スポンサーリンク

2015年3月5日木曜日

スイフト モデルチェンジで3ナンバーに拡大?スイフトSUVも誕生か?

スズキ新型スイフトという噂のiK-2
http://www.suzuki.co.jp/release/d/2014/0303/index.html
スズキがジュネーブモーターショーでコンセプトカー「iK-2」と「iM-4」を発表。ただそれらが次期スイフトになるという噂。前回のフルモデルチェンジからそろそろ6年経つスイフトだから、来年あたりでもおかしくない。

そこで「iK-2」などの見所をまとめてみた。



【スポンサーリンク】



次期スイフトは1.0Lターボエンジンへ?


次期スイフトらしきiK-2の売りは、やはり1.0L直噴ターボガソリンエンジン。前々からダウンサイジングのウワサがありましたが、「BOOSTERJET」と呼ばれる新技術を採用。「過給機による出力及びトルク向上を実現」してるとのことだから、少なくとも現行スイフトのエンジンよりは超えて欲しいところ。

また新たなプラットフォームを開発してるらしく、次期フルモデルチェンジでは車重もかなり軽量化してくるそう。最近のスズキだと新型アルト。あの車体はかなり軽量化されてきたので、新型スイフトでも期待できそう。当然燃費面ではリッター30km超えもあり得る?

特にヨーロッパではエンジンのダウンサイジング化が流行り。何故なら日本以上に二酸化炭素の排出には厳しい。前々から噂もありましたが、やはり次のフルモデルチェンジでスイフトのエンジンはダウンサイジング化されるのは間違いないでしょう。


ボディーサイズは更に巨大化への不安


そして「iK-2」のボディーサイズを見てみると、かなり大きい。全長が4,023mm、全幅が1,920mm、全高1,450mm。
新型スイフト(iK-2?)の車体サイズが巨大化する?
「iK-2」のアップ寄りの画像を見ると、更にボッテリ感が伝わってくる。現行スイフトの車体サイズが全長3,850mm、全幅1,695mm、全高1,510mmだから、いかにiK-2の車体が大きいかが分かる。

エンジンそのものはダウンサイジング(小排気量化)してるにも関わらず、これが新型スイフトだと仮定した場合、ボディーサイズはかなりアップ。全幅に至っては20cm近い増。

ただ明らかに3ナンバーサイズ。これだと単なるフォルクスワーゲンのゴルフ。スイフトはコンパクトカーとして販売されて人気。果たして、このiK-2がスイフトのフルモデルチェンジ後のクルマとして、このサイズはアリなのか?という素朴かつ強烈な疑問は拭えない。

【スポンサーリンク】




iM-4は新型スイフトSUVバージョン?

iM-4はスイフトSUVとして発売される?
一方、小型4WD車である「iM-4」。こちらは次期新型スイフトのSUV版といわれているクルマ。

このiM-4の車体サイズを見てみると、全長3,693×全幅1,709×全高1,566(mm)。こちらはスイフトのSUVバージョンだと言われても結構信用できる。

しかも「iM-4」のエンジン排気量は1200cc。デュアルジェットエンジン+Sエネチャージ(ISGことモーター機能付発電機)を搭載ということで、尚更信ぴょう性は高そう。
…というか、このiM-4が次期新型スイフトそのものなんじゃね?という気がしなくもない。

iM-4(スイフトSUV?)のサイドからの画像
ただ「iM-4」を横から見ると、少しデザインの完成度は低そうなのは気掛かり。

でもこれだけ「iK-2」と「iM-4」の車体サイズに違いがある以上、どちらもフルモデルチェンジしたスイフトになるのかと考えたら、やはり少し無理がありそうな気がしなくもない。

どちらかと言えば、冒頭の「iK-2」はスズキ自動車だとセダン車・キザシのコンパクトカーバージョンに近い印象。仮に万万が一次期スイフトだとしても、日本で発売される時には車体もダウンサイジングは避けられない

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】