スポンサーリンク

2017年3月10日金曜日

【最新情報】次期スイフトスポーツ 1.4Lターボのスペックと発売日情報まとめ【新型車】

次期スイフトスポーツ 新型車 最新画像
マガジンX4月号
2017年2月にスズキ・スイフトが遅ればせながらフルモデルチェンジされました。 既に次期スイフトのフルモデルチェンジ済みですが、やはり気になるのは次期スイフトスポーツの存在と動向。次期スイスポの最大の注目点と言えば、ダウンサイジングターボが搭載されること。

果たして次期スイフトスポーツの発売日はいつなのか?搭載される予定の1.4Lターボエンジンのスペックはどんなもんなのか?簡単に次期スイフトスポーツに関する最新情報をまとめてみました。

もともと2015年9月に書いたかなり古い記事なので、新型スイスポの最新情報をベースに大幅ブラッシュアップさせました。




【スポンサーリンク】



次期スイフトスポーツの発売時期は2017年10月前後?


まず気になるのは、やはり次期スイフトスポーツの発売時期。果たしていつフルモデルチェンジするのか。

結論から書くと、次期スイフトスポーツの発売時期は2017年10月頃を予定してるとのこと。ノーマルスイフトの登場から8ヶ月程度後になるらしい。

これまでのスイスポの登場時期は、ノーマルスイフトのフルモデルチェンジから1年後ということが多かった。ただやはりノーマルスイフトのフルモデルチェンジが遅れたこともあって、少なくともこれまでより発売が早まります。

【スポンサーリンク】




1.4Lターボの最高出力は150PS超え?


続いて1.4L直4ブースタージェットターボエンジンのスペック。当初はベストカーさんの情報だと次期スイフトスポーツの最高出力は150PS、最大トルクも25.0kgmと予想されてました。

ただマガジンXさんなどの最新情報によると、次期スイフトスポーツに搭載される1.4Lターボの最高出力は140PS、最大トルクは22.4kgm。やはりレギュラーガソリンではなく、ハイオクガソリン仕様になります。

現行スイスポの1.6Lエンジンが最高出力136PS(100kW)/6900rpm、最大トルク16.3kgm(160Nm)/4400rpmってことを考えると、ダウンサイジングとはいえ大幅な進化と言えるでしょう。

ちなみに次期スイフトスポーツの変速機は「6速MT」と「6速AT」に変更されるらしい。現行スイスポは7速CVTですから、よりスポーティー仕様に変更されそう。当初はフルモデルチェンジでセミオートマ「AGS」の設定もウワサされていましたが、結果的に流れた模様。

ただ気になるのは6ATのセッティングがイマイチという試乗評価もあること。新型スイフトスポーツの発売前までに、是非スズキさんには最適なチューニングをして欲しいところ。

【スポンサーリンク】





次期スイフトスポーツのターボエンジンと他の輸入車を比べると?


◆フォルクスワーゲン・ポロの1.4Lターボが150PS/25.5kgm。
◆メルセデスベンツ・Aクラスの1.6Lターボが122PS/20.4kgm。
◆アウディ・A1の1.4Lターボが140PS/25.5kgm。
◆BMW・1シリーズ「118i」の1.6Lターボが136PS/22.4kgm。
 …「116i」の1.5Lターボが110PS/18.4kgm。
◆ジープ・レネゲードの1.4Lターボが140PS/23.5kgm。

ちなみに他の輸入車・外車の1.5L前後のダウンサイジングターボエンジンのスペックを並べると、こんな感じになります。

だから次期スイフトスポーツの1.4Lターボは、BMW・1シリーズとジープ・レネゲードとほぼ同等と数字上は予想できます。メルセデスベンツ・Aクラスなどよりは優秀なものの、フォルクスワーゲン・ポロよりはやや見劣りするレベル。ちなみに次期ポロはフルモデルチェンジで更なるダウンサイジングが図られる予定なので、将来的には次期スイスポが勝る可能性が高そう。

とはいえフルモデルチェンジを果たしたスイフトは、かなりの軽量ボディー。スイスポ専用のチューニングやダンパーを採用するとしても、そこから急激に重くなることは考えにくい。おそらく次期スイフトスポーツの車重は900kg前後に収まると予想できるので、少なくとも現行より走りを期待できるはずです。

ちなみに既に新型スイフトの試乗インプレッションは記事化済みなので、興味がある方は是非どうぞ。

【スポンサーリンク】




次期スイスポは3ナンバー化されるのか?


続いては次期スイフトスポーツの車体スペック。

ベストカー
当初はベストカーさんの情報だと3ナンバー化されるウワサもありましたが、ノーマルスイフトの車体がむしろ短縮化されてることから考えても、残念ながら答えとしては有り得ません。画像はバレーノと勘違いした情報。

出し惜しみしても仕方ないので結論から書くと、次期スイフトスポーツの車体サイズは3845×1695×1485mm(全長×全幅×全高)になるらしい。やはり現行スイスポより車体が小型化されます。ただノーマルスイフトは逆に室内空間が広がってるので、次期スイフトスポーツも基本的に実用性はアップするはず。

【スポンサーリンク】




新型スイフトスポーツの価格は200万超えか?


ラストは次期スイフトスポーツの価格。結論から書くと、残念ながら大幅な値上がり。

当初ベストカーさんの予想では「新型スイフトスポーツの価格は220万円」という情報がありましたが、最新のマガジンXさんの情報では「次期スイフトスポーツの価格は200万円前後」で販売されるとのこと。

最初を考えるとかなり値下がりした印象も受けますが、現行スイフトスポーツの価格は170万円台ってことを考えると20~30万円以上の値上がり。ノーマル新型スイフトからして、「RSt」や「ハイブリッドRS」の価格は170万円と現行スイスポ並。

割高な理由を考えてみると、やはり1.4Lターボエンジンの存在があるのかも。

現状この1.4Lターボが搭載されるのは、次期スイフトスポーツとヨーロッパで発売してる一部のスズキ車のみ。その開発・投資資金を回収しようと思ったら、やはり次期スイフトスポーツの価格を上げる以外ないのでしょう。考えてみると次期スイフトスポーツのように1.2Lダウンサイジングターボを搭載したトヨタ・オーリスの価格も割高です。

ということで今こそ中古のスイフトスポーツが買いと言える?

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

2 件のコメント:

  1. ベストカーはウソばかりだから、信用してはいけません。

    返信削除
  2. あれはバレーノの値段。

    返信削除