スポンサーリンク

2014年2月17日月曜日

デイズルークス、スペーシア・タント・エヌボックスと比較-室内サイズ・スペース編

デイズルークス(DAYZROOX)が13日発売。ライバル車種が全部やっとこさ揃った。そこで今回は、エヌボックス(NBOX)・スペーシア(SPACIA)・タント(TANTO)と『室内スペース』で比較したいと思う。


デイズルークス(ホイールベース2430mm)

室内長×室内幅×室内高(mm)
2,235×1,320×1,400


タント(ホイールベース2455mm)

室内長×室内幅×室内高(mm)
2,200×1,350×1,365


スペーシア(ホイールベース2425mm)

室内長×室内幅×室内高(mm)
2,215×1,320×1,375


エヌボックス(ホイールベース2520mm)

室内長×室内幅×室内高(mm)
2,180×1,350×1,400


室内空間のまとめ

まずはタイトル横のホイールベースの解説から。

ホイールベースが長いとメリットがある。それは「室内空間を大きく取れる」ということ。その点でエヌボックスが圧勝。次いでタントが来るものの、やや中途半端な数値。逆に短いと運転がしやすくなるんですが、この点でもやや中途半端。

室内長は、デイズルークスが圧勝。次いでスペーシア。エヌボックス(N-BOX)が一番短いのが、やや意外。ただここらへんは結構小細工で誤魔化せるので、あまり気にしなくてもいい部分かも。

室内幅はタントとエヌボックスが勝利。ただその分だけドアが薄いということだから、事故ったら怖い?

室内高は、エヌボックスとデイズルークスの勝利。デイズルークスは外観同様、中身でもエヌボックスに引けをとらない。どういう方向性を目指してきたかが分かる。次いでスペーシア。そして最下位はタント。上位と生まれる「3.5cmの差」は意外に大きいか。

4車種の順位

4車種をランク付けするなら、エヌボックス>デイズルークス>タント≒スペーシア。おそらくこんな感じか。やはり一番スペースが広いのが「N-BOX(エヌボックス)」。

以下はやや混戦だが、次いでデイズルークス。スペーシアとタントはトータルで見たら、どっこいどっこいか。ただスペースという名前が付いてる以上、スペーシアには更なる健闘を望みたいところ。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】