スポンサーリンク

2014年2月5日水曜日

スズキ ハスラー 納期目安が絶望的すぎる件!今年に間に合うのはほぼ不可能?

http://s11103003.suzuki-dealers.jp/2014/02/02/
スズキ・ハスラー(HUSTLER)の納期目安情報が、スズキアリーナさいたま中央店に載ってた。それを見ると、今年中に手に入るのかどうかすら疑わしいレベルだと分かる。




この数字は、あくまで『生産が始まる』時期であって、納期される月ではない。やっと7月から生産されるということは、納期は更に先の話。間違いなく納期は秋以降。少なくとも2月の段階で予約したら、同じ冬の季節ぐらいになるはず。

2トーンの場合

2トーンモデルが、特に遅い。

発表日のクリスマスから1月4日までの受注分ですら、その生産が始まるのが3月を予定してるそう。一番初めに予約した人ですら、まともに消費税増税されるまでに届かない可能性が高い。「どゆこと?」と既に予約してるユーザーさんは首を傾げてしまいそう。

だから先月にハスラーが納車された人、今月納車される人は、本当に『運が良い』。つまり受注数がそれだけ多い裏返しってことですが、ここまでヒドいと不公平感が増しそう。

詳しく生産予定の月を見てみると1月5日から9日の受注分は4月予定10日から12日分は5月予定13日から18日分は6月予定19日から23日分は7月。たった1日予約が遅れただけで、1ヶ月近いロスを生んでる計算。もはや「悲劇的」としか表現しようがない。

また当初ハスラーの月販販売台数は5000台を予定してた。更にそこから生産台数は伸ばしてる。ざっくり2トーンでも毎月5000台近くは最低生産してると仮定すると、その数日間でそれ分に近い受注があるってことだと思う。30÷3=10×5000台で、2トーンだけでも『5万台近い』受注が1月だけでありそう。

だから今月既に6万台近い受注があるというウワサには真実味がだいぶ増す。2月いっぱいは順調に受注が増え続けるはずだから、10万台もすぐそこ。感覚的には、アクアやプリウス並の勢いと言っても過言ではない。

標準の単色も遅い


ちなみに単色であってさえも、ハスラー(HUSTLER)の納期は激遅ぷんぷん丸。やや納期の遅さの度合いが軽くなるが、それでもクリスマスから11日の受注分も3月生産予定、12日から17日分で4月、18日から23日分で5月。今月の予約分は、ほぼ間違いなく夏や秋レベル。

まだ2トーンは理解できるものの、さすがにヒドい。もっとスズキ頑張れや!!って感じ。国内の生産台数減らしてる場合ちゃいまっせ(笑)

でもハスラーの予約を諦める?


ただ、こういう情報を耳にすると、つい「じゃあ予約を急がなくていいかー」と思っちゃいがちですが、それは間違い。

何故なら、今年4月に消費税が安倍によって8%にアップされてしまいますが、更に来年4月には『消費税が10%にアップ』される可能性が高い。つまり、今の内から急いで予約しておかなければ、その10%に間に合わない可能性が大。

スラムダンクの安西先生も言ってました。
諦めたらそこで試合終了ですよ!

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】