スポンサーリンク

2014年12月24日水曜日

【注目】NBOXスラッシュ 2つの「軽初」の機能って?

N-BOXスラッシュ
ホンダの新しいNシリーズ…とは言ってもN-BOXの派生車種「N-BOXスラッシュ」が12月22日発売。スズキ・アルトと同じ発売日。

つい合計9つのサウンドスピーカーなどオーディオ部分に目が行きがちですが、N-BOXスラッシュには地味に軽自動車初の機能が搭載されていたらしい。
 

一つ目は電子パーキングブレーキ

N-BOXスラッシュ、軽初の電子パーキングブレーキ
パーキングブレーキを自動で作動or解除してくれる電子パーキングブレーキ。とうとう軽自動車はこんなところまで来たかって感じ。

二つ目はステアリングヒーター

N-BOXスラッシュ 軽初のステアリングヒーター
二つ目はステアリングヒーター。これまで運転席や助手席の座面部分にヒーターってのはありましたが、今度はハンドル部分にもヒーターが装備。これは今の時期、相当ありがたい。

他の注目機能

N-BOXスラッシュ スマホがワイヤレス充電可能
サウンドマッピングシステムの延長線上で、スマホを置いておくだけでワイヤレス充電してくれる装置も。これは軽初かどうかは分かりませんが、今の時代、ものっすご便利。他の車種やメーカーでも導入検討してほしいかも。

ホンダはXグレード以外を売るつもりはない?


ただしN-BOXスラッシュで注意したいのが、廉価グレードGと上級グレードXの装備差乖離がありすぎる。

例えば、上記のステアリングヒーターはXグレードのみ。Gグレードではオプションでも追加できない。注目のサウンドマッピングシステムも同じく、Xグレードに問答無用で付いてくる。カラフルなインテリアの設定もGグレードでは選べない。

「138万円から購入できる安いGグレードを購入して、オプションでどんどん追加していけばいいだろう」と個人的に考えてたんですが、それはどうやらムリってこと。GグレードのN-BOXスラッシュは、ただただ質素。

もちろんこういう盛々の装備が標準で搭載されていて、165万円から購入できるXグレードはかなりお買い得ではあるが、選択の柔軟性にはかなり乏しい。スピーカーだけ要らね…という方は結構悩ましい選択かも。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】