2014年5月28日水曜日

主婦が車を買うならどんなクルマがおすすめ?-初心者のクルマ選び

最近ヤフー知恵袋を見たら、主婦の方がどんなクルマを買えばいいか悩んでおられた。そこで主婦の方が買う時にナントナク困ったら、どんな車選びをすれば損がしないか考えてみた。

おそらく子育て中の世帯か、子供がいない世帯かによって色々変わってくる思いますが、「お子さんがいる」という前提で話を進めていきます。おそらく主婦の多くが「子供中心」の生活をしておられると思うので、クルマ選びも自然とお子さん中心に考えるべきなんでしょう。

じゃあどんな自動車を買えばいいかを考えると、ベストバイはタント・N-BOX・スペーシア・DAYZルークスなどの超ハイト系軽自動車。その理由が、やはり室内空間が広い割に、燃費もそこそこ良い点が挙げられる。



タントなどはチャイルドシートの扱いが楽!

お子さんが小さいと、チャイルドシートが必須。

つまりリアの空間が広いに越したことはない。タントやスペーシアなどは、言うまでもなく室内空間そのものが広い。ただ広すぎるとデメリットも生まれて、それが運転席に座ってるとチャイルドシートに届かなくなる。

ただ後部座席がスライドするので、それを前に持ってくると頑張ればお子さんに手が届く。DAYZルークスとかもCMで、そのメリットを訴えてたりする。

またお子さんが中学生高校生と大きくなっても、リアの空間は必要十分の大きさだから窮屈にならない。

だから超ハイト系軽自動車には、子供の年齢に関わらず対応ができる汎用性(はんようせい)がある。

ミニバンはファーストカーとして選択するならアリ!

ミニバンなどの普通車も、全然オッケー。

でも、車体価格は平気で200万円を超える。税金や保険全般も割高。また燃費もやはり知れてる。ファーストカーとして選択するなら全然アリだが、おそらく主婦の方はセカンドカーとして購入を考えてる人も多いと思うので、少し選択肢からは外れるか。

ちなみにトヨタ・ノア・ヴォクシーのハイブリッド車は、かなり実燃費も優れていて、リッター20キロに迫ることも多々らしい。だから唯一ノアとヴォクシーHVだけは、燃費面で選択肢から排除する必要はないだろう。

スペーシアなどは運転しやすい!

そして、超ハイト系軽自動車を選択すべきだと思う点は、運転のしやすさ。

ミニバンは車体が大きいから、ハンドルの取り回しが大変。また後ろが見えづらい。駐車しようとしたり、細い路地裏など運転するのが、きっと大変。

その点、超ハイト系軽自動車は、最小回転半径などコンパクトカー並であることが多い。だから運転が苦手な人が多いと思われる女性にも、比較的オススメしやすい。もし運転に自信がないのであれば、地味にそういう部分も意識すると良いと思います。

お金だけを考えるなら、イースやアルトを選択すべし!

経済的な観点だけを重視するんであれば、イースやアルトなどを購入して、家計の負担を軽くするというのもアリ。

自分の母親も、ずっとアルトでした。ただ子供ながらに、ケツが痛かった記憶。友達の家のセダンに乗った時は、軽く感動を覚えたことは内緒。

ただ自分が乗りたいクルマがあるなら、それを選択するのもアリ。主婦だからといって、特にガマンをする必要もないと思う。

スーパーなど行けば、フォルクスワーゲン・ゴルフなどの輸入車に乗ってる年配のオバサンもたまーに見かける。先日も小学3年生ぐらいの男の子と、スズキ・ジムニーを乗ってるアラフォー主婦を見かけた。思わず「やるやん」と言いそうになった。

【スポンサーリンク】