スポンサーリンク

2017年5月11日木曜日

【2018】新型フォレスター フルモデルチェンジ最新情報まとめ【次期型モデル】

スバルが世界に誇るSUVといえば、やはりフォレスター。アメリカだと毎月1~2万台は売れるほど人気。

日本でいうとプリウスやアクア並に売れてるんですから、いかにアメリカ市場が大きいか、またフォレスターが人気なのかが分かります。おそらくアウトドアをするような方が多く、フォレスターがといったSUV車が活躍する場面が多いのかも。

スバル次期フォレスター 最新フルモデルチェンジ情報
ベストカースクープスペシャル2017
このフォレスターがいよいよフルモデルチェンジするらしい。日本でも毎月2000台前後は売れていたと思うので、気になる方も多いはず。そこで次期フォレスターのフルモデルチェンジ情報を簡単にまとめてみました。



【スポンサーリンク】




次期フォレスターの発売時期は2018年頃か


まずはフルモデルチェンジ時期。新型フォレスターは一体いつ発売されるのか。

ベストカーさん情報によると、新型フォレスターの発売時期は2018年夏頃とのこと。現行フォレスターがフルモデルチェンジしたのは2012年11月。これまでのフォレスターは5年周期でフルモデルチェンジしていたことも考えると、今年2017年にフルモデルチェンジすると予想していた人も多そう。

ただ既に現行フォレスターは2017年3月に年次改良を行ってる。さすがに年次改良を行った年と同時にフルモデルチェンジする可能性は低い。とはいえ、あまり遅らせすぎると商品力が落ちてしまう。

そういった様々な要素を総合的に考えると、スバル・フォレスターは2018年にフルモデルチェンジすると結論付けられます。さすがに現時点で発売月までは不明ですが、春か夏頃か。

【スポンサーリンク】




フルモデルチェンジ後のエンジンラインナップ


続いては次期フォレスターのエンジンラインナップ。フルモデルチェンジ後はどう変更されるのか?もしくは現行フォレスターと大差ないのか。

結論から書くと、次期フォレスターのエンジンはやや進化します。現行2.0L水平対向NAエンジンは、新型インプレッサに搭載されているFB20型に換装される予定。排気量こそ変化はありませんが、新型インプレッサの試乗記事を読む限りは地味に進化してる。

またレヴォーグにも搭載されている2.0L水平直噴ターボは、新開発の2.5L直噴ターボに換装されます。これは2019年にフルモデルチェンジ予定のレガシィに搭載されるダウンサイジングターボ。だからフォレスターに先駆けて搭載される模様。

当然プラットフォームはSGPを採用されて、車体全体の剛性感がアップする予定。特にXVの試乗を読むと、SUVに特に寄与しそうなプラットフォーム。少なくとも次期フォレスターは現行より走りに磨きがかかるに違いありません。変速機はCVTのままだと思いますが、やはり地味にブラッシュアップされるはず。

【スポンサーリンク】




次期フォレスターはついにハイブリッド化へ


そして2018年のフルモデルチェンジでは、ついに新型フォレスターもハイブリッド化される予定です。

未だハイブリッド化はされていないものの、今月にフルモデルチェンジされるXVと同様にトヨタ製のハイブリッドシステムが流用される予定。遊星歯車式の燃費に特化したハイブリッド。C-HRの試乗記事でも好評ですから、似たような車体サイズのフォレスターでも走りを燃費を両立してくれるに違いない。

またフォレスターハイブリッドには4WDも設定される予定。ただトヨタのシステムとは異なり、プロペラシャフトを使って動力を伝えるメカニカル4WDとのこと。トヨタのハイブリッド4WDは後輪に小さいモーターを設置するだけなので、走りの点では弱い。

そして2019年にフルモデルチェンジされると同時に、次期フォレスターのプラグインハイブリッドモデル(PHEV)も発売される予定。スバルの計画でも発表済みですが、特にアメリカでは燃費規制が厳しくなる。フォレスターはアメリカで人気だからこそPHEV化はほぼ既定路線。

日本国内でもスバル以外の自動車メーカーが既に多くのPHEVを発売してるので、フォレスターも追随してくるはず。フォレスターPHEVのEV走行距離は60kmを超えるらしい。プリウスPHEVを考えたら妥当か。

【スポンサーリンク】




次期フォレスターの見た目はこうなる?


ラストは次期フォレスターの見た目。フルモデルチェンジ後はどんなエクステリアに変更されるのか。

スバル新型フォレスター 最新画像 フルモデルチェンジ情報
ベストカー5月10日号
ベストカーさんのフルモデルチェンジ情報によると、次期フォレスターはこんなデザインになるらしい。フルモデルチェンジまで時間は少ないため、大きくは外れてないはずです。

最近のスバル車特有のダイナミックソリッドをフォレスターもご多分に漏れずに踏襲。ヘッドライドやフォグランプ周辺のコの字LEDが特徴的。XVの特徴を考えたら、フォレスターはもっとフロントグリルが大きくなる可能性もあるか。

以上、簡単な新型フォレスターのフルモデルチェンジ情報でした。走りを考えるとフルモデルチェンジを待ちたいですが、まだまだ一年以上先。既に年次改良が行われた後であり、またモデル末期ということも考えたら、現行フォレスターは現行フォレスターで十分買いだと思います。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿