2017年3月8日水曜日

【2018】次期マーチはフルモデルチェンジせず消滅へ!?しかもノートとまさかの統合か!?【最新情報まとめ】

日産 新型 マーチ フルモデルチェンジ最新情報
ニューモデルマガジンX5月号
2010年7月に登場した日産・マーチ。現行モデルは発売から既に6年以上経過。そろそろフルモデルチェンジがあってもおかしくないと思っていたら、とうとうフルモデルチェンジする時期がやって来たらしい!!

そこで新型マーチのフルモデルチェンジ最新情報を軽くまとめてみた。2016年3月に作ったフルモデルチェンジ記事ですが、実は次期型マーチが消滅する危機にあるってことで情報を追記しました。



【スポンサーリンク】



次期マーチのプラットフォームはルーテシアに追随


まずフルモデルチェンジ情報といえば、やはりプラットフォーム。自動車の根幹部分。

結論から書くと、新型マーチは日産ルノーの新しいBセグメント専用プラットフォーム「CMF(コモンモジュールファミリ)」が採用されます。この新型プラットフォームは既にルノー・ルーテシア(海外名クリオ)に使われていて、シャシー性能が高いと評判。マーチと同じく近々フルモデルチェンジ予定の次期ジュークにも採用されます。

そして新型マーチの車体スペックは3999×1743×1455mm(全長×全幅×全高)。現行マーチと比較すると全長が+174mm、全幅が+77mm拡大、一方で全高は-55mm減少。ちなみにホイールベースは+75mm伸長して2525mm。

何故次期マーチが全長4メートルギリギリに留めてるのは、インドの税制だと4メートルを超えると税負担が重くなるから。次期マーチは日本より海外での展開に重きが置かれてることが車体スペックからも読み取れます。

またフルモデルチェンジに伴ってタイで生産されていたマーチは、次期型以降はフランスに生産が移管されます。「made in French」とは何とも甘美な響きではありませんか(;´Д`)ハァハァ

【スポンサーリンク】




次期マーチのカタログ燃費はリッター25km/Lにアップ?


新型マーチのエンジンは三種類。フルモデルチェンジ後はかなりダウンサイジングされてる。

0.9L 直3ターボエンジンは最高出力が90PS、最大トルクが140Nmを発生。1.0L 直3NAエンジンは最高出力が73PS、最大トルクが95Nmを発生。1.5L 直4ディーゼルターボエンジンは最高出力が90PS、最大トルクが220Nmを発生します。

一部自動車雑誌のフルモデルチェンジ情報で予想されていたように、プラットフォームと同様にルノー・ルーテシア(海外名クリオ)に搭載されている0.9L直3ターボが次期マーチに設定されました。ただ日本人から見ると、かなりクセがあるエンジンラインナップに思えます。

ベストカーさんのフルモデルチェンジ情報だと、次期型マーチのカタログ燃費はリッター25キロ前後になるとのこと。ただルーテシアのカタログ燃費を参考にする限り、新型マーチが何の飛び道具もなく20km/L半ばを達成するのはしんどいか。

【スポンサーリンク】




とりあえず新型マーチはかっこいい!

冒頭では次期マーチのテストカーを貼りましたが、既に2016年9月のパリモーターショーで新型マーチは登場済み。結論から書くと、あのダサかったマーチは見る影もありません(笑)

この時期マーチを見るとサイドのプレスラインは意外と大胆。それに伴ってかウィンドウ下辺がクイッと上がり、ルーフラインも後ろ下がり気味。スズキ・ソリオなどのようにCピラーはブラックアウト化されるなど、フルモデルチェンジ後は流線型のクーペ風スタイルを強調付けている印象です。

新型マーチの特徴としては一見すると3ドアっぽく見えるんですが、リアドアハンドルがピラーに埋め込まれるタイプ。国産車だとホンダ・ヴェゼルが同じようなドアハンドルを採用していて、まさにシャレオツ。フルモデルチェンジ予定の次期スイフトも追随するなど、割りと最近再ブーム化してる模様。


次期マーチは2015年に登場したコンセプトカー「スウェイ(SWAY)」をほぼ踏襲されてます。当初スウェイは次期マーチではなく次期ジュークという話もありましたが、やはりマーチのフルモデルチェンジ版でした。

このスウェイは観音開きドアタイプだったので「新型マーチではピラーレスになる!?」というゆるい記事を書いたのは懐かしい思い出。

【スポンサーリンク】




新型マーチが日本国内でフルモデルチェンジされない意味


ただ以上長々とフルモデルチェンジ情報を書き綴ってきたわけですが、ここでまさかの残念すぎるお知らせを伝えなければいけません。壮絶なちゃぶ台返しをしますが怒らないでください。

カートップ4月号
それが次期型マーチはフルモデルチェンジせず消滅して、そのまま次期ノートとして発売される予定だから。 は?何を言ってるか分からない?おっしゃる通り。自分でも意味不明でした。

何故ならここまで書いてきたフルモデルチェンジ情報は、あくまで海外版マーチの「マイクラ」の話だから。マーチは海外だとマイクラという名前で発売されてることは割りと知られてると思うんですが、日産的にはマイクラとノートを近々統合させる予定らしい。

つまり今まで説明してきたフルモデルチェンジ情報は、実は次期マーチではなく次期ノートのものだった。

もう少し噛み砕いて説明すると、日産的には今後マイクラを「日本版マーチ」としてではなく「日本版ノート」という位置付けに置いて、コンパクトカーのラインナップも将来的にノート(マイクラ)とジュークの2車種に絞るつもりらしい。そう考えたらティーダを含めて、一体ノートは何車種吸収すんねんって話ですが(笑)

【スポンサーリンク】




次期マイクラにはe-POWERが搭載できない(笑)


ただこのまま行けば「新型マーチはフルモデルチェンジせず消滅」で終わる話なんですが、日産的には問題が新たに発生。

それが日産発のハイブリッド車・ノートe-POWERの人気が出てしまったこと。ノートe-POWERの試乗情報ノートe-POWER vs デミオディーゼルの比較記事を参照してもらうとして、じゃあ何故問題なのか?人気が出ることは素晴らしい話、次期ノートのフルモデルチェンジにも勢いが出るってもんです。

実は次期マイクラにはボンネットの形状からe-POWERのパワートレインが収められないことが発覚した。てっきりe-POWERは海外展開などを考えてるのかと思いきや、まさかの超絶的な凡ミス(笑)

つまり次期マイクラと次期ノートを統合した場合、せっかく人気が出たe-POWERモデルだけが販売できなくなる。だから日産の中の人はいろいろと揉めてるようで、現行マーチも2017年春にマイナーチェンジをして、しばらくは販売を存続させる模様。

とはいえ現状としては新型マイクラの発売日が2018年に予定してる状態。今から帳尻合わせするように新型車を開発するのも難しいはず。果たして新型マイクラがこれまで通り次期マーチとして発売されるのか、次期ノートとして発売されるのか、日産自動車はどういった選択を取るのでしょうか?

【スポンサーリンク】

0 件のコメント:

コメントを投稿