2015年3月20日金曜日

アトレー エブリイ バモスを買うなら?3車種で比較・考察してみた【改良版】

つい先日、ホンダのワンボックス軽自動車・バモスとバモスホビオが一部改良。その少し前にはスズキ・エブリイワゴンがフルモデルチェンジ。

そこで軽ワンボックスを買うならどれがいいか?三つ巴の残り一車種であるダイハツ・アトレーワゴンを含めた、合計三車種の軽ワンボックスを比較してみたいと思います。


ちなみにバモスの商用車がアクティ、アトレーワゴンの商用車がハイゼットカーゴ、エブリイワゴンの商用車がエブリイ。車体の基本的なベースは同じだと思うので省略。特徴や違いがあれば、その都度書いていきます。

バモスホビオは価格は安いが古めかしい

バモスホビオとエブリイワゴン アトレーワゴンを比較
バモスホビオ(G)の車体サイズは、3395×1475×1880mm(全長×全幅×全高)。室内サイズは1615×1250×1385mm(室内長×室内幅×室内高)。ホイールベースは2420mm。最低地上高は190mmとやや高め。

変速機は3速AT(燃費リッター15.0km)と5速MT(リッター16.8km)の2つがあり、唯一ミッション車が用意されてる。ちなみに先日の一部改良で燃費17.6kmを達成したのはバモスホビオpro。4ナンバーの商用車モデル。

エンジンスペックは最高出力が33kW(45PS)/5500rpmで、最大トルクが59N・m(6.0kgf・m)/5000rpm。価格が135万円で、燃料タンクは37L。

ホンダ・バモスホビオの特徴としては、一番価格が安いということ。アトレーワゴンやエブリイワゴンと比較して、およそ5万円ほどお安めで買いやすい。

ただその反面として、ターボエンジンが搭載されない。アトレーワゴンもエブリイワゴンもターボエンジンがデフォ。エンジンパワーがないことを考えると、燃費が抜きん出て良いと言えないことに気付きます。また回転域も高くてあまり実用的とは言えない。2015年3月に一部改良したとは言え、変速機は3速ATのままなどバモスに古臭さがあることは否めません。

アトレーワゴンはエンジンがパワフル

アトレーワゴンとバモスホビオ エブリイワゴンを比較
アトレーワゴン(カスタムターボRS)の車体サイズは、3395×1475×1875mm(全長×全幅×全高)。室内サイズは1970×1310×1350mm(室内長×室内幅×室内高)。ホイールベースは2450mm。最低地上高は160mm。エブリイワゴンの150mmにはやや劣る。

変速機は4速AT。エンジンスペックは最高出力が47kW(64PS)/5700rpm。最大トルクが103Nm(10.5kgm)/2,800rpm。燃費はリッター14.4kmと一番悪いと書いたんですが、直後の2015年4月3日に一部改良。

燃費がリッター14.8kmに向上したものの、エンジンスペックが最高出力は変わらないものの、最大トルクが91Nm(9.3kgm)に大幅ダウン。エヴリイに負けてしまいました。「ターボエンジンの力強さが挙げられる。最大トルクが100Nmを超えるなど、軽自動車としては必要十分」と書きましたが、前言撤回。

価格は140万円からで、燃料タンクは40L。燃費が向上したと言っても、三車種の中では燃費が一番悪い状況は変わらないものの、燃料タンク容量は40Lとエブリイとバモスより大きいのが特徴。実燃費ではエブリイワゴンやバモスホビオと見劣りはしないと思うので、走行距離では一番長く走れる可能性が高いです。

エブリイワゴンは自動ブレーキが標準装備

エブリイワゴンとアトレーワゴン バモスホビオを比較
エブリイワゴン(JPターボハイルーフ仕様)の車体サイズは、3395×1475×1910mm(全長×全幅×全高)。室内空間は2240×1355×1420mm(室内長×室内幅×室内高)。ホイールベースは2430mmとアトレーワゴンに負けるものの、車体サイズと室内空間はトップ。また最低地上高は150mmと一番低く、乗り降りしやすい。

変速機は4速AT。エンジンスペックは最高出力が47kW(64PS)/6000rpm。最大トルクが95Nm(9.7kgm)/3000rpm燃費がリッター16.2km

ちなみに商用車のエブリイは変速機5AGSの効果か、燃費がリッター20.2kmと乗用車並。バモスホビオproの燃費がリッター17.6kmということを考慮しても、商用車としては最高クラス。世の店長さんや社長さんのお財布に優しい。

価格は143.6万円からで、燃料タンクが37L。

スズキ・エブリイワゴンの特徴としては、価格は一番高いもののトータルバランスが一番優れてる。全高は190cmを超えるなど、アトレーワゴンの187.5cmと比較しても顕著に高い。ちなみにダイハツ・ウェイクと比較しても相当背が高い。エブリイワゴンとウェイクの比較記事も参照。

また車内の広さもアトレーワゴンやバモスホビオの追随を許さない。商用車であるエブリイも、ハイゼットカーゴなどと比較して相当広い。エンジンもそれなりに力強く、燃費もATモデルでは一番低燃費。最低地上高も低く乗り降りしやすいなど、トータルバランスが優れていると言ってもいいでしょう。

あとエブリイワゴンは、自動ブレーキが標準装備されてることが一番大きい。何故なら、アトレーワゴンもバモスホビオもオプションでも設定できない。だから、アトレーワゴンとの4万円ほどの差も実は全然気にならない。また商用車のエブリイも唯一自動ブレーキが設定できるなど、安全性能の高さを一つ頭が抜け出てる。

まとめ

まとめると軽ワンボックスを購入するなら、特に理由がないんであればエブリイワゴンがベターな選択。室内空間や荷室空間など含めて一番トータルバランスが優れてる。自動ブレーキを標準搭載してるという点も今の時代には欠かせない要素。

アトレーワゴンのエンジンは一番パワフルなので、なにか重い荷物を運ぶ機会が多いのであれば、購入の選択肢には入ってくるかも知れない…と書きましたが前述通り、エンジンがパワーダウン。結果的にウリが霞んでしまった印象。

ちなみに酷評したホンダ・バモス(アクティ)は2017年5月にフルモデルチェンジするというウワサ。しかも新たなNシリーズとして復活するらしく、これが事実であればかなり期待はできます。

【スポンサーリンク】