2013年12月13日金曜日

【2013】NBOX vs タント vs スペーシアの視覚的徹底比較【全高・エクステリアver.】



オートックワンという車専門サイトの記事から。 プロ評論家の渡辺陽一郎さんが、N-BOXとタントとスペーシアの人気三車種の念願の徹底比較。それは興味深いものだった。リンク先をコチラ。

ただ記事は一週間ぐらい前に公開済み。自分は漫画のブログも書いてるんですが、ちょうどその時期そこのテンプレートをイジるのに悪戦苦闘しててすっかり忘れてた。…ということでその記事を読んで思った感想など。今回は三車の全高、つまり車全体の大きさを視覚的に比較をしてみたいと思います。


【スポンサーリンク】


N-BOXの大きさは想像以上?


各々を真正面から見た画像は、リンク先(タントスペーシアN-BOX)を覗いてもらうといいんですが、画像自体はどうしても単独で表示されてるから「違い」が感覚的に分かりづらい。三車が同時に写ってる画像があるも、所詮は数センチの差。遠目からでは困難。撮影する角度によって、その違いも消えてしまう。

だから勝手にその画像を横に並べてみました。



 明らかにN-BOXがデカイ。お互いをギリギリまで近づけると、それがより顕著。他の二車種よりも、およそ白い天井の部分がまるまる高い。個人的には、思った以上に『差』があった。スペーシアより数字上は5cm高いんですが、体感的にはそれ以上かも。

ちなみに言っておきますが、タントやスペーシアが決して小さい・低い類いのクルマではないので悪しからず。


タントのズル?


ただ注意したいのは、タント。スペーシアよりも高いように見えますが、実は視覚的なトリックが混在。

このように下の方を見てもらうと、N-BOXやスペーシアが止まってる位置とズレてる。だからタントは『ちょっと背伸び』してる状態。例えば画像のタントを1mm下へズラすと、おそらくスペーシアの高さとほぼ同じはず。

確かにタントもスペーシアより数字上「1.5cm」だけ全高が高いことになってますが、視覚的に違いを探すのは困難。一般的なリモコンの厚みが2cm以上ある。手元にあった目薬の厚みを測ってみたら、ちょうど1.5cm。それを遠目から見極めるのは、もはや「ウォーリーを探せ」並に難しい。

もちろん誤差の範囲で意図的な悪意は感じませんが…。しかしタントはスペーシアとそっくりすぎ。カスタムはN-BOXとそっくりだし、正直やっぱりどうなのかとは思います(笑)


着座位置


以上のことから、基本的にはスペーシアとN-BOXを比較するだけで十分かなと思うのでタントは少し省略。

 ついでに着座位置も確認。画像は上記と同じ。そうするとN-BOXがこれも顕著に高い。つまり「アイポイントが高い」ということなので、見晴らしが向上する。だからAピラーの角度が立ってる…フロントガラスの角度が縦っぽいからと言って、さほど視認性には影響はしてこないはず。

ホンダのエンジンの形は薄いから、そういうことが可能。ただハンドルの位置が前すぎて、それが遠すぎると感じるユーザーも多いようなので注意したい。スペーシア(タントもしかり)は横から見るとハンドルが見える(http://autoc-one.jp/hikaku/1577584/photo/0021.html)が、N-BOXはハンドルが見えない(http://autoc-one.jp/hikaku/1577584/photo/0037.html)。

N-BOXの全高が一番高いとも言いましたが、座る位置も高いので結果的にプラマイゼロ。運転席部分の天井の高さは感覚的にそこまで違いは出ないはず。

あとタントとスペーシアの運転席シートも比較しておくと、タントは「もたれ掛かる」が異様に小さい。ハンドルを基準に見比べると明確。スペーシアはハンドル上部の位置が、ちょうどシート上部が来る。でもタントはハンドルどころか、シートの部分が一切見えない。だから一般的な身長の男性だと、タントは肩部分が露出しちゃうはず。


N-BOXは機能美


いろいろと見てきましたがそういう部分での色んな工夫・機能の追求が、結果的にN-BOXの「ガッチリした塊感」のあるデザインにも繋がってるのかも。言うならば、『機能美』ってやつ。軽自動車の中からデザインだけで選べと言われたら、間違いなくエヌボって答えちゃうだろうなーと。

【スポンサーリンク】