スポンサーリンク

2014年5月12日月曜日

任意保険の加入前に用意すべき必要アイテムとは?

自動車保険には、自賠責保険と任意保険の二種類がある。自賠責は強制加入ですが、任意保険はまさに任意。ただし、現状ではほぼ加入してるドライバーさんが多いんじゃないでしょうか。

その任意保険に加入する前には、絶対忘れてはいけない物がある。



それが「車検証」。これから初めて加入するような初心者さんの方は、もしかすると知らない可能性もあるので記事化。


任意保険を設計するために必須

任意保険はどういう契約をするかによって、安くなったり高くなったり、収める保険料も変わってくる。そこで損保会社としては、一番知っておかなければいけない基本的な情報が、『車両』に関する情報。例えば車種や型式、いつ登録されたかなど。

そういう基本的な車両情報が書かれてあるのが、『車検証』。まずドライバーはそれを損保会社に提出しなければいけない。当然提出しなかった場合、損保会社としてはお断り状態。絶対に必須。

もちろん拒否し続ければ、他の保険会社においても任意保険の契約を結ぶのは困難になってくる。要するに、ブラックリスト入り。書いてるだけで気分が憂鬱になるワード。

つまり、その車検証が「手元にない状態」で、任意保険に加入しようと試みるのはリスキーな行為。

注意したい車種は納期がかかる自動車

だから初めて任意保険に加入する人が注意したい車種は、ダイハツ・タント、スズキ・ハスラー、トヨタ・ハリアーなどの「納期がかかる」ような車種。

要するに、いつ納車されるか分からない自動車。あまりに納車されるのが遅いとしびれを切らして、じゃあ先に任意保険だけ加入しておこうか…という初心者的な発想は危ない。

一応自動車ディーラーに頼めば車検証のコピーはしてもらえるので、最低限それぐらいは用意しておけば任意保険の加入に支障はないと思いますが、ただそれでも保険という性質上、こういう普段の段階から「無理せず確実に」という姿勢を保っておくが無難でしょう。

車検が切れた状態で任意保険更新するには?

以上はあくまで初めてor新しく自動車を購入したりする場合。

じゃあ、既に車検切れの状態で現在の任意保険の更新をしたい場合、どうすればいいんだろうか。金銭的な理由などで車検は少し後回しにしたいなど、少なからずそんな人はいる気がする。当然車検切れの自動車は公道を走れないので、任意保険の更新や再加入は不可能。

そこで必要なのが、契約してる任意保険を一時的に『中断』すること。他にも「譲渡」や「廃車」の理由で、中断証明書を貰える場合が多い。保険会社によってルールは少し違ったりするようなので注意。

そして、新車・中古車を購入して車検証を手に入れた時、再び契約を再開すれば等級なども引き継げる。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】