スポンサーリンク

2017年5月27日土曜日

【三菱自】新型デリカD5 フルモデルチェンジ最新情報まとめ【2019】

三菱自動車のミニバンと言えば、やはりデリカシリーズ。デリカD2はスズキ・ソリオのOEM車であり、デリカD3も日産自動車からのOEM。純粋な三菱自動車製はデリカ:D5のみになります。

ただデリカ:D5が2007年1月に発売が開始して以来、はや10年。さすがにエンジンや車体設計、更にはデザイン含めて全体的に古くささは否めません。ましてやデリカ:D5はこれまで一部改良は何度も施されてきたものの、マイナーチェンジも一度のみ。当然、気になるのはデリカD5の次なる展開。要はフルモデルチェンジ。

三菱自動車 新型デリカ:D5 フルモデルチェンジ最新画像
そこで今回は新型デリカD5のフルモデルチェンジ最新情報を簡単にまとめてみました。果たして次期デリカ:D5の注目すべき変更点や新機能は何なんでしょうか?


【スポンサーリンク】



新型デリカD5の発売時期は2019年頃か?


まずはやはり発売時期。新型デリカ:D5は一体いつフルモデルチェンジされるのか。

正直いつフルモデルチェンジするかはかなり不透明なものの、新型デリカ:D5の発売時期は2019年頃ではないかと現段階ではウワサされています。そろそろと言えばそろそろですが、今のところ具体的なフルモデルチェンジ時期は明らかにはなっていないのであまり鵜呑みは禁物。

ただデリカD5の販売台数は月販1000台以上は確保されてるので、少なくともフルモデルチェンジされないってことはないはず。三菱自動車の中ではかなり売れてる部類。ミラージュといった他の三菱自動車のフルモデルチェンジ情報より確度は高いか。

【スポンサーリンク】




次期デリカ:D5の注目は最新ディーゼルエンジン


続いては次期デリカ:D5の注目点。結論から書くと「ディーゼルエンジン」がどうやらフルモデルチェンジの目玉になりそう。

もちろん既にデリカ:D5にはクリーンディーゼルが搭載済み。雪道を荒々しく駆け抜けているデリカD5のテレビCMもたまに拝見します。ただ現行デリカ:D5に搭載されているのは、2200ccディーゼルターボ。

でも、これがフルモデルチェンジ後は2400ccディーゼルターボエンジンに換装される予定。日本では未発売ですが、既に海外で発売されているパジェロスポーツに搭載済み。最高出力が181PS、最大トルクは43.8kgm。現行デリカ:D5が148PS/36.7kgmですから、更にパワフルな走りが体現されそう。ちなみにフルモデルチェンジ後もガソリンエンジンも引き続き用意されます。

現行モデルはパジェロ製造が生産しているようですが、フルモデルチェンジ後も引き続き生産されるだけではなく、実際にパジェロの共用パーツが増やされます。次期デリカ:D5が発売される前年2018年には次期パジェロがフルモデルチェンジするウワサもあるため、もしかするとGSプラットフォームも採用を取りやめてプラットフォームごとパジェロと共用されるのかも知れない。

その他のフルモデルチェンジ情報としては、引き続きアクティブヨーコントロールシステムや三菱自動車が誇る4WDシステムは健在。次期デリカ:D5もやはり他の自動車メーカーとは一線を画して「走りを売りにしたミニバン」というコンセプトは基本的に堅持される模様。

【スポンサーリンク】




フルモデルチェンジ後は更にSUV色を強める?


ラストは次期デリカD5の車体デザイン。

次期デリカ:D5 フルモデルチェンジ予想画像
結論から言うと、三菱自動車が誇るダイナミックシールドがフロントマスクに採用されそう。次期デリカ:D5もいわゆるアウトランダー顔になるはず。パジェロと共用する部分は増やすものの、あくまで次期デリカD5は売れ筋路線のデザインを踏襲する模様。

またフルモデルチェンジ後は、更にSUVはテイストが増したデザインになりそうな雰囲気。パッと見はSUVにしか見えない。ロードクリアランス(最低地上高)を20cm以上を確保した「オフロード性」が次期モデルでも変わることはないでしょう。少なくともミニバン色がより薄まるのは間違いないか。

以上、新型デリカ:D5のフルモデルチェンジ情報でした。基本的にすぐフルモデルチェンジされる可能性は低いので、モデル末期の現在は多く値引きを引き出して現行デリカ:D5を購入するのがお得か。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿