スポンサーリンク

2013年12月14日土曜日

ハリアーとCX-5ならどっちが買い?内装と動力燃費で簡単に比較してみた

最近SUV市場がにわかに活気づいてますが、そこで注目株のトヨタ・ハリアーとマツダ・CX-5の徹底比較を、プロの評論家の渡辺陽一郎さんが比較されてます。詳細はリンク先のオートックワンの記事を読んでもらうとして、それを参考にさせてもらいつつ、個人的に違いを簡単にまとめてみました。
  • インテリア・内装なら「ハリアー」!
まず内装はハリアーの圧勝。分かりやすいように、画像は勝手に自分が合体させてみました。
この圧倒的な質感の高さに愕然。ちなみに左がハリアー、右がCX-5

「これは欲しい!」と唸らせてくれるクオリティー。こんなシートを見たら、思わず座りたくなる。記事にはもっと色んな画像があるので見て欲しいんですが、全部において高級感を漂わせてる。渡辺氏曰く「スペシャルティな感覚は、 ハリアーが濃厚に漂わせている」。このセリフがまさにピッタリの内装。

「クルマは燃費だけで買うもんじゃない」ということを体現してくれてる。ここまでスゴいと、燃費はどうでもよくなってくる。最近の軽自動車は値段が張るので、これぐらい高級感たっぷりなシートの車が一つぐらい売っててもいいのになーと。

でも別にCX-5も悪くはない。おそらく単独で見たら、あまり不満を感じさせることはないはず。ただフツー。厳しいことを言えば、ハンドルも軽自動車でも使われてそうなレベル。直接比較したから、なおさらそう感じるのかも知れないけど。

  • パワー・燃費なら「CX-5」!
ただCX-5も負けてない。ディーゼル車はとにかくパワーがある。ハリアーハイブリッドはモーターと合わせても、2.7Lエンジン並。ただCX-5のクリーンディーゼルターボは、4.0Lエンジン並

この凄さを体感していただくには、コチラの動画。「1分辺り」を見て下さい。CX-5ではないですが、ディーゼル車のパワー感がハンパないことは伝わるはず。

そして軽油もガソリン車に比べると、歴然と安い。維持コストを考えると、ハイブリッド車より実は優れてる。カタログ燃費で大差はない両者だから、実燃費で大きく差がつくことはありえない。むしろディーゼル車の方がよりカタログ燃費に忠実な印象だから、コチラはCX-5に軍配を上げて構わないはず。
  • まとめると
個人的にざっくりまとめると、「乗って」楽しむならハリアーで、「走って」楽しむならCX-5といった感じかな。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】