2017年5月17日水曜日

【2017】新型ワゴンR vs ハスラー 徹底比較まとめ【スズキの軽自動車の違い】

スズキを代表する軽自動車といえば、ワゴンR。つい先日2017年2月にフルモデルチェンジが行われました。新型ワゴンRの販売台数は出足としては微妙だとか、じゃないとか。

そこら辺はさておき先代ワゴンRをベースに作られた軽自動車SUVがハスラー。2014年に発売されて以来、未だに根強い人気を誇っています。ちなみに軽自動車SUVおすすめランキングも良かったらあとで御覧ください。

新型ワゴンR ハスラー 画像比較
左:ワゴンR、右:ハスラー
そこで今回は新型ワゴンRとハスラーを徹底比較したいと思います。新型ワゴンRはプラットフォームが刷新されたばかり。果たして現行ハスラーと何が違いがあるのか。是非クルマ選びの参考にしてください。



【スポンサーリンク】



ワゴンRとハスラーの見た目の違い


まずは見た目・エクステリアの違いを比較したいと思います。

新型ワゴンR ハスラー 写真比較
改めて冒頭の画像を貼ると、まさに似て非なる両者のワゴンRとハスラー。フェンダーアーチの樹脂モールなど、ハスラーはまさにSUVチックの出で立ち。それでいて丸目ヘッドライトは可愛らしく愛嬌があります。

一方、新型ワゴンRはヴェルファイアを模したと思しき二段式ヘッドライト。またBピラーも上から下部にかけて広がっていくデザイン。サイドのプレスラインも新型モデルで、より強調された雰囲気を受けます。

ちなみに新型ワゴンRは一種類だけではなく、今回のフルモデルチェンジから3種類に増えます。そこで右上のハスラーをそのままに全ワゴンRと合計4種類を比較してみました。自分の画像編集のヘタクソさはさておき、どれも個性的。悪く言えばカオス?(笑)

ただデザインに関してはハスラーに軍配を上げたいと思います。未だに売れ続けていることからも分かるように、本当に完成度の高いデザインだったことは証明されているのではないか。一方、新型ワゴンRは新しいデザインを試みようとして全部が中途半端に終わってる印象。

左下の新型ワゴンRスティングレーは縦型ヘッドライトは革新的。それ故に好みがハッキリ分かれたようですが、どうせならフロントグリルをミニバンのように上下に貫くぐらい大きくすべきでした。ギラギラしたメッキ感も少なすぎる。存在感を出すなら出す。悪目立ちだけしたデザイン。ノーマルワゴンRに関しても…うーん。

ハスラー特別仕様車J-STYLE
ハスラーのデザインに関しても物足りなさはなくはないんですが、一応「Jスタイル」といった特別仕様車も用意されています。例えばフロントグリルなど、こちらの特別仕様車はノーマルハスラーよりデザインが若干ブラッシュアップされてる印象。もしハスラーを購入するのであれば、装備品もお得な特別仕様車がおすすめか。

【スポンサーリンク】




内装の質感は新型ワゴンRがおすすめ?


続いては内装やインパネ周りを比較したいと思います。

新型ワゴンR ハスラー 内装インパネ 画像比較
上が新型ワゴンR、下がハスラー
デザインは個人の好みにも寄りますが、やはり発売されたばかりの新型ワゴンRの内装の方が質感は高め。ステアリングなどは全く軽自動車らしさが皆無。

また新型ワゴンRはダッシュボードの位置が下げられていることで、運転席や助手席で感じる圧迫感も弱め。車高が高いハスラーの見晴らしの良さに負けず劣らず。収納性の高さやセンターメーターで視線移動も少ないなど、内装の質感だけではなく実用面でも新型ワゴンRの方がおすすめと言えます。

ハスラーのオプション内装
ただハスラーの内装やインパネは画像のように車体カラーと合わせることが可能。ワゴンRにはこういったオプションが用意されていないので、好みと片付けたらそれまでですが一概に甲乙を付けるのは難しいか。

【スポンサーリンク】




室内空間や居住性に違いはあるのか?


続いて室内や荷室ラゲッジを比較したいと思います。軽自動車という限られた枠内の中で、新型ワゴンRとハスラーに大きな違いはあるんでしょうか?

結論から書くと、新型ワゴンRが少しだけ室内が広めになります。

新型ワゴンRはプラットフォームが刷新されたことで、ホイールベースが35mmほど伸びた。実際に室内空間が拡大されてる。既にダイハツ・ムーヴと新型ワゴンRを比較しましたが、同クラスの軽自動車の中でも新型ワゴンRの室内空間は広い。

逆に、ハスラーは先代ワゴンRの全高そのままで車高を高めたこともあって、頭上空間が犠牲になってる。ハスラーはデザイン的にもフロントノーズがある分、車体サイズが法律で決められた軽自動車の中では自ずと室内空間全体が犠牲になりがち。

とはいっても「拳半個分程度」の優位性ですが(身長170cm前後の人間が後席シートに乗り込んだ場合)、ワゴンRが有利な状況は新型モデルになっても変わらず、いやむしろハスラーとの差が拡大したカタチ。

またシートの乗り心地や座り心地も新型ワゴンRに軍配。ハスラーはやや乗り心地が硬め。だから総合的な居住性の良さや快適性でも、新型ワゴンRがハスラーよりもおすすめと結論付けられます。

【スポンサーリンク】




荷室も新型ワゴンRがおすすめ


続いて荷室ラゲッジスペースの比較。結論から書くと、やはり新型ワゴンRの荷室空間の方が広め

例えば荷室幅だと新型ワゴンRが105cmに対して、ハスラーは101cm。荷室奥行きに関しても1cmほど新型ワゴンRが長い。所詮は数cmの差ではあるものの、ハスラーの荷室の方がやや狭くなります。

新型ワゴンRの荷室ラゲッジ
個人的に特筆したいのが、新型ワゴンRの荷室開口部。画像を見たら分かるように、特に開口部幅が広い。新型ワゴンRはリアコンビランプを下に配置したことで、余計な出っ張りが消えた。

その結果、新型ワゴンRの開口部幅は118cmとハスラーの98cmを悠々と上回る。軽自動車に限らず、トヨタ・ルーミーやタンクといったコンパクトカーと比較しても、新型ワゴンRの開口部幅は他を圧倒してるのでおすすめ。

ただ開口部地上高に関しては、ハスラーが66cmに対して、新型ワゴンRは70cmとハスラーが若干有利な結果になっています。


自動ブレーキはハスラーがおすすめだが…


続いて自動ブレーキの比較。同じスズキの軽自動車ということで違いがないかと思いきや、システムそのものが違います。

新型ワゴンRの自動ブレーキは「単眼カメラ+赤外線レーザー方式」。一方のハスラーの自動ブレーキは「ステレオカメラ方式」。個人的にハスラーのステレオカメラ式のを普及させていくんだと思ってましたが、価格や自動ブレーキを設置する場所の関係もあってか、今後のスズキの軽自動車は前者が主流になっていく模様。

じゃあ、どっちの性能が上なのか?

結論から書くと、ハスラーの自動ブレーキに軍配が上がります。例えば前方衝突回避機能はハスラーだと「自車速度が5~100km/h」で作動するのに対して、新型ワゴンRは「自車速度が15~80km/h」と見劣りします。歩行者に対する衝突回避機能は更に落ちます。

しかもハスラーの場合は、自動ブレーキが標準装備(廉価グレード除く)。そういった点からも安全性能の高さではハスラーに軍配を上げたいと思います。とはいえ新型ワゴンRの自動ブレーキは、スズキ以外の軽自動車やコンパクトカーと比較しても基本性能は高い部類に入ることを付け加えておきます。

ちなみに新型ワゴンRの自動ブレーキにはハイビームアシスト機能が搭載されているのは、ハスラーにはないメリットです。自動ローハイビーム機能はカメラ機能だけでは難しいのか。また新型ワゴンRの自動ブレーキ(セーフティーパッケージ)を選択すると、自動的にヘッドアップディスプレイが付くのおすすめ。

【スポンサーリンク】




走りや実燃費ではどっちが優秀か


既に新型ワゴンRの試乗インプレッションはまとめてますが、最後は走りや動力性能、燃費性能を比較したいと思います。

結論から書くと、やはりプラットフォーム(ハーテクト)が一新された新型ワゴンRに走りの比較では軍配を上げたいと思います。車体の剛性が高いため、軽自動車の中でもトップクラスの走りを実現してる。

ワゴンRスティングレーは前後にスタビライザーが装着されてるのに対して、ハスラーはスタビライザーは前方のみ。あくまでどっちも上級モデルに限りますが、カーブ走行などハンドリング性能はハスラーより高い。

またハスラーはSUVテイストなデザインもあって、そもそも重心が高くて走りの面では不利に働いてる。前述の乗り心地の硬さなど総合的に勘案すると、やはり新型ワゴンRがハスラーを上回ります。

燃費性能や維持費に関しては新型ワゴンRに軍配。今冬のフルモデルチェンジで、新型ワゴンRのハイブリッドシステム「Sエネチャージ」が進化。先代ワゴンRよりもバッテリー容量が増え、ハスラーよりモーター出力も引き上げられてパワーアップした。それだけガソリン消費量を抑えることが可能。

とはいっても軽自動車レベルの話なので期待は禁物ですが、特にストップアンドゴーの機会が多い市街地燃費ではハスラーを上回ることが多いはず。逆に高速燃費だと新型ワゴンRもハスラーも実燃費に大きな違いは現れないとは思いますが、基本的に同条件であれば新型ワゴンRが実燃費でハスラーより下回ることは少ないです。

【スポンサーリンク】




新型ワゴンRとハスラーの違いや評価口コミまとめ


以上、新型ワゴンRとハスラーの比較記事でした。

長々と違いを比較しましたが、やはり新型プラットフォーム「ハーテクト」が採用された新型ワゴンRが全体的に有利。ただハスラーは見た目で買うような軽自動車だと思うので、新型ワゴンRとそこまで競合することはなさそうですが。

ちなみに「新型ワゴンR vs ホンダ・Nワゴン」や「ハスラー vs ジムニー」の比較記事はアップロード済みなのでご興味があれば御覧ください。

【スポンサーリンク】