スポンサーリンク

2016年8月9日火曜日

警察署で運転免許の更新をするための条件とデメリットを簡単解説

自動車免許は3年から5年に一度更新の手続きを行います。普通は運転免許センターや運転免許試験場で更新手続きを行うものの、更新ハガキを見てみると「警察署」でも更新手続きができることを知ってる人も多いと思います。

ではどうすれば警察署で運転免許の更新が行えるのか?そもそも警察で手続きをするには何か条件が必要なのか?キュレーションサイトのようにどうでもいい情報は羅列せず、初心者でもサクッと分かりやすいように簡潔にまとめてみました。


警察署で更新手続きできるのは優良運転者のみ

基本的な条件は交通違反を繰り返していないこと。それだけ。過去5年間に無事故無違反だった、いわゆる「優良運転者(いわゆるゴールド免許)」のみが警察署で運転免許の更新手続きが行えます。「ゴールド免許に関する徹底まとめ」を参照。

ただ地域によっては過去5年間に合計3点以下の軽微な違反に留まった「一般運転者」も行えるらしいですが、少なくとも過去5年間で合計4点以上の違反を犯した「違反運転者」は間違いなく手続きできません。

だから警察署で自動車免許の更新手続きを行うと比較的スムーズに早く終えることが可能。何故なら優良ドライバーしかおらず講習時間が30分から1時間と短く、こんな記事が多く検索されるぐらい警察署で運転免許の更新手続きを行う人は少ないから。

優良運転者の場合、運転免許センターでもそこまで時間がかからないと思いますが、警察署だと更にトータルかかる時間は少なくて済むことが多い。まさにメリット満載。


運転免許センターとの違いはあまりない

じゃあ「警察署で行う更新手続き」と「運転免許センターで行う更新手続き」に何か大きな違いはあるのか?

結論から書くと、基本的にほとんど変わりません。既に所持している運転免許証や届いた更新ハガキや手数料など警察署でも持参していくモノに大きな違いはありません。基本的に講習を受けて帰ってくるだけです。もちろん警察署でも自動車免許証の記載内容に変更がある場合、同じく住民票などは必要です。


3つの気になるデメリット

ただし警察署で行う場合で「違い」があるのも事実。ここからは注意したいデメリットを3点紹介したいと思います。


土日などは更新手続きが行えない

運転免許センターだと土日に更新手続きできるのは当たり前です。普通に平日働いている社会人の方が大多数ですから、むしろ休日にこそ更新手続きを行って欲しいと考えるのが普通でしょう。

ただ警察署の場合、土日祝日は当たり前のように更新手続きの業務を行っていません。年末年始もあたりきしゃりきでお休み。また平日においても受付時間は日中の9時から17時までとゴリゴリのお役所仕事。さらに当日に飛び込み的に講習を希望する場合は15時に受付が終了してしまいます。

つまり警察署だと申請日と講習日は別々に設定されてる。もちろん当日に講習を受けるドライバーさんが大半だと思いますが、仮にそれが不可能だった場合はかなり面倒くさいことになります。当然どちらも平日のみですから運転免許センターよりも時間的な制約はかなり強め


写真を自分で持参していく必要がある

警察署で運転免許証の更新手続きをするときには、免許証に貼る写真を自分で用意する必要があります。理由はシンプル。警察署には運転免許センターのように撮影するための設備がないから。

もちろん警察に持っていく写真は何でもオッケーってことでなく、やはりこちらでも4つの条件があります。まずは申請日から半年以内に撮影しておくこと真正面から胸から上が写った写真かつ無帽子・無背景であること寸法は縦3cm×横2.4cmであること裏面に氏名と撮影年月日が記入されてること。以上が写真の条件。

求職時などに使う「普通の証明写真」で十分だと思いますが、せっかく用意してきた申請写真が却下された例も多々あります。プリクラでも持参したんでしょうか。この写真の部分がネックとなって、警察署で運転免許の更新を行うドライバーさんが少ないのかもと推察してみる。


新しい自動車免許証が即日交付されない

そして警察署で更新手続きを行う場合の最大のデメリットが、申請日の当日に新しい運転免許証が発行・交付されないこと。理由はシンプル。やはり警察署や交通安全協会に免許証を作成する道具がないから。こちらも当然っちゃ当然。

じゃあ運転免許証をどうやって貰うのかといえば「郵送」か「再び取りに行く」かの二点。郵送だと一番確実ですが、手数料が800円以上もかかります。後者の場合は下手したら3回警察に足を運ばなければいけないので二度手間どころか三度手間。

ちなみに新しい運転免許証が出来上がるまでに数週間ぐらいかかるんですが、その間は旧免許証が使えるようになっているので運転ができなくなることはありません。

とはいえ自動的にあれこれやってくれる運転免許センターと違って、自分で写真を用意しなければいけないなどデメリットも多い。正直ここまでまとめておいてなんですが、わざわざ警察署で更新手続きをしなきゃいけない理由やメリットは少ないと思います。だから個人的にはあまりおすすめしません。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】