2016年8月2日火曜日

PLAYZ PX 評価 評判 口コミまとめ【自動車タイヤ】

プレイズPX 評価 評判 口コミ
マガジンX8月号
ブリジストンから発売されている「PLAYZ PX(プレイズPX)」。なんでもトップクラスのウェットグリップ性能「a」を持つ自動車タイヤらしい。そこで評判と評価をまとめてみた。




後戻りできないグリップ性能の高さ

結論から書くと、かなりウェットグリップ性能が優れていると評価されてます。

同じくブリヂストンのエコピアPZ-Xと比較したそうですが、「プレイズPX」と違ってウェットグリップ性能が「c」と劣る。そこで両者を雨中時に軽くブレーキして減速してみると、エコピアでは空走感があったのに対して、「プレイズPX」ではすぐに減速。記事では「まるで制動力が高いブレーキパッドに交換したかのよう」と評価。

また雨天時に急制動を繰り返しても「プレイズPX」ではスキッド(タイヤが止まった状態で滑ること)がなく、やはりしっかりと車両が停止。エコピアではABSが入ったような状態でスキッドが見られます。

大雨時に高速巡航をしていても、ハンドリング性能や操舵性の良さに貢献。コーナリング時においても安心感たっぷりで、「雨の日のクルマの運転が嫌いな人でも気分よくドライブすることができる」とのこと。

「プレイズPX」はタイヤの溝が4本ある。これまでは3本だったらしいんですが、そのおかげで水はけが改善されているんだと思われます。このウェットグリップ性能の高さを体感してしまうと「もう後戻りできない感じ」とべた褒め。

「PLAYZ PX」はドライ路面でもグリップ性能の高さを発揮。急な障害物を避ける場面でも、ふらつき感はなくスーッと不安定な動きが収まるとのこと。また260kPaと空気圧を高めに設定しても「接地感が高い絶妙な乗り味」を誇っているなど、路面状況に関わらず安心して走行できるらしい。

ただし静粛性は難。インターネット上の評判をチラッと見ても、「PLAYZ PXの静粛性が高い」といった口コミ・クチコミ情報はあまり見かけません。あくまでグリップ性能の高さ、大人な乗り味を追求した自動車タイヤとして購入した方が良さそうです。

【スポンサーリンク】