スポンサーリンク

2014年12月29日月曜日

【悲報動画】ホンダ ヴェゼルの自動ブレーキが使い物にならない件

ホンダ・ヴェゼルの自動ブレーキの出来は?
ハイブリッドSUVのホンダ・ヴェゼルはメチャメチャ人気。ただ実は自動ブレーキが全く使い物にならないことが発覚。

その理由の考察も含めて、まずはその動画を見たいと思います。

赤外線自動ブレーキは普通車に不向き



ホンダ・ヴェゼルの自動ブレーキは赤外線方式ってことで、時速20キロで静止した対象物にめがけて走行。ただし、見事に対象物にぶつかってしまう。


じゃあホンダの自動ブレーキそのものがダメかと言えば、同じ自動ブレーキを使ってるN-BOXはしっかり止まってる。

おそらく、この理由は車両重量の差。N-BOXの車重は1000kg以内に収まってますが、ヴェゼルはハイブリッド車だと1400kg近くなるグレードもある。トラックの過積載などが問題になるのも、きっと車両重量が重くなるとブレーキが効きづらくなるのが理由。

だからホンダ・ヴェゼルの自動ブレーキがダメというより、やっぱり普通車クラスに赤外線センサーの自動ブレーキはダメってこと。最低でも普通車には、ミリ波レーダーやステレオカメラタイプの自動ブレーキの搭載を各メーカーさんには望みたいところ。

そういえば最近ホンダは「ホンダセンシング」という先進自動ブレーキを開発してるようですから、そのいち早い登場を期待したい。ただ最近またまた高級ハイブリッドセダン「レジェンド」の発売が1ヶ月延期されたり、さすがにホンダの行く先が心配ですが…。

新・安全性能総合評価で、最も点数が高かったのはホンダ『ヴェゼル』で183.7点となった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141119-00000031-rps-bus_all
ちなみに国交省(JNCAP)が従来実施している自動車の衝突試験では、ホンダ・ヴェゼルはトヨタ・ノアヴォクに続いて最高評価を得てることは付記しておきます。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】