スポンサーリンク

2015年3月7日土曜日

CX3爆売れの兆し?- 2015年2月新車販売ランキングの考察

2月の国内新車販売は、トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「アクア」が首位だった。2位にはホンダの「N―BOX」、3位に日産自動車の「デイズ」と軽自動車が続いた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150305-00000053-asahi-bus_all
少し前に2月の国内新車販売台数が発表。軽自動車もなかなか厳しい模様。

とりあえず毎月恒例の新車販売ランキングの考察。


N-BOXスラッシュ効果がハンパない

まずは軽自動車。全国軽自動車協会連合会によるデータを見てみます。

2015年2月の軽自動車販売ランキング
http://www.zenkeijikyo.or.jp/statistics/tushosoku/1502tushosoku4.htm
普通車を含めたランキングでも2位だったホンダ・N-BOXが2万台超え。発売から3年ちょっと経ちますが、まだ絶好調を維持してるスゴさ。

これは少し前に発売されたエヌボックスラッシュの効果だと予想。価格帯は結構高めですが、エヌボックスの底堅い人気を象徴してる印象。

日産デイズはルークスも含めた数字ですが、なかなか好調。ウェイクも登場してる中、タントの数字は優秀。昨年末にフルモデルチェンジしたムーヴも好調。

他方、スズキはちょっと元気が無い。同じく昨年末にフルモデルチェンジしたアルトは、ミライースに対してやっと勝ってる程度。やや寂しい。

ただスズキの乗用車を見てみると、ソリオやスイフトはコンスタントに3000台ぐらい売れてる。決してそこまで悪くはない数字。もう少し相乗効果みたいなのが臨めるといいか。

CX-3の勢いを予感させる2500台

次は普通車のランキング。上位陣はいつものメンバーだから画像は割愛。

アクアは貫禄の2万台超え。プリウスは1万台をちょっと超えた程度ですが、エスクァイアやアルヴェルなどハイブリッドミニバンの相次ぐ投入、またモデル末期ということを考えると十分健闘したといえる数字か。

2015年2月の普通車販売ランキング 下位グループ
http://www.jada.or.jp/contents/data/ranking.html
個人的に気になったのが、マツダのコンパクトSUV・CX-3。2月末に発売されたばかりですが、既に2506台も売れてる。CX-3の3月4月の新車販売は、どえらいことになるんじゃないでしょうか(笑)
ちなみにデミオとCX-3の比較記事はこちら

あと地味に気になったのがトヨタのハイブリッドミニバン・アルファード。画像の一番上にチョロっと写ってます。フルモデルチェンジしたばかりですが、実は前年よりも新車販売を減らしてる。

あのギラギラしたフロントマスクがやはり凶と出たのか。アルトの新車販売もパッとしないことも含めて、法人需要の大事さを痛感させた。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】