スポンサーリンク

2014年12月25日木曜日

【最新情報】ホンダ S660の詳細スペックまとめ

ホンダ新型S660の画像
ベストカー
http://www.kodansha-bc.com/bc/newmagazine/user_images/201506/mokuji.jpg
ホンダの新型S660の情報が色々明らかになってきたので、燃費やエンジンスペックなどをまとめてみた。注文の受付は来年2月、納車は7月頃だそうだから、その参考にしてみてください。ただ既に仮予約してる人もいる模様。


グレードはαとβの2タイプ

ベストカーの画像にもあるように、S660はαとβの2グレードのみ。αの方が上位グレードで、βの方が下位グレードという位置付け。両者の価格差は25万円前後だそう。αグレードにはLEDヘッドライトや本革シートが設定される予定。

S660の価格は現時点で詳細はまだ分かってませんが、βグレードをコペンと同じく180万円前後で発売したとしても、少なくともαグレードは軽く200万円を超えるのは間違いないでしょう。

変速機はCVTと6MT


ホンダS660の変速機はCVTと6速MT
S660の気になる変速機は、CVTと6速MT。MTがあっても5速が多い中、6速は珍しい?MTオタクさんは歓喜?

ちなみに変速比はCVTが「3.152~0.577」。6MTが「3.571/2.227/1.529/1.150/0.869/0.686」(1速から6速の順)。

燃費は思ったより良い?

ホンダ新型S660のカタログ燃費
燃費はCVTがリッター24.2キロに対して、6MTがリッター21.2キロ(どちらもJC08モード)。スポーツカー、オープンカーというジャンルを考えると悪くない。コペンがリッター25キロ前後だったので、そこまで引けは取らない。

ただ燃料タンク容量は25L。コペンが30Lだったので、それを考慮すると給油の回数はS660の方が多そう。

タイヤ

タイヤはF:165/55R15、R:195/45R16
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/kcar/1418643105/822
タイヤはF:165/55R15、R:195/45R16だそう。

車体サイズ

ホンダ新型S660の車体サイズ
新型S660の車体サイズは、3,395×1,475×1,180mm(全長×全幅×全高)。つまりダイハツ・コペンの全高が1,280mmだから、それより10cmほど低い。

ちなみにホイールベースが2,285mm。コペンのホイールベースが2,230mmだったので、S660の方がやや優れてる。

エンジンスペックはコペン超え

ホンダ新型S660の最高出力・最大トルク
ホンダ・S660のエンジンスペックを見ると、最高出力が47kW/6,000rpmに対して、最大トルク104Nm/2,600rpm。一方ダイハツ・コペンのエンジンスペックは、最高出力が47kW/6,400rpmに対して、最大トルク 92N・m/3,200rpm。

S660の方が数字上は優れてる。特に加速感をもたらすトルクが太い。コペンもかなり走るという試乗レポートが多いので、S660の走りも相当期待できるんじゃないでしょうか?

車両重量

ホンダ・S660の車両重量
車両重量は、850kg?960kg?どっちだろう。
ただダイハツ・コペンが800kg台半ばだったので、S660も同程度ぐらいだと予想。そうでなきゃ燃費リッター24キロは達成できてないと思う。とにかくCVTのグレードの方がMTより20kgほど重いことは確か。

もっと詳細を知りたい方はベストカーを買うべし!

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】