スポンサーリンク

2014年2月4日火曜日

ヴェゼル(VEZEL) 受注3万台突破、しかもHV率が驚異の80%超え!!

2013年12月20日に発売した新型乗用車「VEZEL」の累計受注台数は、2014年1月31日現在、3万3,000台を超える好調な立ち上がりとなりました。なお、4WDモデルの比率は約3割となっています。
http://www.honda.co.jp/news/2014/4140203.html

ホンダの公式サイトによると、ヴェゼル(VEZEL)の受注状況が絶好調。発売が月末だったと思うので12月分の販売台数は2000台前後と奮いませんでしたが、これからおそらくドンドン販売台数を伸ばしていくはず。

ヴェゼル受注の8割がハイブリッド
しかも、ヴェゼル(VEZEL)の受注構成比を見てみると、8割以上がハイブリッド車を選択してる。これもなかなか特徴的。燃費が決して悪くないので、プリウスやアクアユーザーをもしかしたら取り込めてるのかも知れない。また『プチ贅沢』をしたい独身世帯が、日常の足車として多く選択してるんではないかとも思う。

N-WGNは受注5万台超え!
また同時にエヌワゴンの受注台数も発表。やはりカスタム比率が半数をやや超えており、やはり普通車からのダウンサイジング組が多いのか。クルコン付いてて、お手頃なお値段ですからね。

ただ先日記事化しましたが、ホンダの軽自動車販売台数が他社と比較してそれほど伸びてない。車種別の台数の詳細がまだ発表されてないので、まだいかんともしがたいですが、やはりエヌワンなどが減らしてるんだろうか。

単純に生産能力が追いついてないだけだと思いたいので、海外へ移した工場を是非カムバック!!1
2013年12月20日に発売した新型乗用車「VEZEL」の累計受注台数は、2014年1月31日現在、3万3,000台を超える好調な立ち上がりとなりました。なお、4WDモデルの比率は約3割となっています。
http://www.honda.co.jp/news/2014/4140203.html
ホンダの公式サイトによると、ヴェゼル(VEZEL)の受注状況が絶好調。発売が月末だったと思うので12月分の販売台数は2000台前後と奮いませんでしたが、これからおそらくドンドン販売台数を伸ばしていくはず。


ヴェゼル受注の8割がハイブリッド

しかも、ヴェゼル(VEZEL)の受注構成比を見てみると、8割以上がハイブリッド車を選択してる。

これもなかなか特徴的。燃費が決して悪くないので、プリウスやアクアユーザーをもしかしたら取り込めてるのかも知れない。また『プチ贅沢』をしたい独身世帯が、日常の足車として多く選択してるんではないかとも思う。

N-WGNは受注5万台超え!

また同時にエヌワゴンの受注台数も発表。やはりカスタム比率が半数をやや超えており、やはり普通車からのダウンサイジング組が多いのか。クルコン付いてて、お手頃なお値段ですからね。

ただ先日記事化しましたが、ホンダの軽自動車販売台数が他社と比較してそれほど伸びてない。車種別の台数の詳細がまだ発表されてないので、まだいかんともしがたいですが、やはりエヌワンなどが減らしてるんだろうか。

単純に生産能力が追いついてないだけだと思いたいので、海外へ移した工場を是非カムバック!!

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】