スポンサーリンク

2014年12月17日水曜日

スズキ新型アルト ヘッドレスト一体型シートがカッコイイ!気になる乗り心地は?


スズキ新型アルトのヘッドレスト一体型シートがカッコイイ!
http://amd.c.yimg.jp/im_sigg_GXnxCEecIXjpIoU1B4F7Q---x900-y423-q90/amd/20141212-10215457-carview-003-1-view.jpg
あと4・5日後に発売される新型アルトの運転席シートが、地味にカッコ良かった件!
今まで標準装備されてそうでされてなかった、ヘッドレストと一体型の運転席シート。何故アルトに採用したか分からないほど、スポーティー。

Amazonで発売されてるヘッドレスト一体型シート
http://www.amazon.co.jp/dp/B005KQ99UG
Amazonで数万円程度で販売されてるヘッドレスト一体型のシートは、こんな感じ。さすがに新型アルトの価格帯を考えると、全く一緒の質感とは呼べないものの個人的には「グッ」と来るシート。

新型と旧型アルトエコの内装比較

じゃあ旧型(現行)アルトエコの内装シートと比較して、一体どこがどう変わったのか?

新型と旧型アルトの内装比較画像
http://i.imgur.com/YYd76OA.jpg
そこで上下に比較してみると、こんな感じ。

ドアの内側部分を見てみると、新型アルトでは若干凹凸部分のデザインに手抜き巻は否めない。旧型の方が正直見栄えは良い。軽量化やコストカットに伴う副作用か。

ただ気になったのはそこぐらいで、シフトレバーが移動したことで、運転席・助手席周りの空間は広がってる。

新型アルトのインパネ・メーター周り
http://imgur.com/XYTBrfT.jpg
またインパネ周りのデザインなんかも旧型より、新型アルトの方が質感が上回ってる印象。

そしてシートに話を戻すと、ヘッドレストと一体型になったことによるデメリットはある。それは身長の高い低いで、上下に細かくヘッドレストの位置を調整できなくなった。ただ旧型アルトエコはマイナーチェンジで、安全性向上のためにヘッドレストが大きくなった。

だから画像を見れば分かるように、ヘッドレストが調整できないからといって大きく困ることはありえない。むしろ、ヘッドレストが一体化されたことによる「軽量化」のメリットの方がはるかに大きいと考えます。

沈み込む感じのシートは座り心地最高?

そして個人的に何気に気になったのが、座面部分の角度が結構エグいこと。旧型アルトエコと比較すると一目瞭然ですが、新型アルトでは奥に沈み込むようなシートになってる。

ゆりかもめに導入された足投げ出し防止の新型車両
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20141022003114.html
最近東京のゆりかもめで採用された最新車両では、足を投げ出すマナーが悪い乗客対策のため、座面に角度を付けて奥に沈み込むタイプのシートを採用。

実際このシートは効果を挙げてて、テレビでインタビューに答えてた乗客も座り心地が改善されたと答えてた。例えば、超高級車のメルセデスベンツSクラスの運転席のシートを見ると、やはり沈み込むような形状。

だから見た目以上に座り心地が改善してる可能性が高く、後部座席もシートに角度がついてるのを見ると、新型アルトでは旧型よりも長時間乗ってても疲れないかも?

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】