが復活販売されるとしても、もう少し遅れて発売時期は2018年をまたぐ可能性がありそう。ちなみにシルビアという名前になるかはさておき、東京モーターショーでは日産自動車がライトウェイトスポーツを投入する可能性は高そうとのこと。


【スポンサーリンク】




やっぱり中身はメルセデスベンツ製に仕上がる?


カートップ4月号
改めて復活シルビアの予想画像を貼っておくと、やはり引き続き2ドアを採用したクーペスポーツになるらしい。ただカートップさん予想ではフロントマスクが大人しめですが、マガジンXさんのシルビア復活情報では「Vモーショングリルがもっとギラギラ」しているらしい。

近年の日産自動車のデザインを考えると、ましてやシルビアはクーペスポーツというジャンルであることを考えたら、こんな控えめのV字グリルを採用するかは確かに疑問が残ります。

続いて復活シルビアの中身。会長職に退いたとはいえケチケチ路線のゴーンイズムは日産全体に継承されているため、シルビア向けのコンパクト専用FRプラットフォームは残念ながら開発されず。

そこで日産自動車と協業してる、メルセデスベンツCクラスに用いられてるMRAプラットフォームをシルビアに流用するのではないかとの見立て。そう仮定したら、シルビアのエンジンはスカイラインと同様にダイムラー製の2000ccターボエンジンが流用されるはず。

だから復活シルビアは「メルセデスベンツ製スカイラインの小さい版」と考えるのが早い?

スカイラインの価格帯が400~500万円ですから、この復活シルビアの価格は300万円前後から購入したいところ。もし価格帯が300万円を切ることができたら、シルビアはトヨタ・86の強力なライバルになりそうです。果たして復活するのでしょうか?

【スポンサーリンク】

0 件のコメント:

コメントを投稿