スポンサーリンク

2017年5月1日月曜日

【新型車】トヨタ「86GR」の価格など最新情報まとめ【画像なし】

トヨタのG'sブランドが消滅へという記事も随分前に書きましたが、今年2017年秋からトヨタのチューンナップカーは新たに「GRブランド」に統一されます。GRMNを相変わらず頂点として、GR→GRスポーツという具合に設定されます。

その中でトヨタ・86にも「GRブランド」が新たに設定されます。まさに「スポーツカー×スポーツカー」といったところか。そこで新型86GRの価格情報などについてまとめてみました。一体どんな架装や加飾が施されるんでしょうか?



【スポンサーリンク】



86GRの発売日は2017年11月頃


まず86GRの発売日。

マガジンXさん6月号によると、GRブランドの統一と同時期。つまり86GRの発売時期は2017年11月頃らしい。ちなみに86以外にもヴィッツやノアヴォクシーのGRブランドも発売される予定。

ただ86GRのお披露目時期や発表時期はもう少し早くなり、今年2017年7月30日に開催される「Fuji 86スタイル with BRZ」というイベントで先行公開される可能性が高いとのこと。確かに過去でもマイナーチェンジ版86も、そこで先行お披露目されていた気がするので十分有り得そう。

【スポンサーリンク】




86GRの価格は470万円から

続いて86GRの価格。

86GRMNの価格は約650万円だったので気になるところですが、86GRのお値段は470万円からとのこと。ノーマルの86よりも100~200万円ほどの割高ですが、丸目デザインの86スタイルCbより+50万円ほど。それを考えると86GRは安い?(笑)

【スポンサーリンク】




86GRとGRMNの違い


何故86GRの価格が安いのかというと、理由はシンプル。86GTは86GRMNと違って、エンジンはチューンナップされてなかったり、リアウイングの採用を止めたり、ボンネットフードなど一部外板パネルにCFRPで成形されないから。

他にも86GRには標準装備されず、ブレーキやサスペンションなどオプション設定されてる装備も多い。これは価格の割高感を抑えようとしたというより、自分好みの86を作れるようにという配慮からっぽいですが、

例えばバンパーガーニッシュやセンター出しマフラーなど、86GRMNと共通するパーツも標準装備ではないとのこと。ただトランクスポイラーやフロントスポイラーなどは、さすがに86GRに標準装備される模様。

他にも86GRと86GRMNの違いを見ておくと、例えばリアシート。86GRMNではリアシートが取り除かれて2人乗りにチューンナップ(?)されていましたが、86GRではノーマル86と同様に4人乗り仕様のまま。

また86GRMNはスバルで生産されたホワイトボディ86をトヨタの元町工場で組み立てられていましたが、86GRはスバルでほぼ完成された状態で出荷されるらしいです。その分だけ手間賃みたいなんが値段に含まれていないのか。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿