2015年2月8日日曜日

【朗報】ホンダ NBOX マイナーチェンジ 遂にリアシートがスライド式へ!

マイナーチェンジしたエヌボックスカスタム
ホンダの軽自動車N-BOXが2月5日に初のマイナーチェンジ。発売から3年ちょいだから、N-BOXの「フルモデルチェンジは6年周期」ということになりそう。


エクステリアで言うと、今回のマイナーチェンジでフロントマスクが少し変化。画像のエヌボックスカスタムだとLEDポジションランプとLEDフォグライトが標準仕様化。

燃費も少しだけ向上させてきた。でも4月から始まる新エコカー減税に対応するためだけの燃費向上だから、ほぼ旧型N-BOXと変化なしと言っていい。

リアシートスライドへ進化!

とにかくマイナーチェンジしたN-BOXの見所はリアシート。

マイナーチェンジしたN-BOXはリアシートがスライド式へ
ダイハツのタントやスズキのスペーシアのリアシートと同じく、エヌボックスも遂に前後へスライドするように変わった。スライド幅は19cmと、スペーシアの17cmを上回る必要十分さ。

マイナーチェンジ前のN-BOXは、チップアップシート。座面部分が跳ね上がるだけだった。これがN-BOXの唯一の弱点とも言われてた。だから今回のマイナーチェンジでは、そのチップアップ式が廃止されたのか?と一瞬勘違いした。
マイチェンN-BOX リアシート チップアップ要素は残す
でもチップアップ式の要素は残しつつの、スライドリアシート。だから実は短所を長所に変えたぐらいスゴい。

先月2015年1月の新車販売台数では、堂々の一位だったN-BOX。ただでさえ現在でも売れてる現状、更に販売台数を伸ばす予感をさせるマイナーチェンジと言えそう。

【スポンサーリンク】