2016年8月26日金曜日

セカンドカーにジムニーが「有り」すぎる理由

世の中にはセカンドカーを所有している人も多いと思います。特に田舎に住んでると自動車がないと、まともに買い物すらできなかったりします。でもセカンドカーにどんな自動車を購入すればいいか迷っている人もいそう。

セカンドカー ジムニー
そこで今回はセカンドカーにスズキの軽自動車「ジムニー」を推せる理由を考察してみました。セカンドカー購入を考えてる方は参考にしてみ下さい。




骨格プラットフォームが本格的

セカンドカー ジムニー ラダーフレーム
まずジムニーの骨格プラットフォームがすごい。「ラダーフレーム」と呼ばれ、本格的な4WD車・クロスカントリー車にしか採用されないようなもの。とにかく頑丈で走破性が高い。下からの突き上げや衝撃を緩和してくれる。

一般的に「モノコックフレーム」を採用してる自動車が多い。画像は同じくスズキのワゴンR。バスや電車の構造を思い浮かべると分かりやすいですが、フレームとボディーが一体化してる。そのため軽量化+車内空間を広く取れるメリットがあるものの、一方で強度などが弱い。「面」で支えてるようなもんですから。


基本は2WD走行

またジムニーは全グレードが4WDモデル。だからセカンドカーとしても選択しづらいかと思いきや、パートタイム4WDを採用してるので手動で2WDに切り替えることが可能。普段で使う分には問題なし。

またジムニーの変速機は「4AT」。走行フィーリングが自然。初心者こそ扱いやすく、一方で玄人さんも走りの良さを体感できる。最近の自動車の変速機はギクシャク感で定評がある「CVT」ばかりですから貴重。欲を言えば5速ATぐらいは欲しいですが。

ただエンジンは古い。ジムニーは1998年に登場したんですが、それ以来エンジンは改良されてない。またターボエンジンのみです。だからジムニーの燃費性能は言っても知れてますが、それでも最近の自動車にはない「走る楽しみ」みたいなんがあります。セカンドカーだからこそちょっとした「遊び心」を選択できちゃう。


3ドアだからこそ割りきった使い方ができる

あと4シーターではあるものの、ジムニーは3ドア。1990年代頃までの軽自動車も3ドアでしたが、その名残が残ってます。

もちろん5ドアより明らかに使い勝手は悪いものの、あくまでセカンドカーは一人乗りやお子さんや誰かを乗せる程度にしか使われないと思うんです。だから3ドアでも助手席に一人乗って、荷物は後部座席に載せれば使い方としては十分。ファーストカーだとかなり躊躇しちゃうでしょうが、セカンドカーだからこそ割り切って購入できる。

実際ジムニーユーザーさんをたまに見かけますが、意外とお子さん連れのママさんが乗ってたりします。普通の軽自動車に乗るのは恥ずかしくても、中身が硬派なジムニーだったらオッサンでも意外と乗れちゃうんじゃないでしょうか。子供さんも車好きに変身しちゃう?


まとめ

以上をまとめると、ジムニーはセカンドカーとしては割りと魅力的な車種だと結論付けます。

どうしても【3ドア】【4WDターボのみ】【4AT】といった要素だけを見ると「誰が買うねん?」とつい思ってしまいますが、ファーストカーではなくセカンドカーに視点を変えてみるとあら不思議。意外に魅力的に大変身しちゃいます。

セカンドカーにS660やコペンといった選択肢も有りだと思いますが、あそこまで行くと趣味性が強くなりすぎる。荷物すら置く場所がないなど、さすがに実用性がなさすぎる。またコペンなどの価格も200万円近く跳ね上がる。

一方、ジムニーの価格帯は150万円前後だから絶妙。また発売から18年以上経過するジムニーですが、未だに毎月1000台以上販売してる。長年売れ続けてるからこそ「リセールバリュー」という点でも安心して買えるのかなと思いました。

【スポンサーリンク】